カウンター
0.1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.32.33.34.35.36.37.38.39.
40.41.42.43.44.45.46.47.48.49.50.51.52.53.54.55.56.57.58.59.60.61.62.63.64.65.66.67.68.69.70.71.72.73.74.75.76.77.78.79.
80.81.82.83.84.85.86.87.88.89.90.91.92.93.94.95.96.97.98.99.100.101.102.103.104.105.106.107.108.109.110.112.113.114.115.
116.117.118.119.110.111.112.113.114.115.116.117.118.119.120.121.122.123.124.125.126.127.128.129.130.131.132.133.134.135
.136.137.138.139.140.141142.143.144.145.146147.148.149.150.151.152.153.154.155.156.157.158.159.160.161.162.163.164.165.166.

ar9結婚した理由2002.02.10.01

質問者:
 奥さんと結婚する時、名前だけで決めたそうですが、名前にその人の人柄とか役割が表れるのですか?結婚したきっかけは?何かぴっと来るもんがありますか?

ありがとうございます:
 名前はちょっとしたきっかけで、名前なくてもちょっと見れば分かります。
ただ良い所しか見えません。神さまを本当に求めているか、真剣さが有るか無いか見てたみたいです。その人の願いに答えて何か与えるものが有った方が良いですから、1番真剣な心を持ってたみたいです。だから与えがいがあります。ぴっと元の段階のぴっとと合わすかが大事です。波が合えばぴっと来ます。フィーリングが合う場合は波が合ったら合ったと言う感じで受けます。やっぱり高い波に合う方が良いです。1人1人何を真剣に願い求めているかが1番のポイントです。神さまをしっかり求めてる方が良いです。


 パートナー

質問者:
パートナーは既に決められているのですか?現世では会えなくても、来世で会えますか?

ありがとうございます:
そんな事ないです。誰を選んでも良いのです。それだけの幅があります。無限の無限のチャンネルを与えて貰っています。無限のチャンネルでも凄いです。誰1人として同じ番組の人いません。更に無限のと付きます。どの番組でも自分が主役になれます。自分の願い通りの番組が既に有ります。結婚でも誰としても良いのです。誰をパートナーに選んでも良いです。全部取り揃えて用意してくれてます。幸せを大きく受け取れば良いです。自由自在にどの番組でも選べる事はどの人でも選べる事です。そこまで自由にして貰って大きい幸せを与え続けて貰っています。本当は縛りは無いのです。自分が何を選ぶかだけの問題です。良いものを沢山選ぶ方が良いです。沢山の番組を同時に選べたら沢山の人と結婚している番組とか全部違う人と結婚してる番組があるかも知れません。役割の違いだから全部違って良いです。
 1番奥は神さまと一体の自分です。宇宙の全部と一体の自分です。本当の与え尽くし合い活かし合いの世界です。自分に求める心さえ無かったら良いのです。求めるのは相手を縛ります。自分も縛られ雁字搦めになります。与え尽くすのは縛りが一切無いです。本当の自由自在な心になれて相手を幸せにするだけが良いのです。1人の人と結婚する必要は無いです。求めるからそうなります。与え付くすだけだったら相手を縛ってないから自由に放しています。自分が与え尽くす心だったら回りからも与え尽くして貰えるだけだから、誰からも縛られる事は無いです。こうしなさい、ああしなさいとか、一切縛りは無いです。与え尽くすだけが1番幸せな心です。形の結婚で縛っても心まで縛りきれないです。24時間ずーっと自分の為に尽くしてくれる訳でもないです。形で縛って安心し様としても、それは無理です。逆に自由に放した方がプラスをいっぱい与えて貰えるかも知れません。


ありがとうございますの7つの祈り

質問者:
ありがとうございますのお祈りしてる時の感覚を教えて下さい。

ありがとうございます:
沢山あります。7つの祈りがあります。
 
 1つ目は大難を無難に変えて貰って、無限の無限のマイナスを免除して貰っている1つの事でも、ありとあらゆるものが有ります。自分1人の問題だけでなく全ての人の問題も含めてどれだけマイナスを消して幸せを与えてくれてるか、神さまの本当の大犠牲精神、深い愛の働きを思うだけで涙が出て来ます。無限に「ありがとうございます」と捧げても追い着かない感覚になります。1つ思うだけで本当に湧き上がる様な喜びの感謝が出て来ます。

 2つ目は何時も何時も無限の無限のプラスを与え続けて貰う訳です。それがところてん式に無限に無限に奥に連なってずーっと与え続けて貰っています。またこれもマイナスを免除して貰える以上に計り知れない無限の喜びが湧き上がってきます。それに対するお礼も恩返しも何1つ出来てない感覚になります。有り難いばっかしの感覚です。

 3つ目は無限の無限の感謝の心を湧き上がらせて下さってる訳です。マイナスを免除してプラスを与えて湧き上がらせる様にして下さっています。自分の力で感謝なんて1回も出来てないはずなんです。それを無限に湧き上がる様な感謝の心に置き換えて貰っています。ずーっと涙を流し続けて感涙にむせび続けても、まだまだ喜ぶを表現しきりません。凄い神さまの愛の働きです。

 4つ目は本当の神さまが与えてくれるものを受けるのが1番大事です。まだ全然受け取れてないです。どれだけ受け取れてるか考えても、無限の無限分の1も受け取れてないです。この世だけ見てたらもっと小さいです。どれだけ沢山受け様とするのでも、一瞬一瞬を無限億万分の1秒まで絞り込む必要があります。神さまの宇宙創造は時間を超越しています。無限億万分の1秒と言う一瞬で置き換えて来ます。何所まで絞り込んでも中々絞り込めません。1秒でも大変です。1秒ごとに宇宙全体が置き換わってると言っても大変です。それをもっともっと絞り込んで受け様とするのはもっともっと大変です。どんどん早く受け直しが出来る様に受けさせて下さるのも凄い事です。

 5つ目の感謝の真祈りは受けるだけではないです。神さまの本当の宇宙創造の祈りの力(働き)です。宇宙を創造する働きに参加させて貰うのが感謝の真祈りです。それを何時もさせて頂くのです。神さまの中に解け込む事によって神さまと創造する喜びを一緒に味わさせて貰うのです。これも凄い喜びになります。こっちの方が本当に自由自在な創造の喜びです。この世の人が何か作って喜ぶのは、その中に入らないぐらいです。本当の創造の喜びはお祈りの中にあります。

 6つ目は神さまのお手伝いと言います。お手伝いもピンからキリまであります。最高のお手伝いは創造するお祈りのお手伝いが出来て、更に最高のものを受け取る喜びを本当に味わう事が最高のお手伝いです。人は神様の変わりに幸せを味わないといけないです。大きい幸せを感じる程神さまが喜んで下さります。その神さまの本当のお手伝いが沢山ありますから、それを沢山させて貰うのが良いです。

 7つ目は神さまとの一体感を本当の意味で実感させて貰います。神さまは全体だから全てとの一体感になります。無限の無限のチャンネルの番組が有ったら、その全部との一体感が有る方が良いです。皆自分の感覚です。そうすると皆プラスに見えてきます。自分と一体だったら皆綺麗に美しく見えます。例えば口から出すつばきでも中にある間は綺麗です。糞尿でも体の中にある時は違和感はないです。綺麗で一体感があります。外に出した途端に汚くなります。どんな姿も自分と一体感があると皆綺麗です。母親が子供の汚れを取るのも同じです。小さい時の世話は本当に一体感が強いから汚いと思いません。でも大きくなると放れて仕舞うからちょっと汚く思います。色んな意味の神さまとの一体感は宇宙の全てとの一体感です。色んな角度から実感させて貰うのは幸せです。

まだ沢山項目があると思います。色んな角度から色んなものをいっぱい感じさせて貰うのです。それを全部総合して「ありがとうございます」と一瞬一瞬受け直して行くのです。感謝は浅くて小さいものではないです。何所までも何所までも大きく深いです。だから絶対マンネリ化しません。「ありがとうございます」と1回唱えるごとに大きく深くなります。それでも神様を掴めないのです。神さまのほんのいちぶを感じさせて貰ってるかなと言う感覚です。神さまが余り大き過ぎるのです。これ全部神さまの方から順番に与えて貰うのです。受け取れる感じられる程度に合わせて下さります。神さまの方が人に合わせて幸せをどんどん大きくして下さります。人の側から大きくなるのでは無いです。神様が大きい幸せを与え様受けさせ様と一生懸命なっています。だから感謝に生きるのは良いです。
思いに生きると我を出すから神様を無視するか拒否します。無視したり拒絶したりするのを止めたら神さまが働き易いから助け易くなります。それでどんどん幸せを大きくして下さります。感謝が深くなる様に一生懸命助けて下さります。ただ「ありがとうございます」が良いです。無条件に「ありがとうございます」と唱えるだけで助け続けて貰えます。自力の感謝ではないです。本当の神さまの絶対力の感謝になって来ます。1億回ぐらい無心に唱えてるとそうなると思います。何時の間にか変えて貰えます。アホの1つ覚えで良いです。「ありがとうございます」一言ずーっと唱えられたら神様の方から幸せにして下さります。今のお祈りもそんな感じです。
資料:ありがとうございますの7つの祈り


神様はもっと凄い幸せを用意してます
質問者:
 普通の人はある程度受け取ると満足して感謝しなきゃと思います。しかし神様の方はもっと凄い幸せを用意して下さってると思います。だから人は神様を感じる事に関してはもっと貪欲になって良いと思います。でも途中でもうこれで良いと遠慮してる気がします。何故ですか?

ありがとうございます:
 それは掴んで仕舞うからです。掴む心になると、同じ状態を持続させたくなります。思いの惰性が生まれて来ます。そうすると新しい受け直しがスムーズに行かなくなります。新たに新たに受けるのが大事なのに掴んだ途端に受け直しが難しくなります。一瞬に受けて一瞬に放すのが良いです。新しいのを受け続けて行こうとする心の姿勢があれば古いのを放せます。何時も宇宙大の打ち上げ花火が打ち上がってると思えば良いです。1秒単位で上がってるとしても、新しいものを見続けてる限り古いものに心を奪われません。それが無限億分の1秒と言う短い時間でずーっと起こってると見れば、新しい方新しい方へ心向け続けてる限り執着はないです。思いは出なくなります。思いが起こる訳がないです。感謝の心の古い状態を思いと言います。感謝が新しかったら絶対思いは出ません。輝いた感謝の心しかありません。
 みんな過去を掴みすぎて過去の足跡を問題にし過ぎます。今神さまからプレゼントを受ける方が大事なのに、自分はこんな事を受けたとか、したとか足跡の方に囚われ過ぎています。自分の足跡は記録しなくて良いです。無い方が良いです。みんな記録したがります。新たに受け直す練習さえ積んだら過去は無関係になって来ます。感謝の演習が足りないだけです。ある程度感謝が出来る様になったら中から自然に変えて貰えるから過去を一切掴まなくなります。今が1番大事なのが分かって来ます。本当は受ける事だけが大事です。神様から与えて貰えるプレゼントを受けたら良いだけです。それを忘れるから自分が何かしてるとか、しなければとかになります。受け取るだけが良いです。


 感謝を選ぶ

質問者:
 「ありがとうございます」と唱え続けても求める心を起こすのは駄目なのですか?

ありがとうございます:
 心の向きが神さまに向く必要があります。神さまから受けるのが1番良いのです。ところが神さまに背を向けた途端に良いものを受け損ないます。一瞬の問題で一瞬感謝に生きるか、思いを出すかの違いです。今の一瞬どっちを選ぶか決めるのです。感謝を選ぶ場合は神さまだけです。「無限の無限の輝きがいっぱい、ありがとうございます」と受けるのです。それがずーっと続けば思いは絶対出なくなります。でもちょっと心の隙が出来ます。現実を見るとなったら思いの自分です。思い通りしたいとなったら思いの奴隷です。そうなると感謝を忘れてしまいます。それを交互に繰り返してるかも知れません。感謝に生きると絞り込んだ方が良いです。そうすると何時も神さまだけが回りにいっぱいになります。神さまは宇宙全体だから、天からも地からも横からも何所からも入って来ます。全体が神さまの光源になります。何所からでも神さまの光が降り注いで来ます。そうすると思いは一切出なくなります。「ありがとうございます」を隙の無い様に絞り込むと1番楽になれます。

質問者:
 その心境になるまで時間がかかると思います。

ありがとうございます:
 時間がかかると思うと思いです。それも止めて「ありがとうございます」「ありがとうございます」と続けるのが1番楽です。今の一瞬「ありがとうございます」と生きるのが良いです。それがある程度続いたら感謝三昧と言う感謝しかない状態になって来ます。後はほっといても湧き上がる感謝になります。今の自分にとってどっちを選ぶかの問題です。過去は感謝を忘れ思いを選んでました。その惰性がちょっとあります。でもその惰性は対した事ないです。惰性は1回選んだものを次に選ばないで、そのまま任せる事です。本当は今の一瞬一瞬自由自在に選ぶのが大事です。今感謝を選んで生きるのが良いのです。本当の自由の発揮はそうです。神さまから素晴らしいプレゼントを一瞬一瞬受ける気持ちです。宇宙全体が神さまの愛の塊です。無限の無限の光り輝いた姿です。

質問者:
 実際の生活の中で感謝を選び続けるのは難しいです。コツを教えて下さい。

ありがとうございます:
 コツは大きく受ける事です。常に大きく宇宙全体を受け直す心になってるとプラスばっかしに感じるはずです。大きく受けてる時は良いものが無限にあるからマイナスを感じる暇がないです。だから会社で働いてる時でも会社を小さく掴んでそこで大きく拡大します。大きい中の小さい1点ぐらいに見てると絶対マイナスを感じません。宇宙には太陽以上に輝いた星が無限にあります。光いっぱい浴びている感覚で地球上の小さい部分を見るだけです。大きく受け直すのが大事です。「無限の無限の輝きいっぱい」と言う「ありがとうございます」が良いです。どんな闇もえくぼの凹みに見えます。どんなマイナスもある意味冗談みたいなもので、楽しまして貰う為にえくぼの凹みがそこにある感じです。ある程度大きく受ける練習を積んだらマイナスは軽くなります。それで囚われが無くなって仕舞います。みんな楽しむ為にあります。
 ゲームみたいなもので、どんなマイナスもプラスに翻訳する遊びと思えば良いです。プラスに置き換える練習をゲームとして楽しむのです。翻訳の名人になるのです。ちょっとしたマイナスをプラスに変えるのは簡単です。無限に大きいマイナスも一瞬で無限に大きいプラスに置き換える翻訳の仕方が良いです。何でもプラスに受け直せるのが、1番幸せを大きくして楽しく生きる秘訣です。雨が降っても槍が降っても皆プラスに受けるから良いです。矢が降っても槍が降っても皆花びらに変わって仕舞います。一瞬に変える練習です。


心の器

質問者:
 心の器しだいで全てが変わると思います。

ありがとうございます:
 変わります。器が無くなる方が良いです。器があると器の中にしか入って来ません。小さいから器を消して貰うのが良いです。神様を自分の中に呼び込む時はまだ器が有る時です。自分を神様の中に飛び込ませるのは、器を消す時期になった自分です。神様の中に飛び込めば良いです。それで器が消えて仕舞います。大きくなります。「ありがとうございます」は神様の中に飛び込む練習です。光の海へ飛び込む練習です。神様は大きい光の海みたいなものです。何時も神様の中に入って泳ぎ回れば良いです。羽がはえて来て自由に飛び回れます。「ありがとうございます」を無心に唱えてるうちに段々と神様の方から変えてくるから上手に出来ます。


助けが入る時期

質問者:
 思いに生きて苦しんでいる人には「ありがとうございます」と心で祈るしかありませんか?

ありがとうございます:
 時期が来れば神様の助けがスット降りて来ます。回りの人のお節介より神様の助けの方が早く届いてます。神様は時期を待っています。神様の方へ心向ける時期が必ず来ます。それまではある程度思い通りに生き様として行き詰ったり頭打ったりした方が良いです。また思いの方に戻って仕舞うからそれを一端諦める状態になった方が良いです。未練を無くした方が良いです。ある程度体験を十分に済ませて未練を断ち切った状態だったら感謝一筋にスット戻ります。その時期を待ってくれてます。


ガン

質問者:
 ガンで苦しんでいる人がいても、「ありがとうございます」を唱えた方が良いと言わないで、近くで「ありがとうございます」と心で唱えてたら良いのですか?

ありがとうございます:
 そうです。それが良い修行になってます。神様が見守っています。時期が来たら自分の方から「ありがとうございます」言い出します。人に言われて「ありがとうございます」唱えるより、自分の中から自然に有り難く感じて言える方が良いです。それで早く本物になります。

質問者:
 「ありがとうございます」と唱えててもガンで亡くなった方がいます。どう考えたら良いですか?

ありがとうございます:
 勉強の場はこの世だけではないです。この世よりもあの世の別の次元の方が勉強(練習)し易かったら向こうにスット引き上げて練習させてくれます。だから皆マイナスではないです。この世で全部仕上げて行かないと駄目ではないです。この世で早く進歩出来るならこの世に置いてくれます。1分でも引き伸ばしてでも置いてくれます。向こうの方が良い時は早く引き上げてくれます。常に良いのです。神様の方が人の何万倍何億倍心配して面倒見て助けてくれてます。感謝してる自分が1番神様のお手伝いがし易いです。必要な時に神様が自分の口を使って一言、言ってくれたらそれが1番人を幸せにする素晴らしい光の言葉になります。「ありがとう」と一言出ただけで相手をがらっと変えるかも知れません。神様の力はそんなものです。


引きこもり
質問者:
 私の近くで引きこもっている青年がいます。その場合も「ありがとうございます」と唱えて待つしかないですか?

ありがとうございます:
 思いの自分はマイナスに見て仕舞います。でも感謝する自分は神様が守りに守ってると見るから、閉じこもっても「ああ!本当の深いお祈りの修行を今さして貰ってる」と見れば良いです。だから可愛そうと思わない方が良いです。神様にお任せした方が良いです。神様の大きい守りが既にあります。それが何年続いても良いのです。お祈りの修行が百年続いても良いのです。山に洞穴を作って一生祈り続けても良いのです。本当に神様にお任せです。
 必要な事は神様しか見抜けません。神様が完璧に守ります。1人1人専属に守護霊さん守護神さんが付いて守ります。絶対間違いが無いです。人の方はある意味お節介です。感謝一筋になってる方が良いです。その時に本当のお手伝いが必要だったら守護霊さん守護神さんからさせて下さります。
 引きこもっても深いお祈りの修行をさせて貰っている幸せな人と見た方が良いです。何万年も続きません。お祈りの修行なら何万年も続いて良いぐらいです。僅か数年ぐらいです。プラスにプラスに見てあげる方が良いです。それが本当の感謝のお祈りになって行きます。そこに神様の働きが大きくなって行きます。自分の見る世界をプラスに変えて貰うのです。感謝する事によって神様からのプレゼントを自分が沢山受けるだけになります。プラスの発見(気付き)が増えて行きます。それをきっかけにしてどんどんプラスが増えてきます。


魅力

質問者:
 そこに存在する事が魅力になる様な人は感謝が出来てほんとんど思いがない状態だと思います。

ありがとうございます:
 本当の魅力は神様に魅力があります。神様が降りてくれてないと魅力が無いのです。形の中には何も無いのです。必要に応じて神様がすっと降りた時に魅力を感じさせて貰うのです。同じ1人の人を見ても百人の人がいたら皆違う感じ方をします。感じる方に皆問題があります。神様引き出した人はその人に魅力を感じます。でも神様を引き出せなかったら魅力を感じません。マイナスに見るかも知れません。受ける側の問題が1番です。神様は自由自在だから必要に応じてすっと顔を出してくれます。
 我の強い人が天皇陛下の前に行ったら「天皇陛下は税金泥棒だ」と怒鳴り付けるかも知れないです。感謝も何も無いです。尊敬もしません。でもちょっとましな人だったら天皇陛下を尊敬します。ああ心の澄みきった明るい謙虚な優しい人と感じます。人類の最高のお手本と見るかも知れません。そこまで感じないとしたら1人1人の受け方の問題だと思います。神様が自由自在に何所へでも降りて下さります。本当は誰も条件は同じなのです。
 どんなに立派と言われてる人でも、ある時すっと神様が降りて来なかったら鬼の姿を取るかも知れません。それが前に表れた人にとって最適の姿です。相手しだいで神様が自由自在に降りて働きます。本当は受ける側に必要な条件が備わってると思います。本物を認める心の人が大勢居てたらどんな人からも本物を引っ張り出します。そんな人と人との交流はお互いを高め合っています。お互いが本物(神様)を引き出し合っています。

 S先生も同じです。皆から本物を引き出そうとして、何時も拝む心になってます。プラスをプラスを認めてる心です。同じ様に皆からプラスを引き出して貰っています。そこは神様の降り易い場所です。何時も神様が降りて働きます。だから魅力があります。そんな人の交流は良いです。ここに来てくれてる皆さんは私を拝み出してくれてます。私は皆さんを神様と拝んでいます。誰彼なしにここに来たら私を悪く言う人も居ると思います。あの人は鬼みたいな人だと言うかも知れません。そう見える人も居ると思います。その人は鬼の思い持ってるかも知れません。神様が出て来てくれません。神様は本当に優しいです。どんな愛の姿でも取ってくれます。


 あの世

質問者:
 あの世について教えて下さい。

ありがとうございます:
 無限の無限のチャンネルの番組神様が用意してくれてます。あの世にはそれを受ける場所が無限にあります。高い番組を受けたら上の方の場所です。地獄番組受けたら下の場所です。この世はあの世の縮図みたいになってます。この世だけが特別です。この世はあの世の全てのチャンネルを波長合わせて受けて現実化出来る世界です。地獄から極楽までこの世にそろっています。向こうは1つのチャンネルになります。地獄だけだったら地獄だけです。極楽は極楽だけになります。同じ世界が広がります。色んなものを取り揃えて選ぶ事が向こうでは出来ません。選ぶ練習はこの世が1番良いです。
 向こうの世界は自分とそっくりな人ばっかしの世界と思えば良いです。極楽世界は自分の全てを与え尽くす生き方の人の世界です。働きもんの世界です。皆が同じ姿を取るから幸せいっぱいになります。地獄は奪い合う世界です。自分が回りの人の全部から何でも奪い取ろうとする生き方を取ります。回りも同じ様な姿を取るから奪われるばっかしの世界になった地獄です。餓鬼道は誰も働きません。米を作らないし食料も誰も作らないし、誰も何もしないから食べる物も無いのです。向こうの世界はそっくりショウの世界です。

質問者:
 この世で生きてる人はその中のどれかを選ぶのですか?

ありがとうございます:
 そうです。この世で何を選ぶか心にしっかり何かを選んで、選んだ方の世界に行きます。あの世では変えにくいです。変えるのに時間がかかります。1つの場所に行ってよっぽどそれに飽きて来ないと次の世界に移れないです。お金が全てと思って札束ばっかし数えてると向こう行ったら皆同じ事をしています。それで皆喜んでます。それを何万年何億年続けたら飽きてくるかも知れません。それで違う世界に移ろうと思います。変化が少ないです。この世に生まれてくるのも順番まちで競争率が激しいです。大勢の人の代表で生まれて来ます。この世はあの世から波を合わせ易いから憑依的に干渉してでもこの世の体験ちょっとでも積ませて貰おうとして出て来ます。皆の代表で生まれて来ています。


 子が親を選ぶ

質問者:
 子は親を選んで生まれてくると聞きます。どの様に選ぶのですか?

ありがとうございます:
 その子の持ってる普段の心の波があります。その波が親になる人の波と自然にすっと合って仕舞います。例えば生まれて来る子が芸術的な面で才能があって、その波を心にしっかり持ってるとします。そうすると芸術家の親に生まれ易くなります。芸術家としての波が合い易いのです。それで波が合って生まれ易くなります。その波の合わせ方は色んな要素で波が合います。その時の状態で変わります。どれかの波に合って生まれて来ます。

質問者:
 その波は微妙に違うのですか?

ありがとうございます:
 微妙に違います。ただ波を合わす時期があります。夫婦の営みの心境が1番大事です。その時の波にすっと合う訳です。ある意味一瞬です。その時にどんな波の合わせ方をするかです。肉体的な形の要素で似ている親子関係もあるし、心の状態が似ているのもあるし、才能的に似てるのもあります。色んな要素の違いがあります。全部に合うのではなく、どれかに合うのです。


目的

質問者:
 生まれて来た目的がまだ分かりません。

ありがとうございます:
 生まれて来る時に目的を持って生まれてきます。その目的もピンからキリまであります。それが全部正しいとは言えません。本当の目的は何所に出ても一生懸命さがし出さないといけません。本当の目的をしっかり捉えたら神様と共に生きる生き方です。本当の目的は神様が持っています。逆にヨガ(?)は、この世に生まれて来た事が堕落だと言うぐらいの言い方をします。この世へ誘い込まれた事自体堕落なんだぐらいに捉えます。本当は向こうの世界でもっと神様を見つめて向上すれば良いのにと言う感じです。低く落ちて仕舞った見方もあります。それも1つの見方です。この世を本当に大きい目的を持って活かせるなら大きいプラスの目的があります。常に大きいプラスの目的を持って一瞬一瞬前向きに生きるのが大事です。神様の本当の心をしっかり捉えて大きい目的をしっかり捉える事です。どの場所にあっても大きい目的を持って前進出来ます。皆活かされて来ます。この世に生まれて来るのも、皆を救う為なら大きい目的です。単に自分の向上の為だけではないです。


 神様の計画
質問者:
 先生はご両親に1番感謝してると思います。

ありがとうございます:
 他人も身内も親も必要な役割をしています。そのもっと前も同じです。ずーっと神さまの計画が大きく働いて来ています。神さまの計画の元にすっと場を与えて貰っています。自分が選んだと言うより、神さまの導きのままに受けて来ている感覚です。「全てありがとうございます」です。

質問者:
 最初に神様の計画ありきですか?

ありがとうございます:
 ありきです。私のマイナス取る意味でも何代前から振り替えをしてマイナスをどんどん身代わりに受けて消してくれて、私の両親の親も兄弟も早死にして仕舞います。大きい振り替えの行です。マイナスを取ってくれてます。そこまでマイナスを少なくして感謝のお祈りが出来る様に仕組んで来てくれてます。皆大きく働いてくれています。だから自分が何か願って選んで来たなんて、小さい生き方は出来ないです。神様の計画の元に何かお手伝いさせて貰う意味でこうして生かして貰っている感覚です。ありがたいばっかしです。全部プラスに見えて来ます。絶対にマイナスに見えません。皆必要な神さまの計らいです。この感覚がずーっとあります。小さい時からマイナスに思っていませんでした。皆プラス思考で、有り難い気持ちです。それでもまだまだ浅いです。


病気(怪我)

質問者:
 病気、怪我はどの様に受けとめて行けば良いですか?

ありがとうございます:
 病気したり怪我したりする時大きいマイナス同時に消して貰っています。心が綺麗になって来ています。思いが消され少なくなった分だけ光の心に変わっています。光の心、感謝の心が気付きを増やして行きます。みんな1回病気するごとに気付きが増えてるはずです。同じマイナスの状態なら病気をする方が幸せかも知れません。気付きが増え易いです。感謝さえ続けていたらマイナスの体験は要りません。感謝のお祈りの方が気付きが増えるから病気をしなくても良いです。
 事故で死んだ場合、この世だけだはなくあの世で気付きます。この世の縁ある人の気付きを増やせる場合もあります。自分1人だけではないです。皆お互いに助け合いで気付きを増やせる様になってます。この世の誰かの気付きが増えたらその分皆が助けて貰えます。この世で気付かずにあの世に行ってからでも助けて貰い易いです。


何十万人の代表

質問者:
 この世の人はあの世の人の代表と言います。10人の人もいれば千人の人、10万の人と個人差があるのですか?

ありがとうございます:
 あります。あの世から生まれて来て、平均して何十万人の代表です。人によってはもっと多いです。その人の生き方によっては何億人に影響を与えるかも知れません。色んな分野で影響の与え方が違います。

質問者:
 その人が生きる時に神様は付いてる人達の事も考えて神様の計画を実行するのですか?

ありがとうございます:
 そうです。お祈りしていても次から次へと同じ様な雑念が出て来る様な場合、腹立つ思いが次から次へと湧いて来る場合があります。その時は腹立つ思いの波長が合った人が沢山背後にいます。自分の腹立つ思いぐらいは簡単にすっと消して貰えます。順番に送り込んできます。皆消して貰う為に光の思い送り込んでくるとお祈りしてもしても腹立つ思い湧いて来ます。湧いて来る事で浮かび上がらせて全部消して貰っています。全部消した状態で腹立つ思いが無くなります。その時背後にいる腹立つ人全員救われています。凄いです。だから何が出て来ても「ありがとうございます」が良いです。

質問者:
 雑念を持つことは駄目と思わなくて良いのですか?

ありがとうございます:
 また小さく見過ぎています。神様の大きい働きの中で見ると雑念1つ、すっと出るだけで大きい働きです。大きいお清めの働きさせて頂いてる感じです。皆感謝の対象になって「ありがとうございます」と喜ぶだけになります。

質問者:
 複雑な構造だと思います。

ありがとうございます:
 そうです。これは単純に説明しただけです。本当はもっともっと複雑です。1人の人の言葉(思い)が宇宙を駆け巡ると言ったら本当は凄いです。本当は全体に影響を与えています。これを説明し始めたら無限の時間が必要です。感謝の一言も同じです。宇宙全体に大きい影響を与えています。無限の無限の徳を積む働きです。


知的探求

質問者:
 普通の人は知でそれを探求しようと思います。しかし何所かで限界を感じます。限界を感じる事でその世界を垣間見る事が出来ると思います。それより感謝に生きる方が良いと思います。

ありがとうございます:
 感謝の方が良いです。限界を感じたらちょっとは謙虚になります。その時は感謝の心になります。そして何かすっと閃きます。ずーっと感謝して謙虚になる方が良いです。感謝すれば即謙虚になれます。そしたら気付きが沢山頂けます。


質問者:
 知的に探求して行く過程で何か人に役に立つものを生む事もあります。人の役に立つ技術であったり人の心の気付きになったりします。

ありがとうございます:
 それは皆小さい気付きです。大きい気付きは謙虚に感謝深めた時に頂けます。

質問者:
 それが言える事は無限の無限の神様の大光明を先に見てるから小さい事が分かると思います。最初によく見てない人は、小さい所から順番に見て行くしかないと思います。これも神様がある程度仕組んでると思います。

ありがとうございます:
 そうです。幸せも小さい幸せから大きい幸せまで段階をおって全部味わわないと全部嘘です。蛍の光も素晴らしいし、太陽の光も素晴らしいです。無限の段階の光の表現を全部味わえた方が良いです。小さい幸せもしっかり捉える心は必要です。至れり尽せりで色んな事を体験させて貰います。

質問者:
 小さい幸せの中からでも最高の幸せを見付ける事が出来ますか?

ありがとうございます:
 それも色々です。小さい幸せだけを掴んでたら駄目です。そこから意識が拡大すれば良いです。無限の推理力が働く必要があります。ありとあらゆる事を推理する、創造する事が大事です。小さい幸せからそれを無限に広げて、またそれを無限に小さくしてと、ありとあらゆる似た様な幸せがあります。


本(1点集中)

質問者:
1冊の本でも破れるくらい千回ぐらい読んだら、そこに書いてない事まで全部分かると言われています。色んな本を沢山読むのではなく、そこにある本に1点集中してそこから宇宙を広げて行ったら良いと思います。

ありがとうございます:
 そうです。普通沢山本読んでも捉え方が浅いです。本当は一言「ありがとうございます」だけでも無限に無限に宇宙が広がって感じます。1冊の本を繰り返し繰り返し百回も千回も万回も読んだら、その中に書かれている色んな真理の言葉から深いもんいっぱい湧き出す様に感じるのです。一言からも感じます。言葉にはそれだけの力があります。繰り返すほど大きいものが涌き出て来ます。本は沢山読まなくても良いです。ただ全体から何を選ぶのかが大事です。沢山の中から良い物選んでそれを繰り返せば良いのです。全体を大きく眺めるのと1つを深く極めるのと両方必要です。両方で神様を捉え易くなります。
 1点集中するといっぱい見えてくるものがあります。気付かなかったものにいっぱい気付いて行きます。1人の人の顔でも1年くらい見続けたら新しい発見がいっぱい出来ます。他の人の顔をチラッと見るだけでは気付きません。1点を見つめるのも必要です。
 お祈りの修行も同じです。大きく全体を広く眺める見方と、1点に集中して無限小まで絞り込んで絶対の中に入り込むのと、両方あります。1点に絞り込んだら絶対から湧き上がるもんを感じます。また無限に広げたら沢山のものを感じます。お祈りの修行も両方必要です。


 推理力

質問者:
 「あ」と「つ」とは何ですか?

ありがとうございます:
 天地を「あめつち」と言います。「あ」は無限の大光明です。無限の無限の輝きです。それを目で見る。宇宙を見る様な感じです。「つち」の「つ」と言うのは「つつつ」と言って小さく絞り込んで行きます。細胞を見て原子を見てもっと小さい素粒子を見てと言う感じで、1点に絞り込んで無限小を生み出す働きです。どちらも同じ仕組みがある事を感じて気付くのです。みんな相似形(入れ子構造)の姿を取ってるから、今見てる世界を正しく把握したら大きい世界も小さい世界も皆同じ仕組みです。それを推理力でどんどん拡大するのです。感じ方が感じ易くなります。
 推理力を使わないと波長の合わせ方が合わせ難いです。推理力である程度予測するのです。そうすると波が合わせ易くなります。

質問者:
 推理力を別の言葉で表現すると想像力と言う事ですか?

ありがとうございます:
 そうです。ただ推理力の方が理に適っています。想像でも闇雲ではないです。理路整然と段階をおって想像して行きます。

質問者:
 推理せずに想像すると空想になるのですか?

ありがとうございます:
 空想も良いのですが、闇雲にやっても的を絞れないです。全体を整理整頓して把握する事が難しいです。全体図を正しく把握する為には推理力が必要です。きちんと整理整頓して正しく収める必要があります。




質問者:
 男性は自分の中に魂があって、女性は環境の中に魂があると聞きます。男性と女性の魂の違いを教えて下さい。

ありがとうございます:
 本体の自分は両方(絶対性)持っています。男も女も両性です。両性の自分が魂の段階になると男性的な魂、女性的な魂に分かれます。本当はその魂を両性的な観音様みたいに磨き上げる事が目的です。最初は男性的なものを引っ張り出したり女性的なものを引っ張り出したり交互に引っ張り出し合って両性になる様に磨き上げています。両性が完備されたら表現として完成です。
 男性的な魂を磨くには男性の肉体を持って生まれて来ます。男性的な生き方をしっかり取る事によって男性的な魂を作り上げて行きます。それが片寄るといけないので、今度は肉体を女性に変えて、男性の様な魂も女性に生まれると女性らしくなります。その両性を磨き上げる必要があります。最後に本体の自分が必要に応じて自由自在に魂の働きも選びます。男性的な働きが必要なら男性的な働きをすっと出します。肉体の方は男性でも女性でも両性を何時でも発揮出来る力を持ってる方が良いです。男の人でも女の人の仕事全部出来ないといけません。(子供は生めませんが)本当の自由自在な働きが出来る所まで自分を磨き上げて行くのです。

質問者:
 男性と女性は、その両極を学ぶ為にあるのですか?

ありがとうございます:
 自分1人で男性ぽっくなろう女性ぽっくなろうとするのは難しいです。お手本が要ります。大体自分を見るのでも出来ません。相手を見る事によって自分の中に取り込めます。その意味でお互いにパートナーがあった方が良いものを与え尽くし合って、早く必要なものを吸収出来ます。

 男性の中に霊的な魂的なものがあって外に肉体が包んでる感じです。だから男性の場合は自分の中を深く掘り下げる勉強をします。1点集中的に中から引っ張り出す必要があります。だから全力を出し尽くして与え尽くして中からどんどん水が出て来る様な感じです。出して出して出し尽くして中から良いものを引っ張り出します。男性の場合は与え尽くす生き方をしっかり取らないといけません。全力で与え尽くして何時も自分を空っぽにして中から湧き上がるものをどんどん出して行くのが1番理想の生き方です。そうすると知恵も力も湧いて出て来ます。
 女性の場合逆になって、環境からの影響を受け易い状態になっています。だから新興宗教に入るのはほとんど女性です。そんなものがあります。外からの助けを受け易いです。環境を神様と見てそこからプラスをしっかり取り込めば良いです。神様の愛の表れとして回りを見てそこからプラスだけを吸収すると早く悟りを開けます。
 男性の場合はやっぱり頑固です。みんな頑固一徹を持っています。回りから素直に受けて従う事を絶対にしません。自分のものを出そうとします。それも役割です。でも自分を出して出して出し尽くしたら良いもんが出て来ます。外から取り込もうとする男性は余り良い事ないです。物真似に終わります。人真似、物真似は駄目です。ある程度は参考になっても本物になりません。自分が与え尽くさないと良いものは絶対に出て来ません。男性の場合、実行する事が大事です。実行して与え尽くす事を一生懸命する人は本物になって良いものがどんどん出て来ます。

 それも必要に応じて男に生まれたり女に生まれたりします。両方の勉強をさせて貰います。それで悟りへの道を歩ませて貰っています。ある程度それが自由自在に出来る様になったら、男に生まれて女に生まれて両方します。皆神様の表れとして拝めるし、自分から良いもん引っ張り出せます。両方出来たら一人前です。最高の生き方です。

質問者:
 男性は女性に、女性は男性に生まれて来たかったと言う人がよく居ます。何故そう言うのですか?

ありがとうございます:
 女性としてずーっと生まれてくると、女性らしさが身に付き能力もあります。そのままずーっと生きてると楽です。惰性で生きても能力発揮出来ます。それだと片寄ります。たとえ女性らしさがあっても男性に生まれたら、ちょっとチグハグです。思い通り肉体の方が動きません。回りからは男性として見られます。そのギャップが出て来ます。ギャップの違いを大きく感じた時、女性らしい生き方をして来た人は女性に生まれて来たかったと思うかも知れません。その逆もあります。楽な方を選ぶ時はそうです。でも新しい挑戦と言う気持ちになってる時は不足は言いません。それを最高に生かしきろうとします。前向きになってるかどうかで、言葉の言い回しが変わります。性転換を途中でする人がいます。それも似た様なものです。本当はしない方が良いです。女性で生まれたら女性らしくなったら良いのです。逆も同じです。本当の勉強はそうです。そのギャップを埋めて行くのが大事です。

質問者:
 私は小さい時から男に生まれてくれば良かったと回りから言われ続けていました。そのぐらい男ぽかったです。でも男になりたいとは全然思いませんでした。それよりも女らしくなろうと努力してきました。

ありがとうございます:
 それは傾向としてあっても、逆にそれを直せるのは凄い事です。物凄い力が要ります。しかも自由自在に両方出来た方が良いです。本当の意味の観音様の姿を取ります。観音様は男でも女でもないです。両方です。


感謝一筋
質問者:
 まだ思いに囚われている自分がいます。

ありがとうございます:
 思いは要りません。「ありがとうございます」だけで良いです。感謝だけに全てがあります。思いが全部消えた方が良いです。感謝一筋が自分を大きく無限に拡大してくれます。思いは小さく掴んで仕舞います。小さくなって行くのが思いです。

質問者:
 感謝「ありがとうございます」を別の言葉で言うと謙虚または全託ですか?

ありがとうございます:
 そうです。素直も、全てがあります。感謝の中に神さまの働き全部含まれています。「ありがとうございます」唱えたら無限に無限に謙虚になれるし、無限に無限に素直になれるし、無限に無限に明るくなれます。全部備わります。思いの方は小さく限定されて行きます。


計画(目標)

質問者:
 計画とか目標は良いですか?

ありがとうございます:
 人間が立てる計画も目標も小さいです。神さまの大きい計画の下、神さまに入って来て働いて貰う方が良いです。それが大きい働きになります。一瞬一瞬神さまを受け入れると後で見たら大きい働きが結果として出て来ます。神さまの計画の下に動かして貰うのが1番大きい幸せになります。一瞬一瞬「ありがとうございます」が最高になります。自分が何も分からなくても良いです。神さまが全部知ってて手足動かす様に動かします。大きい働きをする時はそれが1番楽です。そうでないと大きい働きが出来ません。神さまは凄いです。

何所からか危ない物が飛んで来るとします。猟師が撃った鉄砲の弾が飛んで来たとします。それに気付かなくても良いのです。その時にすっと下を見て何かを拾っているだけで良いのです。マイナスは相手にせんで良いのです。何時もプラスプラス拾って行けば良いです。何所かで火事になりそうでも、火事になりそうと言って飛んで行かなくても良いのです。そんな場所に行ったら先に気付いています。だから火事になる前にやかんをかけ忘れて火がばーっと出てる状態でも、水がかれる前に先に行ってます。必要な事をすっとして仕舞います。
神さまだから出来ます。神さまは全体を見て必要な事常に見抜いているから自然に動かしてくれるのが理想です。それは「ありがとうございます」の中で全部してくれます。

セールスしてる人は一軒一軒家庭訪問して売り込まなくても良いです。喫茶店で「ありがとうございます」と唱えながらコーヒー飲んで休憩してたら、回りに集まって来る人がお客さんになります。世間話をしてるうちに話しが幾つもまとまります。それで1日が終わりです。神さまのする事はそんなものです。無駄が全然ないです。「ありがとうございます」と感謝する事は本当に凄いです。何時も大奇跡の連続です。この味をしめたら止められません。

質問者:
 「ありがとうございます中毒」です。


かごめかごめ
質問者:
 「かごめかごめ」の意味を教えて下さい。

ありがとうございます:
 亀の甲羅の模様で全てを占います。それで全てを見抜きます。かごの意味も色々あります。本当のかごは三角を逆さに組合します。星型みたいな形にします。三角が神さまの三大根本神力を表して宇宙創造の働きを象徴します。それを2つ組み合わせる事によって無限の無限の創造と言う本当の神さまの最高表現の仕組みを表しています。
 本当は光輝いた宇宙の意味です。神さまの守りがいっぱいの加護の意味もあります。その中に皆1人1人置かれています。ところが目をふさいでると気付きません。目を開けたら全体が見えます。目を閉じてるのは誰か、自分勝手です。1人1人自分の言葉の縛りにみんなあいやすいです。人の言葉で目を閉じなさいと言われたら目を閉じて仕舞います。本当の神さまの宇宙創造の最高表現の仕組みが目を閉じるから気付きません。
 かごの鳥(自由に空を飛びまわる⇒本来自由自在の象徴)は閉じ込められた状態です。本当は逆で無限の無限の輝きに置かれた自分が1番幸せです。既に自分が無限の無限の輝き(神さまの加護)の中に置かれています。目を開けさえすれば分かります。言葉の縛りから脱却すれば自由自在になります。本当の幸せを感じ取れます。目を開けたら後ろに居る人も分かります。自分勝手に縛られています。皆逆さまに見ています。夜明けの晩と言うのもそうです。みんな夜明けの前が一番暗くて寒いと感じてしまうのですがもう、すぐに目の前に夜明け(日の出)明るい世界に光一元の世界になるのです。言葉のあやでマイナスに掴んでしまうのです。つる(伊邪那岐神の象徴)と亀(伊邪那美神の象徴)がすべった(統べる⇒一つになる)⇒みとのまぐわいのこと⇒無限の創造の始まり、皆、言葉のあやに惑わされプラスに受け取れずに、マイナスの世界に遊んでしまいます。言葉の縛りから抜け出たらそこは神さまの無限の無限の輝きの中です。


政治(経済)
質問者:
 自分がしっかりしていれば政治経済なんて心配しなくて良いと思います。

ありがとうございます:
 そうです。人のする事は対した事ないです。1人の人の背後に大勢の神さまが付いて守っています。その神さまの助け受けたら全部良くなります。自分勝手に動いても良くなりません。感謝をする人が増えて行けば世の中は良くなります。まず感謝する人の回りからどんどん良くなって行きます。感謝する人は必ずよくして貰えます。それがお手本になって皆もそれに習って行きます。回りの人のマイナスをどんどんプラスに置き換えて行けます。自分で一生懸命頑張っていると言っても皆逆の事をしています。神さまの邪魔をしてるかも知れません。政治家が一生懸命がんばっていらっしゃいますが大した事ないです。「ありがとうございます」と唱えてる人の力の方が遥かに大きいです。



質問者:
 今、友人達と家を作ろうとしています。何かアドバイスがありませんか?

ありがとうございます
 作り方はそんなに難しくないです。大工さんによって色々作り方があります。簡単な作り方で素人でも作れます。皆素人で勉強もせず、設計図も作りませんでした。神様から知恵を頂いて勝手に動いて勝手に出来上がります。材料は先に自然と集まって来ます。集まった材料ですっと組み立てます。集まった材料全部違うから作り方全部違います。計画して材料を集めないから先に集まります。それを組み立てたらこうなります。
 4、5年前台風の中心がE町を通りました。その時、多くの木が倒れました。大きい木も倒れるほど被害が大きかったです。お宮さんも凄い被害でした。修理代は何千万と要ります。ある集落がこれにこりて家の回りの木を切ると決めてた様です。それで誰かが引き受けて暇だったら切ってあげると言う事でしたが、でも3年ぐらい切っていませんでした。丁度私の所を立てる必要があって材料が要ります。そうすると「これ切るけど要らんか?」と、すっと声をかけてくれます。それで切り出すお手伝いをして、切り出して自分達で運んで持って帰ります。それを家で加工して使います。余るぐらいあります。3年間切るのを待ってくれています。神様の計画と思います。必要だから前もって準備してくれてます。時期が来たら手に入る様にしてくれます。先の先まで神様は計画しています。必要な材料は先にすっと入って来ます。必要な物が何時の間にか出来上がっています。作るのは早いです。

カウンター
0.1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.32.33.34.35.36.37.38.39.
40.41.42.43.44.45.46.47.48.49.50.51.52.53.54.55.56.57.58.59.60.61.62.63.64.65.66.67.68.69.70.71.72.73.74.75.76.77.78.79.
80.81.82.83.84.85.86.87.88.89.90.91.92.93.94.95.96.97.98.99.100.101.102.103.104.105.106.107.108.109.110.112.113.114.115.
116.117.118.119.110.111.112.113.114.115.116.117.118.119.120.121.122.123.124.125.126.127.128.129.130.131.132.133.134.135
.136.137.138.139.140.141142.143.144.145.146147.148.149.150.151.152.153.154.155.156.157.158.159.160.161.162.163.164.165.166.