カウンター
0.1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.32.33.34.35.36.37.38.39.
40.41.42.43.44.45.46.47.48.49.50.51.52.53.54.55.56.57.58.59.60.61.62.63.64.65.66.67.68.69.70.71.72.73.74.75.76.77.78.79.
80.81.82.83.84.85.86.87.88.89.90.91.92.93.94.95.96.97.98.99.100.101.102.103.104.105.106.107.108.109.110.112.113.114.115.
116.117.118.119.110.111.112.113.114.115.116.117.118.119.120.121.122.123.124.125.126.127.128.129.130.131.132.133.134.135
.136.137.138.139.140.141142.143.144.145.146147.148.149.150.151.152.153.154.155.156.157.158.159.160.161.162.163.164.165.166.

r10. 1番楽が良い2002.02.11

質問者:
 人に「ありがとう」とか「ありがとうございます」と言うのは照れくさいです。アドバイスを下さい。

ありがとうございます:
 心で「ありがとうございます」唱えてたら良いです。それで十分伝わります。それで必要だったら自然に出て来ます。照れくささがあったらはがきに書いても良いです。1番楽が良いです。心で「ありがとうございます」しっかり唱えるのも良いです。そしたらそのまま心が通じ合ってるのでたまに「ありがとうございます」言うのも良いです。

質問者:
 字画で物事を決める事をどう思いますか?また信じますか?

ありがとうございます:
 私は何でもありなんです。何でもありの中には無視するのもあるし、それを活用するのもあります。全部あるのです。必要に応じて自由自在です。

富士山、琵琶湖

質問者:
 富士山をどう思いますか?

ありがとうございます:
 形から見ても素晴らしいです。日本の中心的な働きでもあるし、地球上でも日本の富士山は他の星から見るとひときわ輝いています。地球のピラミッド的な働きもしています。この世的にも霊的にも素晴らしい働きがあります。出来るだけ価値を大きく認める方が良いです。宗教団体の施設も近くに沢山あります。それだけ素晴らしい場なのでしょう。琵琶湖も良いです。琵琶湖は逆に逆さまになります。富士山が入るらしいです。姿を隠して谷神の影の働きです。対になってるかもしれません。
 琵琶湖は昔から、みいほうどううみと言います。女の人の子宮と言う感じです。そこから何かを生み出します。ある意味中心です。

呪術(催眠術)

質問者:
 呪術的な攻撃を受けた事がありますか?

ありがとうございます
 私は全然ないです。「ありがとうございます」唱えてると感じません。全部消して貰うのでしょう。人の思いは全然感じません。消えて仕舞う様です。「ありがとうございます」のお祈りの力は凄いです。だから催眠術も絶対にかからんです。催眠術は大体思いでかけます。
「ありがとうございます」唱えてる限り色んな影響を受け難いです。

質問者:
 「ありがとうございます」を身に付けたら神様の催眠術で動くと考えて良いのでしょうか?

ありがとうございます:
 神様の御心のままに全てそうなります。

借金

質問者:
 借金について教えて下さい。

ありがとうございます:
 本当は借金をしない方が良いです。本当にお金が必要だったら必要なものは神様が先に与えて来てるはずです。それを借金してしようとすると必要ない事に使う可能性が大きいです。あるだけで始めて必要だったらどんどん補充して貰うのです。もし他の人が「これを使って」と言って来て「返せる時に返したら良いから」だったらこれは借金になりません。相手の好意を活かすだけです。ところが銀行に行ってお金を借りて来るとなると利息を付けて返す必要があります。それは借金です。今度は利息の分、余計に儲けて返す必要があります。無理が来ます。借金なしでするのが本当は理想です。必要なものは必ず与えて下さります。それは何所から入って来るのか分かりません。必ず必要なものは与えて下さると思って進めば良いです。

質問者:
 既に借金してる場合は?

ありがとうございます:
 神さまに預けるのです。借金返しよろしくで神さまに預けるのです。この世の借金なんてちっぽけです。本当は過去世の借金の方が大きいです。色んな人に迷惑かけたり人のものを奪ったり色々して来ています。それは無限の借金かもしれないです。この世の借金と過去世の借金を全部まとめて神様にお任せした方が良いです。マイナスも含めて全部神様にお任せ(全託)です。そしたら知らない間に全部消してくれます。

質問者:
 ほとんどの人は家をローンを組んで買います。それもしない方が良いのですか?

ありがとうございます:
 本当は贅沢です。家は大き過ぎたら大変です。固定資産税は高く付くし、掃除も大変です。畳1畳あれば良いです。本当はそのくらいの気持ちで自然に与えられる方が理想です。虚栄心でみんな競争し合って良い家に住もうとするところがあります。お金がない人ほど虚栄心を張ります。やっぱり借金が増えて大変です。借金を返す為に働く事になります。一生がつまらんです。払い終わったら家の方が駄目になっています。だから借金なしでするのが良いです。必要だったら借金なしで出来る様に計らってくれるはずです。最低限必要な物だけで満足出来る自分だったら感謝だけで生きて必要な物は天からさっと降って来ます。畳1畳、着替え1枚、食べる物も本当はちょっとで良いのです。

神様のお手伝い

質問者:
 自分を役立てたい、自分を輝かせたいはエゴですか?

ありがとうございます:
 エゴになる時もあるでしょう。でも神さまにお願いすれば良いです。「神さまのご用にお使い下さい。神さまのお手伝いをさせて下さい」とお願いすれば全て正しくなる様に助けて下さるから、神さまの願いが自分の願いになって生きて行けます。それで良いのです。

質問者:
 全託とは自分のプラスを託するだけでなく、マイナスも託すると考えるのですか?

ありがとうございます:
 プラスもマイナスも全てです。マイナスに思える思いも全てです。神さまにとってマイナスはないです。全部大事な要素になります。全てお任せです。神さまのお手伝いでも自分が立派になってからお手伝いさせて頂くのでは時間が無限にかかります。マイナスを全部消し切ろうと思っても自分でマイナスを消せる能力は対した事ないのです。無限の時間かけて消してやっと神さまのお手伝いでは遅いです。それよりも全部お任せしたら神さまにとっては一瞬です。自分のマイナスを消してからはちょっと我が強いです。色んな運命を良くする場合、病気が直ってから神さまのお手伝いをしようと思うと病気が直りにくいです。病気のままで良いのです。神さまのお手伝いを少しでもさして頂こうとする気持ちが起こると神さまはほっとけないのです。早くお手伝いをいっぱいして貰わないといけないので病気をさっと直してくれるのです。お金の問題でも同じです。お金が貯まってからお手伝いしようと思っても駄目です。今あるだけでちょっと使うとこれはもっとお金を補充してあげ様と思うのです。全て同じです。だからマイナスもプラスも両方全部お任せすると全部プラス一元に変えてくれます。

質問者:
 神様へお任せするは何も考えない事ですか?

ありがとうございます:
 何も考えないは何もないです。「神さまの愛がいっぱい」が良いです。「神さまの助けがいっぱいなんだ」が良いです。これが本当のお任せです。神さまの計らいにお任せです。無限の無限のプラスをいっぱい与え続けて下さっています。それをしっかり受けて行く感謝になってこないと本当の意味のお任せではないです。だから幸せをいっぱい頂けば良いのです。

質問者:
 全てを「ありがとうございます」と受け入れる気持ちになれば良いのですか?

ありがとうございます:
 そうです。沢山受ければ良いのです。

質問者:
 先生が神様のお手伝いをする様になったきっかけは?

ありがとうございます:
 二十歳ぐらいです。自分の肉体や魂の感覚が消えて大きく広がった時からです。自分を神さまに全部捧げ尽くして、命も何にも要りませんと言う感じで神さまのご用に使って下さいと言う姿で全託したのです。それで感謝一筋になったのです。その後は神さまが勝手に使ってるみたいです。必要な事を教えてくれます。すっと湧く様に出て来ます。

 思い(欲、願い)

質問者:
 先生は金銭欲、性欲が出て来たりしなかったのですか?

ありがとうございます:
 全然ないのです。全部消して貰っているのです。回りの人が全部色んな苦労を積み重ねて身代わりに振り替えて取ってくれた一面があると思います。色んな耐乏生活与えて最低で満足出来る心の状態にまず置いて貰ったのです。だからあれ欲しいこれ欲しいはないのです。だからそのままで有り難い満足なのです。後は心の安らぎだけをしっかり手に入れたかっただけなのです。それでお祈りの方に入らせて貰ったのです。

質問者:
 今まで多くの悟りを開いた人がいます。多くの人が悟りを開く前に魔境に入って仕舞う様です。先生は魔境を経験したのですか?

ありがとうございます:
 私は全然自分の願いを出さないのです。何欲しいはないですから、「ありがとうございます」だけで守って貰っていたのです。余計な願いを出すと駄目だったかもしれません。すっと誘惑されたりしたかもしれません。ただ「ありがとうございます」で喜んでたのです。だから食べ物がなくても良かったのです。丸薬1個で1年もてば良いくらいの気持ちで開き直っていました。断食を20代ずーっとしてました。月に3週間してました。その方が楽でした。忙しいから食べる時間ない方が良いのです。断食するのも大変で皆が口に食べ物を押し込みに来るのです。食べる心配するより押し込みに来るのを断る方が大変でした。神さまは私を生かそうとして無理やり口を開けさせて食べ物を押し込もうとするのです。そしたら全然食べる事を心配しないです。

 感謝して受ける
質問者:
 「ありがとうございます」と感謝する事はどんな要求が来ても断る事をしないのですか?

ありがとうございます:
 いったん「ありがとうございます」で受けて仕舞うのです。必要なかったら向こうがすっと消えます。人から色々仕事を依頼されると、いったん「ありがとうございます」で受けます。そして必要なものだけが残ります。必要ないものだけが向こうから断ってきます。与えられた仕事は必要な仕事です。それを全力でさせて貰ったらどんどんプラスに変化します。いったんは全部「ありがとうございます」で受けた方が良いです。喜ぶ為に受ける事が必要なのです。

 仕事
質問者:
 今やってる仕事にやる気が出ません。いけない事ですか?

ありがとうございます:
 する仕事が沢山あった方が楽しいです。それをだらだらすると嫌になります。10時間でするなら1時間に絞り込んだ方が良いです。1時間で仕上げる(全力を出す)事に挑戦すると本当の自分の輝きが出て来ます。その自分は何しても楽しいのです。時間を短く絞り込むのが良いです。他の事も含めて10倍仕事をするのです。

質問者:
 暇だから考えて仕舞うのですか?

ありがとうございます:
 そうです。暇だから喜ぶ自分が出て来ないのです。余裕があり過ぎると本当の力のある自分が出て来れないのです。
仕事をいっぱい与えないと損します。それも短い時間に沢山の仕事をこなす方が良いのです。本当の力のある自分を引き出せます。人の10倍仕事しようとして仕事探すのは大変なので1時間だけ仕事をして後はゆっくりするのです。お祈りの時間が増えます。仕事する時はスピード化して全力でするのです。後の時間は余裕を持ってゆっくり、のんびりとお祈りをさせて貰うのが良いです。緩急をつける方が楽しいです。私も仕事したら速いです。この部屋よりちょっと小さい物置を作った時は1人で1日で作りました。それも古い材料を集めてきて組み立てたのです。物置だから柱立てて壁はって屋根はるだけで簡単です。

質問者:
 大工さんが使う様な専門の機械を使うのですか?

ありがとうございます:
 そんな物はないです。のみと、のこぎりと、かなづち、ぐらいです。

喜びが湧いてくる

質問者:
 嬉しくてたまらない時は神様と一緒と考えて良いですか?

ありがとうございます:
 喜びが湧いてくる時は神さまと一緒です。自分だけ喜ぶのは小さい喜びです。神さまが喜んでる時は喜びが大きくなります。神さまの喜びを自分の喜びとして頂くのが良いです。皆の為に一生懸命尽くしてる時に大きい喜びが出て来ます。それは神さまの喜びです。人を喜ばして幸せにするのが良いです。人の必要な事を与えるのが良いです。して欲しい事より必要な事を与えた方が良いです。食べ物がない人に食べ物を与えたら喜んでくれます。でも何時もご馳走を食べてる人に食べ物をあげても余り喜びません。欲しい物と必要な物は全然違います。必要な物をその時に与えるのが良いです。

教育勅語(緩急)
質問者:
 古神道の本の中の教育勅語の中に「緩急」という言葉が出ます。もう少し詳しく教えて下さい。

ありがとうございます:
 大きく変化する時には節目節目があります。それも1人1人違うと思います。自分が本当に大きく変化する時は気付く時です。

質問者:
 時代と見て良いですか?

ありがとうございます:
 大きく見たらそういう時もあります。個人でも変化の節目があります。自分1人が宇宙を大きく動かす時もあります。大勢で動かす時もあると思います。


 本当の祈り
質問者:
 お祈りは声に出した方が良いですか?

ありがとうございます:
 声に出さなくても良いです。心で「ありがとうございます」と唱えるのが基本です。後は自由自在で良いです。本当のお祈りは祈り言葉として「ありがとうございます」と唱える事ではなく、神さまの宇宙創造の祈りに溶け込む事です。本当の祈りは神さまの宇宙創造の働きを指します。それと1つに同化して溶け込むのが本当のお祈りです。その為に祈り言葉を唱える事を「人の祈り」と言います。祈り言葉を無心に唱えてるうちに神さまの中に溶け込んで行きます。そしたら本物の祈りになってきます。

質問者:
 「真祈り」とはそういう意味ですか?

ありがとうございます:
 そういう意味です。

質問者:
 神様の意に乗る、ですか?

ありがとうございます:
 はい、そうです。

呼吸
質問者:
 深呼吸の「深」は神様の「神」で神様の呼吸ですか?

ありがとうございます:
 共通しています。「真」のシンもあるし、「深い」シンもあるし、「神」のシンもあるし、「中心」のシンもあります。全部含まれると思います。

質問者:
 究極はそういう呼吸ですか?

ありがとうございます:
 はい。1番自然な本物には全てを含めています。
質問者:
 日常生活では、バリエーションのある呼吸も必要だと思います。短時間で色々作業する時にはそれに合わせた呼吸が必要だと思います。

ありがとうございます:
 それが中から自然に出て来るのが1番の理想です。人の方が形を決めて、それに合わせて行くのはちょっとズレがあると思います。天地の動き全部、本当は神さまの呼吸です。移り変わる姿全部呼吸です。生きてるが本当の呼吸です。

質問者:
 神様の命を頂く事ですか?

ありがとうございます:
 そうです。頂いてお返しし、頂いてお返ししです。

時間と空間

質問者:
 年を取るほど、同じ時間でも短く感じられます。何故でしょうか?

ありがとうございます:
 楽しい時は時間がたつのを忘れます。その中に沢山楽しめるものがあって時間の感覚がなくなって後で振り返った時間が長くなってるのです。浦島太郎の竜宮城の話しがそうです。浦島太郎が亀を助ける事によって、愛の心起こす事によって波長が竜宮城(愛の心の世界)に合うのです。素晴らしい次元の世界に引き入れて貰うのです。そこにあるのではなく、高い次元に竜宮城(理想的な世界)があります。向こうの世界とこの世ではサイクルが全然違います。向こうでは楽しい事がいっぱいなんで時間がたつのを忘れて仕舞います。向こうでわずか2、3日の感覚でもこの世では何十年、何百年かたって仕舞う感覚です。
 小さい子供は無心に楽しみます。楽しんでる時は時間の感覚が本当になくなるくらい時間がたつのを忘れるぐらいになってます。大人になると仕事に追われます。嫌な事に追われます。時間が長くたつ様な感覚です。地獄と極楽も同じです。極楽は時間がほとんどないのです。楽しいばっかしの連続です。地獄の方は苦しみが何億年の感覚になります。時間と空間の2つの要素が絶対から相対に別れた両極にあたります。時空は「一如」が本当です。それが時間と空間に別れて、それを組み合わせて宇宙が生まれます。時間を短く絞り込んだら空間が無限に広がり、空間を1点に絞り込んだら時間が長くなります。穴があったら入りたいは、空間を絞り込むから低くなります。地獄になって行きます。
 今の一瞬を最高に喜ぶと極楽世界になります。時計の感覚と人間の時間の感覚は全然違います。この世の時間の感覚は、この世の1つの番組の中で1つの基準としてあります。番組が変わったら時間の感覚、基準が変わります。それよりも人の感覚の方が大事です。人が時間をどう感じるかが大事です。時間を一瞬一瞬大事に受けとめて行けたら内容が濃くなります。高い番組の一瞬の時間というのは過去・現在・未来の今の時間ではなく、過去・現在・未来の全部を1点に絞り込む一瞬なのです。同時に過去・現在・未来が全部見えます。この世の感覚では過去・現在・未来、全部見えてません。今だったら今現在の今しか見えてないです。高い番組は過去・現在・未来同時に1点に絞り込んで全部を見通します。だから余計に喜び楽しみがいっぱいになります。時間的にも空間的にも大きく全体を見通すのが良いです。この世の歴史があります。歴史でも過去・現在・未来、大きく眺めて1つに見た方が囚われがなくなって良い物をいっぱい発見出来ます。狭い範囲に囚われるとマイナスに見て囚われて仕舞います。全体を大きく眺めた時は歴史でも良い所を拾い集める事が出来ます。よく見えて来ます。良い所プラスが見え出します。だからこの世の体験も必要です。そういう勉強の場の意味もあります。


質問者:
 時間は主観的なものですか?

ありがとうございます:
 本当は主観です。皆の感覚は1人1人全部違うはずです。それで良いと思います。

お祭り

質問者:
 お祭りが色々あります。例えば惟喬親王の「ひどり」があります。その「ひどり」の「ひ」とそれ以外の「ひ」に違いがありますか?

ありがとうございます:
 お祭りは元々神さまの心と1つに「つりあう」という、神さまの心を受けて自分の心にするのがお祭りです。それは喜びいっぱいです。だから、どんちゃん騒ぎの喜ぶ姿を取るのです。神さまの御心に波長を合わす為にお祭りがあります。その「ひ」を決めてするのも、その原点に戻る為です。喜びいっぱいの心に自分を戻す為にそういう節目がある方が毎日を喜びいっぱいに生きられます。毎日盆と正月の方が良いです。何時も楽しんで喜んで幸せいっぱいが良いです。

 必要なものと欲しいもの

質問者:
 欲しいものがある場合は求めない方が良いですか?

ありがとうございます:
 必要なものと欲しいものの区別を付けられたら付けた方が良いです。神さまの方は必要なものを与えて幸せいっぱいにしようとします。そのズレがなかったら良いのです。必要なものと欲しいものが一致した時は神様の方が必ず与えて下さります。求める心起こさなくても「ありがとうございます」と感謝してた方が早く受けられます。本当に必要で欲しいものが有ったら、「既に与えて下さってありがとうございます」と「感謝の先取り」を先にするのです。それで欲しいものと必要なものが一致してない時は、マイナス面だけ消して必要な大事なものだけ残してすっと与えて来ます。その修正もして下さります。

 捨てる

質問者:
 私は物凄く部屋を散らかします。物にしても情報にしても収集するのですが上手く整理出来ません。それに頭の中は屁理屈ばっかしです。ものの捨て方のコツを教えて下さい。

ありがとうございます:
 捨てると言ってもやみくもにどっかに捨てるのではないです。本当の捨て方は、適材適所に配置する意味です。心の中を整理整頓すると通りが良くなります。神さまの知恵がすっと流れて、配置されたものを使って自由自在な働きをして下さります。色んな情報も良いです。それをただ適材適所に配置して残しとけば良いのです。必要ないものは最初の時点で捨てたら良いのです。必要なものだけをちょっとメモを取るとか資料を残すとかして心の中に体系づけて整理するのが大事です。
ものは必要があって出て来ます。その使命を果す様に活かしてあげましょう。活かしてあげる事が大事で、自分の所に回って来たものは神さまからの預かりものです。これをどう活かして使って役目を果させるかも自分の勉強です。必要な所にさっと渡せば良いです。自分1人で全部使いきるのは難しいです。預かったものは自分だけが使うのではなしに縁ある所へどんどん渡す役目もあります。必要な所は何所か探して、それをすっと届ければ良いです。その循環が早くなればなるほど極楽世界が現実化します。
 自分にとって不必要でも他の人に必要かもしれません。必要な所を探し出すのも必要です。それがお互いの情報交換です。必要な所にすっと渡しとけば、今度また自分が必要になった時にまた他からすっと入って来ます。将来の必要性を考えて溜めとく必要はないと思います。先に先に必要な所へ渡せば良いです。その方がスッキリします。

仕事が忙しい
質問者:
 今、私の息子は仕事が凄く忙しくて帰宅するのが夜中の12時とか3時です。朝は7時に家を出ます。しかし息子の会社は赤字です。

ありがとうございます:
 表面的な赤字よりも、どういう働きをしてるのかの方が大事です。世の中の為にプラスを与える良い働きを大きくしてるのだったら赤字ではないです。どんどんプラスを増やす貯金です。貯金をしてる会社は必ず良くなります。そして必要だったらそれがお金になって入って来るかもしれません。働きが本当の意味でなかったら、その会社は本当の意味で何にも役にたっていないです。無限の無限のチャンネルの中からどの番組を選ぶか、それが1番大事です。高い番組ほど働きが効率化されてきます。無駄がないです。低い番組は働いても働いても駄目です。自分のものになりません。低い番組は無駄な働きがいっぱいになります。

質問者:
 息子の健康が心配です。

ありがとうございます:
 それは大丈夫です。働くほど元気になります。働くほど神さまが力を添えてきます。力が涌き出てきて輝いて来るのです。限界を破って働くほど心がすっきり輝いてきます。働きも能力が伸びて大きくなります。でも本当の働きでないと損します。時間だけを使う仕事では本当の働きになりません。だから中身を大きくする事です。本当に人の為に役立つ働きを増やす事です。それだったらどんどん神さまの応援が付くので働くほど元気になります。寝なくても大丈夫です。

質問者:
 喜んで感謝してたら良いのですか?

ありがとうございます
 はい。どんどん幸せになってると見てあげたら良いです。

恥ずかしい
質問者:
 恥ずかしい思いは何所から来るのでしょうか?

ありがとうございます:
 良い意味、悪い意味両方あると思います。良い意味だったら別に良いと思います。謙虚に奥ゆかしく恥じらいを見せて、控え目なのがやっぱり良いです。でしゃばってするよりは良いです。良い意味の恥ずかしいは謙虚になります。でも虚栄心の心でよく見せたい意味で恥じるのはちょっと使い方が逆です。そのままスット素直に何でも出せた方が良いです。比較して背伸びする事はないです。花の成長も同じです。種蒔かれて双葉が出て花が出てないのに恥じる事はないです。馬鹿です。そのまま双葉の状態を喜べば良いです。花咲いた時は花咲いた時で美しいです。でも自慢する必要はないです。自然なものは良いです。花の姿見てて自然な恥じらいの姿が有ります。謙虚な姿に見えて美しいです。そういうのが元々の良い意味の恥じらいです。乙女の恥じらいも良いです。

 流れに任せる
質問者:
 昔は向上心と言うか、この人生において何か人の役に立つとか、自分が自己実現するとか、そんな事をしたくて時間を大事にして来ました。夜も出来るだけ寝らずにするには如何したら良いのか、3時間睡眠をするとか、効率よく余分なことはやりたくないとか、マージャンとかゴルフとか余計な遊びをしたくないとか、そういうふうに一生懸命やる時期があって、先人の歩んだ道を学ぶ気持ちが旺盛でした。でも50歳を過ぎてからそういう気持ちが全然なくなって、流れに任せてるような感じです。でも時々「こんなんで良いのかなぁ」とか「堕落したんではないかなぁ」と思う時があります。

ありがとうございます:
 ほんと、怠け者になったのでしょうか?怠け者じゃないです。心が広く大きくなったのです。自分1人で目標を定めて一生懸命頑張る時期も必要です。それを小さい自分として捉えたら立派そうに見えますが、本当は対した事ないのです。気持ちがグット大きく広くなって来ると皆の動きが全部自分の中に取り込まれてきます。自分の分身というような形で、皆が自分の為に異なる生き方をとって色んな事をして下さると感じられます。気持ちが大きくなって一体感が出て来る方が良いです。元々みんな奥では一体なんですが、表面の枝葉に出て来るにつれて別れてるように見えるだけです。大きくなって奥から眺めたら皆生き生きしています。自然な生き生きした生き方の中に本当の神さまの動き(働き)があります。それにスット気づくのです。だからあくせくしなくなってます。今は自然な動きに任せられる状態です。良いです。

質問者:
 なんか、申し訳ないような気がします。

ありがとうございます:
 皆に対して申し訳ないです。お給料払って下さい。皆さんの働き全部、私の為に働いて下さってると何時も思っています。私は儲け過ぎです。お給料払うとしたら相当払わないといけません。地球のオーナーになったら大変です。60億人分のお給料を払うのです。神さまの表れだからタダで働いて下さるのです。神さまは凄いです。

食えないカメラマン
質問者:
 食えない芸術家がいます。私もそれに近いカメラマンをしてます。それでも、徹底してやるべきか、ある程度のところで止めるべきなのか、考えています。その決断のアドバイスを教えて下さい

ありがとうございます:
 1つの事をするんでも24時間全部使わなくて良いのです。時間を別けたら楽です。
生活の為の時間、働いて必要なものを手に入れる時間は必要です。それはその時間で作って、後、その1つの事に打ち込む時間を出来るだけ長く取って、他の色んな時間も区分して取ると良いです。自由に使い分けをすると無理なく自然な形で良いものがどんどん出て来ます。

質問者:
 仕事を持っていて、まだ写真の方は趣味の延長線上でやっています。

ありがとうございます:
 趣味でなくても、もっと大事な物として続けても良いと思います。1つの事を1日1時間、本当に専門的に命かけてやったら20年経ったら本当に名人か一流になります。1時間で良いです。それをずーっと継続させてみたら、必ず名人になります。

質問者:
 商売で考えると、これは軌道に乗ってないなーと思うので、何所かで区切りをつけようと思っています。

ありがとうございます:
 マイペースが良いです。周囲に降り回されずに、自分がこれが良いと選んで、それを継続させたら日に1時間か2時間で良いと思います。そしたら中身が濃く充実します。それが大きい喜びになって神様の助けを受け易くなります。アイデアとか色んなものが湧いてきます。写真家として頑張って下さい。

 仕事でも沢山の仕事をしてる人は「忙しい」と言わないです。「楽しい」と言います。嫌なつまらん仕事を1つしてる人が「忙しい」と言います。逃げの口実だと思います。本当に楽しい時は「忙しい」と言う暇がないです。そういう無駄な時間を作りません。一瞬一瞬楽しめるものを持つ事は1番幸せです。楽しく時間を使うのが良いです。時間の使い方が凝縮した方が良いです。例えば、家庭料理を作るのでも、「これだけ作らんといけん」と決めるより、「この1分間をどれだけ喜ぼうか」という作り方が良いです。「こんだけの仕事をしなければ」と決めて時間を長くすると義務的に喜べなくなります。同じもん作るのでも時間を1分刻みに区切って、「今の1分間はこれをしてどれだけ喜ぼうか」という感じで、1分刻みで繰り返すと変化が増えます。楽しくなります。中身が物凄く凝縮されてきます。2時間かかるところを1時間で済むかもしれません。
 お祈りの練習も同じです。1時間お祈りの練習しようと思ったらダラダラして仕舞います。それを1分刻みにするのです。1分間一生懸命色んな角度から工夫してお祈りをするのです。次の1分間はまた違うやり方をするのです。そして60回繰り返すのです。同じ1時間のお祈りでも効果が大きくなります。

祈りのネットワーク
質問者:
 大勢の中でお祈りをしたいのですが、地元に帰るとその場所がないです。ある団体の場を借りて、そこの会員にならずに、そこの人達とお祈りするのは効果がありますか?

ありがとうございます:
 祈りでも人を多く集めると相乗効果を現します。2人よったら2×2=4、3×3=9、と必ず効果が大きくなります。でも形に囚われない方が良いです。自由自在な心のネットワーク的な集まりが良いです。

質問者:
 既にある組織にわざわざ入る事はないのですか?

ありがとうございます:
 それはちょっと形に囚われた縛られた姿をとります。ここで皆さんと1回お祈りをすると、これで心の繋がりが出来ましたから、何所におられても(地球の裏側でも)良いのです。常にいつも1つに繋がったお祈りが続いているのです。そういう自由自在なお互いの縁のある人との繋がりが出来ます。これは多重構造的に色んな繋がりが出来るので、それを全部活用されるのが良いです。常に皆と一緒にお祈りしてる感覚で「ありがとうございます」を唱えるのです。そのお祈りは皆の為のお祈りであり、皆のお祈りは自分の為のお祈りになります。そしたら自由にもっと楽に助けて貰えます。

 お祈りの方法
質問者:
 お祈りする時感謝の対象を色々考えて「ありがとうございます」を唱えています。もっと無心になってお祈り出来る方法はないですか?

ありがとうございます
 神様を太陽に例えると、太陽から無限に光が放射されます。その全体をしっかり捉えるのが良いです。その捉え方で光源へ心を向けたら大きい輝きとして感じられます。でもその時、細かい所まで見えません。その生き方も良いです。今度、逆に背を向けて光の流れをバックから見るようにすると、細かい光の区別がよく付きます。また横から眺めても色んな光の彩模様がよく見えます。それを自由自在に全部こなす方が良いのです。だから現実にあるものでも順番に数えあげて「ありがとうございます」と唱えるのも大事です。1人1人思い浮かべて「ありがとうございます」と唱えるのも必要なんです。また1人の人を通しても、その人を通して心を光源へ向けた時は、その人が無限に輝いた姿をとります。それも必要です。また全体を大きく眺めて神様の光源だけをしっかり認めるのも「無限の無限の輝きいっぱい」と見るのも必要です。ただ1つに囚われたらいけません。全部あった方が味わいが深くなります。それを自由自在に心を色んな立場に移して全体を総合して「ありがとうございます」と受けるのが良いと思います。全部活用されるのが良いです。

質問者:
 7つのお祈りを意識するのも1つの祈り方ですか?

ありがとうございます
 1つの方法です。あれ以外にも沢山あると思います。1つの方法として唱えると、また「ありがとうございます」が出易くなります。それで中身が深くなります。

質問者:
 神様の最高表現を具体的に教えて下さい。

ありがとうございます:
 最高表現も奥があります。例えば、無限の無限のチャンネルがあって、1番上のチャンネルも1つの意味で最高表現です。1番下から見ると全体を捉えるのも最高表現になります。大きい意味の最高表現です。そしてまだ奥に表現の元になるものがところてん式にずーっと繋がっています。それも同時にバックに受けながら、表面の最高表現を受けるのはもっと大きい受け方です。だから色んな意味の最高表現を取り込んだ方が良いです。

肉体的な痛み
質問者:
 私の回りで何人かの人が坐骨神経痛をやっています。年齢とか仕事を考えたら仕方ないのかなと思います。しかし、仕事を見るといい加減にやってるように見えるし、タバコは吸うし、お酒も飲むし、ギャンブルもするからそうなると思います。本人は「体の調子が悪い」とか「体力的に弱い」とか「運が悪い」とか言います。私は神様が何かに気づいて欲しいからメッセージを送ってると思っています。だから「違うよ」と言っても良いと思うけど、特別親しくもないので、あんまり深入りはしません。どうなんでしょう?

ありがとうございます:
 1人1人を神様がちゃんと守っています。それで必要なものを与え続けます。だから痛み1つとっても、まず心の痛みを軽くする為に肉体の痛みを通して消して下さるのです。心の痛みは色んな意味で沢山あります。ギャンブルで負けた痛みかもしれないし、損したと思って心痛めてるかもしれません。そういうのがどんどん溜まる可能性があります。溜め込んだら心に大きい痛みとなって出て来ます。心の痛みは中々取れないです。それを軽くする意味だったら肉体を通した方が早く軽く出来ます。それで心を軽くして幸せな状態に置こうとします。その痛みも無駄じゃないです。色んな意味の気づきを与えて下さります。また清めの働きを通して心をスッキリ軽くして下さります。最初から気づけと言っても無理です。色んなマイナスの思いを消して貰って、痛みを通してでも消して貰って気づく心に変えて貰うのです。だから、幸せへの道を歩んでいます。

質問者:
 何かのきっかけで気づくのですか?(そうです。そうです)事故を起こしたり、怪我したりするんじゃないかなと思って見ています。お節介かもしれないけど、そう思います。

ありがとうございます:
 必要な助けを与え続けて必ず幸せにして下さります。

質問者:
 定期的な波があるみたいで、調子が良いと言いながら三日後ぐらいに「痛い、痛い」言いながら仕事に来ます。

ありがとうございます:
 痛みが続くのも修行です。地獄に落ちた人を助ける意味では、その痛みを振り替えて取る場合もあると思います。どんな痛みでも耐えてそれを消せる力を身に付ける為だったら良い修行かもしれません。色んな角度から神様が助けています。

マイナスに気付く
質問者:
 自分の行動、限界、咎めの心、そんな所が駄目だなと思って嫌になります。こうなりたいとか、感謝を深めたいとか、人の役に立つようになりたいとか、喜んで貰える存在になりたい気持ちから来てると思います。これはマイナスでしょうか?「ありがとうございます」を唱え続けて感謝し続けていれば良いのでしょうか?

ありがとうございます:
 マイナスがプラスに置き換わってきます。マイナスに気付くというのは、その気付く自分はプラスの自分です。それでマイナスをプラスに置き換えたいと思います。マイナスの自分だったらマイナスに気付きません。それが良いと思ってるからマイナスには絶対見えません。それが正しい良い事だと思ってるからです。マイナスに気付いた自分は既に本当のプラスの自分です。その自分が現実のマイナスに飽き足らないのです。それをプラスに変えて良い表現をとりたいのです。区別が付いたらもう大丈夫です。後はプラスだけをしっかり認めていけば良いです。「ありがとうございます」の言葉を中心にして、その中に全てのプラスが含まれてるので、「ありがとうございます」だけでも良いですし、そのマイナスと対極のプラスの言葉を使って、良い物をどんどん引っ張り出して置き換えて貰えば良いです。後は自然に良くなって来ます。

質問者:
 Aさん何か質問がありませんか?

Aさん:
 私は幸せ一杯なんで。



ありがとうございます





カウンター
0.1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.32.33.34.35.36.37.38.39.
40.41.42.43.44.45.46.47.48.49.50.51.52.53.54.55.56.57.58.59.60.61.62.63.64.65.66.67.68.69.70.71.72.73.74.75.76.77.78.79.
80.81.82.83.84.85.86.87.88.89.90.91.92.93.94.95.96.97.98.99.100.101.102.103.104.105.106.107.108.109.110.112.113.114.115.
116.117.118.119.110.111.112.113.114.115.116.117.118.119.120.121.122.123.124.125.126.127.128.129.130.131.132.133.134.135
.136.137.138.139.140.141142.143.144.145.146147.148.149.150.151.152.153.154.155.156.157.158.159.160.161.162.163.164.165.166.