カウンター
0.1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.32.33.34.35.36.37.38.39.
40.41.42.43.44.45.46.47.48.49.50.51.52.53.54.55.56.57.58.59.60.61.62.63.64.65.66.67.68.69.70.71.72.73.74.75.76.77.78.79.
80.81.82.83.84.85.86.87.88.89.90.91.92.93.94.95.96.97.98.99.100.101.102.103.104.105.106.107.108.109.110.112.113.114.115.
116.117.118.119.110.111.112.113.114.115.116.117.118.119.120.121.122.123.124.125.126.127.128.129.130.131.132.133.134.135
.136.137.138.139.140.141142.143.144.145.146147.148.149.150.151.152.153.154.155.156.157.158.159.160.161.162.163.164.165.166.

ar51一番大切 2001.10.14

質問者:
 人間として一番大切なことは何ですか?

ありがとうございます:
 人間は万物の霊長といいます。神様に一番近いからです。そして
人として生まれたからには神様の御心のままに生きることが大事です。神様は早く人間が自由自在の存在に戻って、最高番組をしっかりと受けて無限の無限の幸せいっぱいに生きて欲しいと思ってます。人は神様の御心をしっかりとらえることが大事です。「ありがとうございます」で全て解決です。


 ソウルメイト

質問者:
 ソウルメイトについてどう思いますか?

ありがとうございます:
 一つの親から生まれたら兄弟です。もともとは全部神様から生まれているのです。本体の命の自分も神様の前に立った時は命の兄弟といえます。魂の兄弟はもう少し低い次元と思います。奥から順番に分かれて生きます。共通性のある魂から生まれた魂は全部魂の兄弟と言えます。


 プラス

質問者:
 悪いことが起きたり、迷惑をかけたりします、どう考えたらいいですか?

ありがとうございます:
 私は全て良し。どんな悪でも、迷惑でも全て良し。マイナスは絶対見ないです。人と人の相性すべて最高です。大安、仏滅、関係無い。毎日最高です。迷惑はマイナスが多いですが、マイナスの言葉をつかまなかったら良いのです。マイナスをつかんだら下がっていくだけです。プラスの言葉だけ使って、プラスの番組を見ましょう。「ありがとうございます」と唱え続けましょう。


 して良い

質問者:
 世の中には、してはいけない事が多く疲れます、どうしたらいいですか?

ありがとうございます:
 したらいけない事は、何も無いです。前向きに感謝することが大事です。感謝することで神様からの素晴らしいプレゼントを受けることができます。あとは少しぐらい羽目を外してもいいです。あとは楽しんで自由自在でいいです。根本さえ外さなかったらいいのです。無限の無限の幸せいっぱいと受けた時は、片足を地獄に突っ込んでも痛みを感じないぐらいです。まず大きい幸せをつかむことが大事です。「ありがとうございます」が最優先です。

 神棚

質問者:
 (不明)

ありがとうございます:
 何も無いが一番楽です。それを本物と思わずに小さい模型だと思った方がいいです。必要な時に使えばいいです。必要無いと思えば使わなければいいです。「ありがとうございます」で気にしない方がいいです。本物に対して失礼では困ります。模型、おもちゃはたいしたことは無いです。少々無礼を働いても、お手討ちにはなりません。


 本物

質問者:
 本物とは?

ありがとうございます:
 本物とは、「ありがとうございます」と言う神様です。「ありがとうございます」と唱えることが宇宙の全ての全てに感謝して光をおくる状態です。みんなに光を与えてる状態です。


 働き

質問者:
 「ありがとうございます」はどのような働きをしてるのですか?

ありがとうございます:
 「ありがとうございます」は想像を超える働きをしてるのです。「ありがとうございます」と唱える時は、まず本当の神様に心が向いてます。自分の心も命も全てを神様に捧げ尽くしてる状態です。だから神様から与え返されます。無限に無限に謙虚になってる状態です。無限に無限に素直な状態でもあるのです。すごいことです。与え尽くす心が幸せになるために必要です。「ありがとうございます」の言葉の中に恩返しの心が沸くのです。恩返しの心は一切の見返りを求めない心で、与え尽くす心の極地です。喜んで喜んで捧げ尽くしていく生き方です。いろんな良いものが「ありがとうございます」にはあります。もっともっとあります。


 感情

質問者:
 思考と感情どちらに従ったらいいですか?

ありがとうございます:
 想念感情は思いを積み重ねて生まれた惰力みたいなものです。思いはみなさんを地獄に突き落とす力があります。感情に流される時は操り人形、奴隷になっている状態です。


 好き嫌い

質問者:
 好き嫌いはなぜ起こるのか?

ありがとうございます:
 貸し借りの問題です。自分が相手に対して貸してばかりでは嫌いになります。逆に借りてる場合は好きになります。好きになって相手のために尽さなければと思い借金がいしになります。貸してばかりで返してくれないなら嫌いになり離れます。理性の方は神様の御心を生きようとします。思いに流されないように。知性の方は感謝にきりかえて神様の無限のプレゼントを受けるようにしましょう。


 「ありがとう」と「ありがとうございます」

質問者:
 「ありがとう」と「ありがとうございます」の違いは?

ありがとうございます:
 「ありがとうございます」が唯一絶対無限の本物の神様で、全ての全てになります。唯物論的に「ありがとうございます」では解釈が低くなります。私は唯神の神だけ神様だけしかないと見てます。唯神論なのです。この世も神様の愛の結晶と見てます。全て神様だけ、物質も物とは見てません。ただ神様だけ神様の愛の結晶だけが輝いてると見てます。唯神論的な「ありがとうございます」は神様の全てです。


 真の幸福

質問者:
 世の中には、幸、不幸はなぜ起こるのですか?

ありがとうございます:
 どの自分をつかむかです。肉体の自分が全てだとつかんだ時は、本当の自由が無くなります。本当の自由になるのは奥の本体の自分です。神様と一体、神様の全てを受けなおしている自分です。そして自由自在です。神様が与えてくれる無限の無限のチャンネルの中から好きなものを自由に選べます。過去に何を選んできたかです。マイナスの多い番組を選んで来たら自分の人生はマイナスをたどります。戦争をしてる人は戦争を選んで来てるのです。高い番組には戦争はありません。本当はみんな自由意思で選んでるのです。いろいろな体験をして本当の自由自在な自分に戻って、運命は自由自在に変えていけると思えたらいいです。自由な生き方の最高の喜びを味わえるようになっています。


 感謝

質問者:
 感謝するとしないではどう違いますか?

ありがとうございます:
 人はいろんな所に生まれ変わっているように見えます。水への感謝をしたい人は、水の多い所に生まれます。感謝は本当に大事です。水への感謝をしっかりしていれば、水が綺麗で美味しい所に住めます。水を粗末にすると水の少ない砂漠のような所、水の汚い所に住みます。感謝があると高い番組感謝がないと低い番組です。


 因果応報

質問者:
 因果応報をどう思いますか?

ありがとうございます:
 神様の用意した無限の無限の番組はすごい数です。ありとあらゆる物がそこに用意されてます。区別するのは大変です。大きく分けた時、因縁因果から考えると過去のしたことが大きく影響します。悪いことをしたら償いをしなければなりません。償いのためにいろんなことを果たさなければならない事になります。因果に落ちない不落因果は、過去に縛られず、因果を超越するのです。マイナスの因縁因果から超越してしまうと、過去にどんなに悪いことをしててももう関係ないのです。良いことしかないのです。不動因果は因縁因果と不落因果を行ったり来たりせず、一元に見ることです。一元不動です。因縁因果、不落因果、2つの法則をとらえて心は不動心です。それは感謝一筋の行き方です。あとはプラスだけです。「ありがとうございます」ただそれだけです。


 現代科学

質問者:
 現代科学をどう思いますか?

ありがとうございます:
 今の科学は幼稚で未熟な科学です。この世を執着でつかんで過去をつかんで過去から積み重ねでは、新しい見方になりません。神様の宇宙想像は一瞬一瞬、新たに新たに起き変えるのです。その時間は、無限億万分の1秒です。一瞬ですから繋がっているように錯覚するのです。一瞬一瞬の起き変わりですから過去は全然意味が無いのです。


 人
質問者:
 人の場合は?

ありがとうございます:
 人は過去の姿をつかんで、今の姿と結びつけて、ずーっと順番に変化してきてると錯覚しているのです。まったく違う置き変えなのです。一瞬一瞬を新たな姿を受けて楽しむことです。

 過去と未来

質問者:
 過去と未来は?

ありがとうございます:
 本当は過去は、残像をつかんだ間違った見方です。人間が成長している過程を見せてもらってるではなく。一瞬一瞬の起き変えです。繋がってないのです。本当はお年寄りから若くなる過程も出来るのです。
本当は一瞬一瞬の中に、無限の無限の番組の中に過去現在未来、無限に続いたものが一瞬に現れるのです。次の一瞬に出てくる姿は全然違うのです。永遠の過去から永遠の未来までが一瞬で出てくるのです。過去を見て現在に出てきた姿を見て何とも言えないのです。本当は新しい生き方を新たに新たに受けなおして楽しむことが正しい生き方です。


 一瞬

質問者:
 一瞬で悪い状況が良くなるのですか?

ありがとうございます:
 私の場合、今ある姿がどんどん変化するとは見てないです。全ての番組が既に同時に存在してて、自由に見たい番組が瞬間に見れると思ってます。今見てる番組が変わるのではなく、瞬間に番組を変えたら世界が変わります。無限に無限に輝いた世界がいっぱいあります。高い世界ほど一瞬の中に素晴らしいものがあります。短い時間に絞り込むほど世界が光輝きます。サイクルが長いほど低い世界です。10年が10日になり10時間になり10秒になって、無限億万分の1秒まで絞り込むのです。それが全体宇宙を感じる世界です。



 無限億万分の1秒

質問者:
 無限億万分の1秒を分かりやすく教えて下さい。

ありがとうございます:
 時間が感じられなくなるぐらいが良いです。今を生きるのです。過去現在未来をつかんでると時間が長くなります。今をとらえてないのです。低い番組です。今を生きるは、一番新しいものを生きることです。神様からの絶対から表れた一番新しいものが一番無限に無限に輝いてます。古くなるほど次元が低くなり番組が低くなるのです。時間が長くなって空間が広がってマイナスがいっぱいになるのです。絶対から一番新しいものを受けるのが、今を生きるです。時間を一瞬一瞬、今に絞り込んだら最高番組を味わい尽くせます。

 般若心経

質問者:
 般若心経の意味は?

ありがとうございます:
 般若心経の教えは感謝の教えです。空は何も無いではないのです。絶対を表してます。光源とか無限の無限のプラスが充満してる姿を表してます。感謝とは絶対から表れる無限に無限に輝いたものを一瞬に絞り込んで新たに新たに受けなおす生き方です。太陽をまともに見て光を浴び続ける生き方です。太陽の光源、放射される光と一体化する見方をするのです。これが般若心経の教えです。絶対と空と表れの光線と色が一体化します。色即是空、空即是色となります。その時点では、一切のマイナスがないです。一切の苦役を落とすのです。しかし光源に背中を向けた時は、古い、過去の光の残像を追いかけるのです。これが普通の人の状態です。般若心経は古い、過去の光の残像を追いかけることを全て否定します。光源に心を向けてその一瞬一瞬に出てくる光を浴び続けなさい、と言う教えです。

質問者:
 羯諦。羯諦。波羅羯諦。の意味は?

 最後の祈り言葉です。羯諦。羯諦。波羅羯諦。羯諦は輝いてる。「ぎ」は命の本源。「ぎゃ」と出てきて命が涌き出る姿。「あ」で明るく光輝く姿になって、無限に輝くのです。波羅は原っぱと同じで、無限に広がる意味です。輝いてる、輝いてる、無限に広がり輝いてるです。「ありがとうございます」の意味は光り輝いてるです、同じなのです。般若心経の真髄は感謝一筋に生きることです。般若心経は感謝の説明書を読むことです。「ありがとうございます」だけでいいのです。実践が大切なのです。

質問者:
 講演を聴く意味がないのですか?

ありがとうございます:
 みんな迷ってるのです。迷って目を覚ますためにいろいろな方法をしているのです。迷いから覚めたら「ありがとうございます」しか残らないのです。初めから「ありがとうございます」で迷いから覚めた方が一番早いです。

質問者:
 なぜ迷うのですか?

ありがとうございます:
 みんな難しいことをしたがるからです。ある意味言葉の縛りに負けているからです。言葉に振り回されているのです。

 古神道

質問者:
 古神道をどう思いますか?

ありがとうございます:
 本当の古神は形がありません。古は過去の意味ではないです。口の上に十があります。口は言葉で、言葉を超越して縦横無尽の働きをします。本当の神様の働きを指してます。いつも天から降っていますだから、古(ふる)です。だから言葉では表現できません。筆舌を超えた神様の本当の働きのことを古といいます。神道は「ありがとうございます」と同じ5つの意味があります。絶対、創造、統一、自在、限定、です。本当の神様の愛の働きが宇宙(道)に満ち渡っているのです。宇宙の全てを一体化して満ち渡っているのです。これが古神道です。本当は教えられたら古神道ではないのです。

質問者:
 ありがとうございますは、なぜ名前を教えないのですか?

ありがとうございます:
 古神道でありたいからです。お祈りだけしたいのです。みんなの幸せだけを祈りたいのです。何も話さずに、お祈りをしてる時は、古神道です。話しだしたら古神道から外れるのです。古神道は全ての分野を一つに統一して全体を大きく生かす働きをしてます。

質問者:
 古神道では全てが平等ですか?

ありがとうございます:
 日本が上とか下とか全然ないし全部平等で、全部無限に無限に輝いてます。その中から無限の無限の番組を引き出す時は役割に応じて、みんなが謙虚に譲り合って働きお互いに演じきるのです。演技、役割は何でもいいのです。悪い役ほど、演技力が必要です。


 祝詞

質問者:
 祝詞についてどう思いますか?

ありがとうございます:
 ある深い真理を説いています。ただ全ての言葉が正しいとは言えません。本当はつまらん言葉が交じってます。良いとこだけを取り出せば深い真理を説いてます。結局「ありがとうございます」です。(不明)

質問者:
 般若心経で同じ所はありますか?

ありがとうございます:
 般若心経の般若波羅密多も「ありがとうございます」です。般若は般若と言う神さまです。払った神様、払った無限の、「密」で真髄で精髄の意味です。神様の本物の徳性がたくさん唱えられる言葉です。

 心を光源に向けよう

質問者:
 心を光源に向けるにはどうしたらいいですか?

ありがとうございます:
 
「新たな全徳の無限の無限の輝きがいっぱい」をたくさん唱えて、「ありがとうございます」で締めくくるのです。光源に心が向いてそこから放射された光を一つに見て受けられる状態になるのです。無限の無限の言葉を使うと心が光源に向かうのです。光がここにあるでは、心が光に向かわないのです。横を向いててもあるのです。


 個性豊かな自分

質問者:
(不明)

ありがとうございます:
(不明)古いものを積み重ねたら全部罪です。奥の本当の姿を包み隠しても罪です。神様を表さないのも罪です。ひと真似をすることも罪です。それが根本にあります。本当の自分は個性豊かです。それは神様から一瞬一瞬受けなおす自分です。個性豊かな自分を受けなおすのです。個性を発揮して罪の無い状態になるのです。


 罪と罰

質問者:
 罪を犯すと罰が当たる?

ありがとうございます:
 そうゆう番組もあります。罪を犯して罰が当たらない番組もあります。罪を犯しようもない番組もあります。そんな番組に入ったら太鼓のばちぐらいしか残らないです。


 年齢

質問者:
 還暦などに特別な意味があるのですか?

ありがとうございます:
 過去をつかむのはあまり良くないです。番組を変えてしまいます。年齢を数えるとそれに囚われてマイナスに向きやすいです。時間は体験の連続として感じます。体験が少なかったら時間が長く感じます。つまらん世界ほど時間が長くかかります。それで時間をつかんでしまいます。高い素晴らしい世界は一瞬の内に変化します。それがずーと連続してきたら時間をつかめないです。良いものが連続して、今だけが無限の幸せがいっぱいなのです。次の瞬間も幸せいっぱいです。区別がはっきりつき、今を喜ぶ状態が続きます。時間がたつのが分からないのです。もう年齢を数えようとは思わないのです。いつも生まれたてのホヤホヤです。今生まれたての自分が神様の光を受けて幸せいっぱいです。


 第一印象

質問者:
 第一印象でどこまで人間性を判断できるか?

ありがとうございます:
 形に心の状態が投影されます。形を見たら大体、心を隠しても分かります。心を輝いた状態にしていくことが大事です。感謝し続けたら良いもんいっぱい心に入ってきます。過去のマイナスは全部消されてプラスの贈られたものばかりに、神様の助けでしてもらえます。自然にプラスの贈られた姿をとったら肉体も良くなります。形が悪くても心が輝いてる人がいます。心が輝き続けたら形が変化すると思います。
あまり形には囚われない方がいいです。奥が一番無限に光り輝いてるから、それを眺めて感謝する方が良いです。全てが輝いてる、みんな神様です。


 病気

質問者:
 病気は過去のマイナスが消える時になるのですか?

ありがとうございます:
 この世だけとつかんで、この世の運命をもし自分の生き方で変えられるなら、心のマイナスを消してもらえば良いです。病気でもマイナスの心が病気を生み出してる、見方ができます。病気になるとみんな心を暗くして、心を痛めます。病気の姿をとって症状に表して心のマイナスを形に押し出して消している働きです。病気になったら心は軽くなります。転換するのです。


 事故

質問者:
 交通事故の場合は?

ありがとうございます:
 病気と同じです。もし心にぶつかり合う激しい葛藤がある場合、溜めてたらいつまでも苦しいです。それを交通事故で消してもらうのです。原因なしで事故は起こりません。夫婦喧嘩でもいっぱいし続けた人が事故に会うでしょう。少しでもタイミングが合わなければ交通事故は無いのです。本当は中々ならないのです。心が軽くなると感謝心が起きてきます。そして幸せになるのです。心にマイナスいっぱい溜まった状態では感謝心が押し込められて出てこれません。事故、大病で消してもらうのです。本当はプラスです。

質問者:
 人によっては同じ事が続くのはなぜ?

ありがとうございます:
 心のマイナスをその事故で消しきれたら同じことは起こりません。事故にあって損害賠償をいっぱい取る人はせっかく消してもらったマイナスをまた取り戻すのです。不労所得です。
全て何もいりませんで、「ありがとうございます」で感謝して放してしまえば良いのです。自分のマイナスの因縁はその事故で帳消しになります。事故で帳消しになり加害者から好意でお金を頂ける時は「ありがとうございます」と感謝すればマイナスになりません。

質問者:
 死にそうな事故で軽傷で済みました、良かったと考えています。

ありがとうございます:
 大きいマイナスを消してもらって大難を小難変えて頂いたのです。もし事故の損害賠償を受けてたら、また因縁が元に戻ります。そして怪我が直りにくくなります。

質問者:
 大きな事故で車は大きく破壊されたのですが怪我ひとつせずに済みました。良かったです。

ありがとうございます:
 みんな自分の車と思って、傷つけられると損したと思います。本当はそうではなく自分の物は何も無いのです。

質問者:
 事故で死亡した場合はマイナスが大きすぎたのですか?

ありがとうございます:
 寿命は一応決められています。この世で勉強できる期間は限定されてます。縁故に生まれてきたい人がいっぱいいます。満員になってしまいます。死ぬ時、死に方が問題だけです。畳の上で死ぬのもいいです。大きいマイナスを消して死ぬ方があの世に行って良いとこに行ける可能性が大きいです。またこの世に残った縁者のマイナスを引き受けて消してくれたら、この世の人も助かります。


 泥棒

質問者:
 泥棒に入られた場合は?

ありがとうございます:
 無用心も良くないです。出来心もあります。どんなに用心しても盗まれる場合は過去の大きい借金を向こうから取り返しに来て軽くしてくれたのです。本当は利息をつけて返す所をわざわざ来てくれて少ない金額で済ませてくれてるのです。本当はプラスです。天の使いが泥棒の格好をしてマイナスを取って帰ったのです。


 寿命

質問者:
 みんな寿命で死ぬのですか?

ありがとうございます:
 寿命で死にます。寿命が来なければ、事故でも病気でも死にません。寿命は何のためにあるかと言うと、この世で勉強した方がプラスが大きい時は初めに決まった寿命をちょと延ばしたりするのです。あの世で勉強した方がプラスが大きい時はあの世に早く連れていってくれます。早く幸せになる方がいいです。みんな生き方が違うから、プラスになるように導いてくれます。決めるのは神様です。


 子供の死

質問者:
 小さい子供さんが亡くなった場合はどう考えたらいいか?

ありがとうございます:
 子供にとっても勉強の意味があると思います。大きい役目、働きもあります。生まれてすぐ死ぬ子供は魂が高いです。先祖の因縁、縁者の因縁を一身に背負って消すためだけに生まれてきます。この世と縁結びしといて守りやすくしているのです。一方親にしてもこの世が全て、死んだらお終いと思っている人が多いいです。そんな心をあの世もあるんだ。人間は生きとおし永遠の者であると気づかせる意味もあります。大事な者を失った時、初めて勉強しようと思います。


 自殺

質問者:
 自殺についてどう考えますか?

ありがとうございます:
 自殺にもいろんな種類の自殺があります。死ぬのが分かってて大きい役割のための自殺は、その心境はマイナスから逃げていません。大きい目的に向かって命を差し出しています。この自殺は高い世界に行けます。マイナスから逃げる時はマイナスを追いかけています。逃げても逃げてもマイナスが追いかけてきます。そして低い所に落ちていきます。どちらも本人が選んだ自殺です。
身代わり自殺もあります。ほかの人が自殺するところを因縁を受けて自殺をさせられる時があります。身代わりです。これも人助けです。悪い所にはいきません。あの世から色々な干渉を受けてあの世に連れて行かれる時もあります。
本人がマイナスから逃げてないから低い所には行ってません。
いろんな自殺があります。これも必要があって勉強するため、働きのためにあります。絶対悪いことでは無いですし、地獄に行くことも無いです。


 戦争

質問者:
 戦争で死ぬ場合はどう考えますか?

ありがとうございます:
 気持ちが純真で本当に自分の全て、命まで捧げて大きい大義に生きるなら。死ぬと同時に高い世界に上がります。これも寿命です。寿命が来てなかったら、行かないのです。特攻隊で行かなければならない時でも、熱を出して行かれなかったりするのです。寿命が来た時、最後の死に方をどう活用するかです。
大きく大義に生きる死に方だったら、本人、みんなにとっても大きなプラスになります。みんなを高める大きい働きをしながら天命を果たして行くのです。


 動物

質問者:
 動物の魂が人間の中に入って生まれ変わるのか?

ありがとうございます:
 無いです。動物は動物で、人間は人間です。ただ一番奥の本体から見たら本体の一部は自由自在に何にでも働きの場を移せます。今は人の立場を取ってますが過去には、石、虫、動物など自由自在になってます。動物も生まれ変わりの過程でどんどん魂は進化します。動物も良いことをすると魂はどんどん進化して神格を得るようになります。人の身代わりにマイナスを背負って苦しんで死ぬのも大きな人助けです。動物としての生き方を卒業したら本体の自分は自由自在ですから人間として生まれるかもしれません。いろんな体験、生まれ変わりの体験をしないと宇宙の全てが自分とゆう感覚にならないです。どれか一つだけでは小さいままの自分で終わります。人間も同じです。人間だけだったらいつまでも人間です。小さい殻の中で閉じ込められたままです。絶対に宇宙が自分だとは言えません。だから、ありとあらゆる生まれ変わりの場を体験して尚且つ全部自分と考えられるようになります。


 光に心を向ける

質問者:
 「ありがとうございます」を唱える時、光をイメージする必要があるか?

ありがとうございます:
 イメージは無くていいです。「ありがとうございます」で心は神様に向いています。それで神様の助けが受けられやすい状態になります。本物のイメージは後から湧いてきます。唱え続けてると光として出てくるかもしれないし、暖かい灰のような感じかもしれません。


 仕事

質問者:
 トイレ掃除をすると良いことがあるそうです、そうなのですか?

ありがとうございます:
 
私は小さい時から、人の嫌がる一番汚い辛い嫌な仕事を喜んで喜んでする事が神様の御心に適うんだと教えられてきました。そして実践してきました。それを先に済ませると後は何でも楽しいのです。マイナスに思うことは何も無いのです。神様の御心に適うことは神様の助けを大きく受けられることです。神様のプレゼントをたくさん受けられるのです。


 天皇

質問者:
 天皇についてどう思いますか?

ありがとうございます:
 天皇制は素晴らしい一つの姿です。どんなものにも中心が必要です。もし中心が無かったらバラバラになります。調和のためには絶対に中心は必要です。人類にも中心が必要です。本当は愛深い姿を取る必要があります。愛深いとは、みんなのマイナスを一手に背負って全てを消す役割をします。上に立ってみんなを奴隷にする権力者ではないです。中心者は座を殺して自分を犠牲にして、みんなの幸せのために全責任をもって果たしていくのです。常に神様に心を向けて本当の意味の神様の助けを受ける、一つの感謝の姿です。なりたい人では出来ないと思います。ちょっとした物真似も出来ないと思います。
 ただこの世の番組が本当の姿が出ているかとゆうと、最高理想の姿ではないです。この世の番組じたいがまだ低いのです。最高番組だと最高理想の姿を取ります。天皇制にも段階があります。だんだんと最高理想の天皇制が降りてきたら本当の地球の完全平和の大調和となります。本体の方の自分は謙虚に譲り合います。無限に無限に輝いた状態の時でさえ自分からなりたいとは言いません。自分は最後で良いと。仕方ないので神様が役割を決めます。この世の血筋の連綿と続いている姿ですが、本当の姿は神様の愛を行ずる役目の継承です。本当に「ありがとうございます」です。


 感謝の祈り

質問者:
(不明)

ありがとうございます:
 番組選びが大事です。だから本当の感謝の祈りが全てです。光に近いほど感謝の祈りが大きくなります。思いの世界、低い世界ほど感謝が出来ません。だからこの世で感謝心を身につけるのです。低い世界では段階を一つ上げるのに、大変苦労するのです。いったん感謝の祈りが身に付いた人は、あの世に行けば感謝の祈りだけでずーっと過せて番組が上がるだけです。


 何十万人の代表

質問者:
(不明)

ありがとうございます:
 低い所へ落ちって行ったら自分でなかなか上がれないです。生まれ変われたら大きいチャンスを与えてもらえるのです。もし生まれ変われないのなら、生まれ変わった人の縁をたどって、ちょっと縁持たせて貰おうとするのです。
 この世に生まれてきた人はあの世の何十万人の代表です。自分の生き方があの世の何十万人の人に大きく影響しています。お祈りに踏み込んで行けたらあの世の何十万人もお祈りの助けを受けて幸せになるのです。
 この世に生まれて来た人がお祈りをするチャンスがあるなら、あの世からも思いの振り替えをして、大勢の人が振り替えて肩代わりをして軽くしてくれます。それで早くお祈り出来る様になります。恩返しで今度はお祈りをして拾ってくれたマイナスの思いを先に光で消してもらうのです。みんなを高め上げた人間に変えて行くのです。みんな助け合いです。



 常に学びの場

質問者:
(不明)

ありがとうございます:
 常に学びの場です。どのチャンネルの番組に波長を合わせて見ても、そこから何かを学び、何か幸せを感じ取っていくのです。プラスをたくさん感じ取って自分のものにして行くのが本当の学びです。

質問者:
 私達の学びは感謝することで深くなるのですか?

ありがとうございます:
 感謝することで学びが深くなり、幸せを築くのです。「ありがとうございます」が全ての全てです。

 宗教

質問者:
 宗教が存在する意味は?

ありがとうございます:
 どの宗教の教えも本物を指し示そうとしてます。指ししめる指の働きです。言葉を方向ずけしてます。しかしみんな言葉に縛られています。指が指し示す地点を見るのです。神様でなく本当の神様を捕らえるのです。本物をしっかり捕らえたら全てを幸せ、美化してるのが本物の神様ですから、争いは起こらないのです。みんな指に惑わされてます。本体を見失った状態です。
本体を自覚するための言葉が「ありがとうございます」です。全ての全てなる本当の神様を実感するための言葉です。囚われている人には何を言っても駄目です。その囚われを取るためにも「ありがとうございます」で感謝の祈りが出来る人がそれを積み重ねるだけです。囚われを消してもらえるのです。心が本物に向くようになったら感謝が起こるのです。


 段階

質問者:
 上に上がって行くとどんな段階がありますか?

ありがとうございます:
 細かく分けたら無限の無限の段階になります。ランクを上げて行く、下から積み上げていく見方よりも、一番上から舞い降りて来る見方が正しいです。下から積み上げて行くのは大変です。「ありがとうございます」は一番上を受けなおして、上から舞い降りる生き方です。一瞬一瞬上から舞い降りて来るのです。早く上がるのです。過去をつかむと下からの積み上げになるのです。過去を放せたら一番上、天からの舞い降りる姿です。上から舞い降りる感謝行の方が早いです。


 回数、心

質問者:
「ありがとうございます」は心を込めて、回数をこなすべきか?

ありがとうございます:
 人によって、その時その場によって違います。自然に良い方を選ぶと思います。数を言う方が良い時は数を言います。心を込めて言った方が良い時は心を込めます。必ず一番いいようになります。



カウンター
0.1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.32.33.34.35.36.37.38.39.
40.41.42.43.44.45.46.47.48.49.50.51.52.53.54.55.56.57.58.59.60.61.62.63.64.65.66.67.68.69.70.71.72.73.74.75.76.77.78.79.
80.81.82.83.84.85.86.87.88.89.90.91.92.93.94.95.96.97.98.99.100.101.102.103.104.105.106.107.108.109.110.112.113.114.115.
116.117.118.119.110.111.112.113.114.115.116.117.118.119.120.121.122.123.124.125.126.127.128.129.130.131.132.133.134.135
.136.137.138.139.140.141142.143.144.145.146147.148.149.150.151.152.153.154.155.156.157.158.159.160.161.162.163.164.165.166.