ar60無限の無限のありがとうございます 2001.11.24.02

質問者:
 「無限の無限の」と、2回続ける意味は?

ありがとうございます:
 1つでも素晴らしいですが、2つある方がもっと素晴らしいのです。今の自分を幸せと捉える場合、無限の幸せと捉えます。今の自分を時間的に言うと無限の時間の1点にいます。過去現在未来全部の無限の時間にそれぞれ自分を置いたとしたら、無限の無限のと2回使わないと時間的に足りないです。次元的に神さまが無限の無限の番組を用意してくれてその全ての番組に自分が出演してるとして、それぞれの番組の中の自分が1人1人無限の無限の幸せを掴むのです。無限の番組とあったらもう1つ無限のを付ける必要があります。宇宙は入れ子構造になってます。今見てる宇宙はもっと大きい宇宙の部分的な中に含まれてます。それが無限に広がります。今この宇宙に居る自分が無限の幸せ掴んだとしても、他に無限の宇宙があるから無限の無限のになります。(入れ子構造=小さい箱があって、その上に大きい箱があって、さらにその上に大きい箱があって、大きい箱の中に沢山の箱が入ってる)

質問者:
 良く分かりました。

ありがとうございます
 まだあります。他の無限の人が宇宙に居ます。自分1人の無限の幸せと、無限の人の幸せを全部自分の幸せにしたら、無限の無限のと大きくなります。これが人だけでなく色んな神さま、動物、植物、鉱物の幸せを自分の幸せにしましょう。どうしても無限の無限のになります。

質問者:
 良く分かりました。

ありがとうございます:
 まだあります。幸せは顔が1つではないです。質的、量的、深さにおいても無限に無限に変化します。同じ幸せの顔がずーっと続く訳ではないです。一瞬一瞬変化し続けてます。今無限の幸せと味わっても次に別な新しい幸せが出て来ます。それが大きさで言っても無限に大きくなります。深さも無限に深くなります。質的に見ても質が無限に高くなります。全部ひっくるめと幸せ自体も無限の無限の幸せとなります。まだあります。

質問者:
 無口になります。

ありがとうございます:
 そうなります。幸せは神さまの徳性でダイアモンド・カットの1面に当たります。そして色んな徳性によって全面にカットが付きます。そのカットの付き方が全部違います。幸せが全面にきます。作り方によって全部変わります。無限の変化があります。何かを額に入れて飾る場合でも、額が凄かったら凄く見えます。その意味でもう1つ無限のが付きます。絶対は全てを生み出す元です。そこから物凄い無限の無限の無限のあられが降って来ます。何所までも無限が押し寄せて来ます。幸せの1つの徳性を見ただけでそこまで凄いものがあります。それで無限の無限のを付けようかです。


 「ありがとう」と「ありがとうございます」

質問者:
 「ありがとう」と「ありがとうございます」の違いは?「ありがとう」と唱えてても良いですか?

ありがとうございます
 「ありがとう」は軽く小さいです。「ありがとう」を繰り返してると必ず「ありがとうございます」に変化すると思います。「ありがとうございます」で宇宙の大神さまの全ての働きを指し示します。本当の神さまの究極の名前です。
 無限に無限に大きい神さまの助けを受けたり、大きいプレゼントを受けたりすると、必然的に「ありがとうございます」になります。子供さんに「ありがとう」と言うのは、ほんのちょっとだけプラスを感じてお礼を言ってます。人に「ありがとうございます」言うのも、小さいプレゼントにプラスを感じて言うぐらいです。本当は神さま相手に無限の無限のプラスを受けて「ありがとうございます」と自然に謙虚な心でお礼が湧き上がる様になります。自然に「ありがとうございます」になります。


 感謝の練習

質問者:
 軽く「ありがとうございます」と唱えるより、無限の無限の気持ちが入った深い「ありがとうございます」にしたいです。良きアドバイスを下さい。

ありがとうございます:
 「ありがとうございます」は神さまの無限の無限の輝きがいっぱいの1つの姿を表してます。それは1つの大光体の感じの捉え方です。それが奥に無限に無限に続き、またさらに小さい方へ無限に無限に続く入れ子構造になってます。
 「ありがとうございます」の中に無限の無限の「ありがとうございます」を持ってます。その「ありがとうございます」を無限に無限に大きく包容する「ありがとうございます」がもう1つ上にまたあります。さらに大きい「ありがとうございます」を無限に無限に集めたもう1つ大きい「ありがとうございます」があります。
 本当は1言の「ありがとうございます」の中に無限の無限の「ありがとうございます」が無限に無限にあります。まだその実感が湧いて来ないだけです。「ありがとうございます」を唱えた数が少ないだけです。回数が増えてくると自然に確認、気づきが増えます。そして自然に感謝の心が湧き上がります。
 しつこく唱えましょう。
自分1人の「ありがとうございます」だけでは無く、みんなが唱えてる「ありがとうございます」も自分のものと感じましょう。最初は感謝一筋の自分に戻る為の練習です。


 感謝の心

質問者:
 ありがとうございます は誰ですか? 感謝の心が中々湧き上がりません。良きアドバイスを下さい。

ありがとうございます:
 ありがとうございますと呼ばれてます。回数が何億回になって来ますと、色んなテクニックが身に付きます。だからどんな事でもプラスに見えます。

 病気になっても「ありがとうございます」、
 地獄に行っても「ありがとうございます」、
 何があっても「ありがとうございます」です。

これでも浅いぐらいです。本当は無限の無限の大きいプラスをいっぱい与え続けて下さって「ありがとうございます」を感じた方が大きいです。それでもまだまだ足りません。
 私は今7つ項目を言葉にして感謝を深める練習をしてます。

 1つは「いつもいつも大難を無難にし、無限の無限のマイナスを免除して下さって、ありがとうございます」。

 2つ目は「いつもいつも無限の無限のプラスを新たな全徳の無限の無限の輝きを与え続けて下さって、ありがとうございます」。

 3つ目は「いつもいつも無限の無限の感謝の心を湧き上がらせて下さって、ありがとうございます」。

 4つ目は「いつもいつも無限の無限のプラスを神さまの最高表現を感受させて下さって、ありがとうございます」。

 5つ目は「いつもいつも無限の無限の感謝の真祈りを祈らせて下さって、ありがとうございます」。

 6つ目は「いつもいつも無限の無限の神さまの最高のお手伝いをさせて下さって、ありがとうございます」。

 7つ目は「いつもいつも無限の無限の神さまとの一体感を実感させて下さって、ありがとうございます」。

 「無限の無限のありがとうございます」と感謝を捧げてもまだまだ足りません。素晴らしいもの与えられ過ぎて追い付きません。神さまから与えられてる大きい実感の方がもっともっと凄いです。
 「無限の無限の輝きが無限に無限にいっぱい」の感じで、どーっと押し寄せて来ます。それに対して感謝のお礼が追い付きません。余りにも大き過ぎて申し訳ない、かたじけないです。プラスに感じることが1番大事です。



 神さまからのプレゼント

質問者:
 どうしてもマイナスの方に考え易いです。

ありがとうございます:
 自分が何を必要として、神さまから何を受けようとしてるかが大事です。神さまから受けたものに対して「ありがとうございます」でお礼の感謝が湧き起こります。病気をしてる人が病気を直して貰ったら「ありがとうございます」と言えます。何を受けるかは、自分の使う言葉によってしっかりと方向付けして決める必要があります。悟りを開いて感謝出来るなら、既に悟らせて貰って「ありがとうございます」です。それで「ありがとうございます」です。実感が出て来たら深い感謝が涌き出て来ます。
 今の自分にとって何が1番必要で神さまから何を受けさせて貰うのか、自分で選んで決める必要があります。それを決めて「ありがとうございます」を唱えてると、その実感が湧いて来て感謝が深くなります。そんな練習を続けるのは大事です。感謝の意味が深く分かって来ます。少しだけでは少しだけしか感謝が湧き上がりません。そこまでお礼する必要ないになります。沢山お礼を感謝をしたい人はいっぱい神さまからプレゼントを受けましょう。
 今私が7つあげたけど、もっといっぱい貰った方が良いです。そんな工夫、練習は大事です。それで自然に感謝が湧き上がります。


 人生の目的

質問者:
 生きる本当の意味は?

ありがとうございます:
 色んな疑問、納得出来ない点がいっぱい出て来ます。これは自分が本当に気づいて納得するのです。人からの言葉で納得するのでは無いです。
 気づく自分が出て来て納得するのです。
だから「ありがとうございます」と唱える事によって神さまがすーっと自分の中に入って来ます。神さまの心が自分の心に移って来た時、全てが分かる、全てが納得出来る自分になります。何回も「ありがとうございます」唱えた人は神さまを何回も呼んだ事になります。過去の古いマイナスの思いをいっぱい消して神さまの心が輝く状態で入って来たら、気づきがいっぱい増えて来ます。人の言葉を聞いても、そこから神さま響きを感じて自然に納得します。
 だから「ありがとうございます」を唱え続けないと、人がこう言ってるしか分かりません。気づく為に「ありがとうございます」の繰り返しの積み重ねが大事です。必要だったら神さまが色んな所から必要な言葉を与えてくれてるのです。「ありがとうございます」を唱え続けてるかぎり、自分にとって必要な気づきを与えて貰えます。

質問者:
 本当の自分は?

ありがとうございます:
 人の本当の姿とは何か?本当の自分とは何か?これが根本です。
本当の人生とは何か?この世に何の為に生まれ、何の為に生かされてるのか?
 これも浅い答えから深い答えまで無限にあります。気づきを深めて行きましょう。もっと奥が奥があると思います。本当の自分は神さまと一体の自分です。神さまと切り離された自分は存在出来ません。神さまから一瞬一瞬全てを受け直す自分が居ます。無限に無限に輝いた永遠不滅の自分が根本にあります。この自分が納得しない限り本当の解決は無いです。この世だけの自分では納得出来ません。永遠不滅の自分で納得出来ます。本当の無限の無限の幸せで納得出来ます。

質問者:
 人生の目的は?

ありがとうございます:
 人生の目的も小さい目的では納得出来ません。本当の目的は何かになります。神さまの心と1つに繋がって神さまの心を理解して、それを受け入れた状態で本当に納得出来ます。神さまがこの世に人を生み出した目的は、まず最初に神さまと一体の本体の自分を生み出してます。
 1人1人は神さまの分身です。神さまの変わりに生かされてます。そして1人1人はどんな生き方をするかです。まず神さまは無限の無限の番組を用意してます。一瞬一瞬新たに番組を作り上げてみんなに与えてくれます。自由自在にみんな好き勝手に選びます。その選び方は無限の人が居てたら無限の選び方があります。
 無限の人が神さまの分身です。神さまがそれだけの大きい幸せを味わおうとしてるのです。だから自分も神さまの御心のままに自由な心で無限の番組の中から色んな番組を選んでしっかりと味わって1つ1つの番組から何かプラスを発見し幸せを見出して価値あるものに変えて行く練習をしてるのです。
 最後に最高表現をいかに素晴らしい状態として価値あるものとして味わえるかです。そこまで行く様に神さまから役割として与えられて導かれてます。だからある程度低い番組を体験しないと1番高い番組でも価値が無いです。何時もプラスに慣れ過ぎたら当たり前になります。

質問者:
 何か良い例えはないですか?

ありがとうございます:
 ご馳走を毎日腹いっぱい食べてても味気ないです。逆にお腹いっぱいと不平不満を言い出します。時々は断食してでもお腹空かせてでも、ひもじい思いした方が良いです。それで本当のご馳走が無限に価値あるものになります。
 マイナスの体験は大事です。マイナスの体験を積み重ねることで本当に謙虚な心になって最高番組を味わえる自分になって行くことが本当の人生の目的です。それが大きい幸せになります。神さまの御心は1人1人の人が本当に無限の無限の幸せを実感して欲しいのです。それで神さまの幸せが大きくなって行きます。そうゆう生き方が出来た時本当に納得出来ます。
 小さい生き方の中で答えを見出そうとしても無理です。まず奥に本体の大きい自分が居てるから絶対に納得してくれません。だから出来るだけ大きく大きく無限の価値を見出す様な生き方をとれば段々と差が無くなって納得出来る様になります。

 断食

質問者:
 先生は1ヶ月の内3週間断食してたそうですが、断食の仕方は?

ありがとうございます:
 断食はしない方が良いです。私は頑固で変わり者です。へそ曲がりです。本当は断食して神さまの愛を拒絶するのは良くないです。忙しくて食べる時間がない時は少しは良いと思います。寝食忘れて一生懸命するのは良い事です。極端に断食しなければは無いのです。出来るだけ自然に感謝して神さまからの愛のプレゼントをしっかり受けるた方が良いです。

 肉食

質問者:
 肉食についてどう思われますか? 狂牛病をどう思われます?

ありがとうございます:
 気持ち1つだと思います。美味しいから動物殺して食べるのは良いと思いません。動物が命を捧げてくれて立派な行いをして欲しいと神さまのお役に立って欲しいと捧げてくれた物は感謝して受けるのは良いです。
 そして食べられた動物が大きく進化します。みんな早く進化したい、早く立派になりたい思いがあります。必ず動物を食べる必要はないです。もし捧げられた時は感謝して食べても良いです。
 色んな問題が出て来るのは、間違った考え方を改める意味で、気づきを与える意味であるのかも知れません。
 人間の使う言葉が1番大事です。狂牛病と言う言葉を使うとそんな番組を引っ張り出して仕舞います。マイナスがいっぱいになり、どんなに健康な牛でも突然狂牛病になります。運命的にマイナスだったらマイナスばかりを選んで仕舞うかも知れません。だから初めから私の食べる物は神さまからの光のプレゼントで神さまの命を頂いてると思えば、何食べても大丈夫です。感謝して受ければ良いものを与えて貰えます。

 理由

質問者:
 「ありがとうございます」を唱え始めた理由は?

ありがとうございます:
 「ありがとうございます」は昔からあります。人それぞれ唱え方があると思います。私は小さい時に色々苦労させて貰ったからと思います。

 耐乏生活

質問者:
 今お顔を拝見させて頂くと苦労した様には全然見えません。

ありがとうございます:
 苦労が大きいほど感謝が深くなります。どんな苦労も平気になります。苦労が逆に大きい幸せに変化します。感謝の力です。
 私は3歳ぐらいから毎日「ありがとうございます」と神棚の前に座って朝晩1時間感謝してました。人に言われてでは無く、本当に自然にです。
 小学校に上がった時ぐらいから神さまから指令があって耐乏生活を与えて貰いました。6人家族でしたが、家も家財道具も全部無くした状態で出発しました。親戚や頼る所があったら如何しても頼ります。人への頼る心を起こさない様に一切の信用まで奪っといてこれから耐乏生活に入りなさいという感じでした。
 最初は6畳のトタン張りの物置を借りてそこで生活しました。雨は漏るし雪は降り込むです。布団が無いから藁布団を敷くではなく被るのです。着るもんも着替えが無かったです。仕事をさして貰えなかったから、食べ物は近所の畑の野菜くずを拾って来て水炊きで食べてました。都会の中だから薪が無いので探すのが大変でした。色んな木屑探しては薪にして野菜を水炊きにして食べてました。味付けなしです。
 必要なお金が払えません。小学校に行ってても、PTAの会費、給食代とか要るんだけど絶対払えないです。給食なんか食べられません。その当時は教科書代はタダでなかったですが、神さまから見てもそれは必要だったので教科書は与えて貰いました。教科書代ピッタリの金額が教科書代を払う期日直前に入りました。もし前日なら食べ物に変わります。
 そこまで神さまが示し続けました。それが10数年続くのです。1、2年では身に付かないみたいです。神さまはしつこいです。神さまは初めは2、3年と励まします。もう1年、もう1年と10年越えるのです。それが感謝深める大きい助けになってます。何が何でも有り難いです。何も食べられないでも、水を飲めるだけで有り難いと思えます。どんな服着ても有り難いです。手袋なんてありません。そして素足に拾って来た破れたズック靴を履いてました。学校で使う鉛筆は買えません。捨てられた鉛筆を拾って来て、竹の棒で長くして使ってました。ノートも絶対買えません。

質問者:
 いじめられた事は無いですか?

ありがとうございます:
 私は全然苛められませんでした。その時代も相当世の中荒れてたから色んな苛めもあったと思います。私の場合はどんな不良グループが居てても私が通ったらさっと逃げてました。びっくりするぐらいです。絡まれる事が全然なかったです。
 これは神さまが何時も守ってくれたからと思います。普通だったら絡まれると思います。黒板なんか箒を投げて穴だらけでした。不良グループも沢山ありました。苦労すればするほど有り難味が大きく感じられます。

質問者:
 誰か援助する人は居なかったのですか?

ありがとうございます:
 学校の給食食べなかったです。友達が給食で食べ残したパンをくれるのですが、それを1回でも食べたら信念が崩れると思って絶対食べませんでした。

質問者:
 ご兄弟はそうゆう精神で来られたのですか?

ありがとうございます:
 ちょっと違います。みんな私の為の苦労かも知れません。他の兄弟の方はちょっと甘く育てて貰ってるかも知れません。それでも神さまが守ってます。必要なものを与えてます。私の場合は本当に必要なものは何か神さまが見抜いて的確に必要な苦労を与えてくれました。感謝が深まる様に導いてくれ守ってくれました。大きい苦労が本当の意味で幸せな自分に変えてくれました。後からよく分かります。
 「ありがとうございます」と唱え感謝してる内に気づきが与えられ本当の意味が分かって来ました。そして有り難いから「ありがとう」では無く、感謝の祈り感謝の真祈りに変化してきました。神さまのお手伝いの形で大きい力を貰える様になりました。みんな最初はお礼の感謝です。本当の意味の感謝の真祈りに変化すると思います。本当の意味での神さまのお手伝いに変わり、色んな奇跡を起こせる力を与えて貰えると思います。

質問者:
 小さい時から「ありがとうございます」と唱えてたのですか?

ありがとうございます:
 色んな言葉を使ってました。観音様を信じてる時は延命十句観音経を唱えてました。色んな神仏の名唱えました。基本は「ありがとうございます」です。必ず背後に付けます。

注釈:

 『十句観音経(じっくかんのんぎょう)』は、わずか十句・四十二文字で、仏経の全経典の中でもっとも短いものです。
 治る見込みがないと医者に見離された重病人が、この経典を千回唱えたら、奇跡的に回復したという話から、『延命十句観音経(えんめいじっくかんのんぎょう)』とも呼ばれています。

延命十句観音経(えんめいじっくかんのんぎょう)

観世音 南無仏      かんぜおん なむぶつ
与仏有因 与仏有縁    よぶつういん よぶつうえん
仏法僧縁 常楽我浄    ぶっぽうそうえん じょうらくがじょう
朝念観世音 暮念観世音  ちょうねんかんぜおん ぼねんかんぜおん
念念従心起 念念不離心  ねんねんじゅうしんき ねんねんふりしん
   
   
『延命十句観音経』の意味
  

 大切な人が苦しんでる場合

質問者:
 自分自信は感謝する事で凄く幸せなのですが、自分の大切な人が苦しんでる場合どのようにお祈りをしたら良いですか?

ありがとうございます:
 人には完全な自由が与えられています。1人1人どの番組を選んでそれを楽しんでも良い様になってます。あの世の番組は全部そうです。自分の選んだ番組をしっかり体験出来る様になってます。その中にはまり込んだら中々出て来れません。低い番組なら低い番組にはまり込んで仕舞います。地獄の番組にはまり込んだら何億年以上苦しみ続ける様な体験をします。それも自由です。永遠の自分から見たら何億年も一瞬に見えます。その苦労が必ず大きく生きて来ます。
 人の自由は絶対に縛れません。マイナスへマイナスへ体験を積み重ねて行く人も、その人が選んでます。苦労に苦労を積み重ねて大きい幸せを早く掴もうとしているのです。この世はあの世の縮図として出て来てます。色んな姿が同時に見えます。マイナスを選ぶ人の生き方、プラスを選ぶ人の生き方、色んな人の生き方全部回りにあります。自分は何を選びたいか勉強材料として与えて来ます。自分の自由意思で選びたいものを決めるのです。マイナスに行きたかったらマイナスを選びます。プラスに行きたかったらプラスを選び感謝の道に入って来ます。自分と人は別個です。人には人の自由があるから絶対縛れません。

質問者:
 プラスに持って行こうと思う事が良くないのですか?

ありがとうございます:
 良く無いです。まず人の自由縛ってます。神さまは人の自由絶対縛りません。神さまは何億年でも忍耐強く見守り続けてます。本当はプラスへプラスへ導きたいのです。でも人がもっと苦労してから最高表現を受けて味わいたいと思ってるなら、見守り続けるしか無いです。
 もう大変もう後が無いとゆう時は助太刀を出そうと呼んでくれるのを待ってます。まだ自分が頑張る頑張ると言ってる時は神さまも見守るしか無いです。人同士も同じです。どんなに回りが早くプラスに向いたら良いのにと思っても、マイナスへ向いてる人がもっと苦労して自分を強くしたい鍛えたいと思ったらその邪魔は出来ないのです。中途半端にすると、まだし残してるからと、もう一回戻って行きます。一度プラスに行ってももう一回マイナスに落ちて行きます。時間が無駄になります。だから本人が選んで来る必要があります。

質問者:
 それを見守るしか無いのですか?

ありがとうございます:
 そうです。本人が本当にプラスに行きたいと願いその方向へ心が向いた時、自分がプラスの方へ向いて力を付けてたらすっと助太刀が出来ます。その時の為に自分がプラスに向く力を付け準備をしましょう。なんぼ大事な人がプラスに向きたいと思っても自分がマイナスに向いてたら絶対駄目です。足を引っ張るだけです。
 まず自分がプラスへプラスへ向いて力を付けて、助ける時期を待ちましょう。神さまは何億年待ちます。人間は何10年ぐらいです。そのぐらいは忍耐強く待って助ける準備をしましょう。


 生まれ変わる

質問者:
 もし苦しみをクリアー出来ない場合、また来世で同じ様な構成で同じ様な体験をする必要がありますか?

ありがとうございます:
 またこの世に生まれ変われたら幸せと思います。本当はあの世から生まれ変わってこの世でプラスの番組を選ぶ練習をしたいのですが、競争率が激しいです。何百人に1人生まれるかです。この世で1回終わって生まれ変われなかったら、あの世でもう1回厳しい修行に入ります。低い世界だったらお手本が無いので中々抜けられません。低い姿しか見えなかったら高い所に心向けるのが難しいです。
 自分と同じ様な生き方の人が集まります。この世は色んな人の生き方が見せて貰えます。だからこの世の時間は大事です。何を選んでどう自分を持って行くか、1分1秒が貴重です。同じ進歩するならこの世の方が急速に進歩出来ます。あの世は時間がかかります。


 先祖供養

質問者:
 先祖供養をする場合、ご先祖様があの世で修行する助けになる様なお祈りはありますか?

ありがとうございます:
 
本当は自分が変わるのです。自分を高めることで縁ある人を高め上げられるのです。自分が変わらずに、あの世の人を立派に変えようとしても通じません。
 あの世から自分が代表として生まれて、この世でしっかりと良いもの選んで感謝のお祈りをさして貰うと自分がまず大きく変化します。それで縁ある人が全部自分と同じ様にレベルUPします。何百人の代表で生まれても縁ある人は何10万と付きっきりです。
 自分1人の生き方をしっかりと見ています。自分が本当に感謝のお祈りを出来る様になったら、背後の何10万人がお祈り出来る様になります。

 お経を唱えてご先祖様を悟らせようとするのはちょっと傲慢です。立派なご先祖様に対して失礼極まりないです。ご先祖様が迷ってるではなく、本当は自分が迷ってます。自分の迷い覚ます意味でお経をあげます。お祈りをさせて貰うのです。
 お経はどんな生き方が良いのかを教える説明文です。本当は感謝を説いてます。感謝を実行する方が本当の力が湧いて来ます。感謝を実行する事が最高の恩返しです。意味が分からないお経をあげても通じません。あの世の人も意味が分かりません。お経にも波の響きがあってお経を通して守る神さまもいますから少しは通じると思います。
 
意味が分かって「ありがとうございます」を唱える方が遥かに遥かに大きい力を発揮します。


 晴れ男

質問者:
 先生が行く所は晴れてばかりで、雨が降っていても降らなくなると聞きました。本当ですか?

ありがとうございます:
 そんな事もあります。色んな神さまが守ってくれます。竜神さんが付いて守ってくれたら天気なんか自由自在になります。本当に必要だったら土砂降りでもさっと止みます。雨に降られないのが良いのでもないです。全然雨が降らなかったら干乾びて仕舞います。
 何でも出来る神さまの方が必要だったら雨も降らしてくれます。旱魃で大変だったら雨がさっと降ります。表の井戸を作る時、穴掘ったら調度涌き水見つかってそこに大きいヒュウム管(長さ2m、重さ3トンぐらい)を運んで貰って次にはめる必要があるのですが、さあ降ろして帰るって言うのです。それから大きい重機を借りてきてはめるのです。
 困ったことに、その時にこの一帯だけざーと大雨が降ったのです。穴が一変に水浸しになって仕舞いました。穴が雨でいっぱいになって直ぐ止みました。このまま置いて帰られても困りますのでこの穴に降ろしてと言いました。大分苦労しましてロープの掛け方を工夫して降ろしました。
 水がいっぱい入ってるから水の浮力もあるので、動かし易く調度落ちる様にはまりました。水抜いてその後見たら、岩が周囲にいっぱいあるのですが、隙間がほとんど残ってない状態でした。岩と岩の間ちょっとズレてたら入らない所です。1cmぐらいしか開いてないのです。あれは水で隠してなかったら入れられてないなと思います。水が入ってなかったらしようとは思いません。雨がざーと降って湧き方がどんどん良くなりました。あれは神さまの凄い助けだったと思います。本当に神業です。


 みんな言葉通り

質問者:
 雲よ消えろ消えろと念じるとなぜ消えてくれるのですか?

ありがとうございます:
 消えますし、出て来る雲もあります。神さまは人の願いを言葉通り全て適えてくれます。何時も言葉通り適えてくれる事を教えてくれてるのです。自然現象は心と別個ではないです。UFO雲が出て来て欲しいと思えばすぐ出て来ます。必ず心は通じ答えを出してくれます。それも1つの勉強です。みんな言葉通り番組を選んでます。みんな言葉通りになります。


 痛み

質問者:
 先生の痛みに対する考え方を教えて下さい。

ありがとうございます:
 私10代の頃痛みの練習をさせて貰いました。ある時は胃ケイレンが1年続いて、頭ががんがん割れるのが1年、両方ぴたっと1年です。何で?と思ってました。痛みは他の事に心を集中して何か一生懸命やってると痛みがあっても気にならなくなります。絶対する必要がある仕事を持ってる方が良いです。
 痛みは気にせず一生懸命何か打ち込んでみると軽くなります。痛みを忘れます。お祈りの練習の1つです。マイナスの波からプラスの波へ変える時も同じです。初めはどうしてもマイナスに心が向きます。プラスに心を向き変える練習はマイナスと取り組んでると出来ません。徹底してプラスへプラスへ心を向けきる事が出来ればマイナスを感じなくなります。そしてプラスに波長がぴたっと合います。痛みは楽しい事に心を向ければ直ぐ楽になります。

質問者:
 それは観の転換ですか?

ありがとうございます:
 観の転換でもあります。思いをプラスの感謝に向けたら良いです。普通痛みは思いの姿です。七難八苦の思いが痛みになって消えて行きます。思いを掴んでると掴み易いです。感謝の方に切り替えたら思いが消されて行くと軽くなります。何かに一生懸命打ち込んでる時は感謝の生き方になります。マイナスを掴まないから思いが消されて軽く済みます。

 農業政策

質問者:
 日本の農業政策で米の減反、政府ガードの椎茸、ねぎ、いぐさ、で問題が起こってます。私は熊本の八代でいぐさが1番の問題です。対処法はないですか?

ありがとうございます:
 普通みんなお金に換算して考え過ぎるのです。本当は必要なものは神さまから頂く気持ちで感謝をしてたら良いのです。お金に換算するとこれだけ働いてるのに貰える額が少ないになります。
 お金は絶対価値ではないです。同じ労力を使って働いて手に入れた物がある場合、絶対同じ価値があります。ただ金額が違う場合少ない方が本当は得をします。金額が大きくなった時は借りになります。
 外国で安い米作って、日本で高い米作ります。本当は安い米の方が良いです。日本の賃金上がり過ぎてます。上がった分は不労所得になります。ある意味他からの借りが増えてる感じになってます。結局日本人は大損してる事になってます。借金を積み重ねてる事になってます。
 最高理想の姿は無償の奉仕活動です。ただで働いてただで貰うのが良いのです。働いて得た物は必ず同じ分を与えて貰えます。日本人が昔の様に安いお給料で奉仕の心でしっかり働いて働きを大きくすればするほど日本人全体は幸せいっぱいになります。労働時間を減らして働きを少なくしてお給料だけ上げて来ると結局借金を積み重ねてる姿です。
 日本で楽してお金を稼いで外国から安い物を買ったら得したと思いますが、違います。全部借りになります。後で清算する必要があります。どれだけ人を幸せにする働きを意識的に沢山して行くかが大事です。お百姓さんもお金の金額に余りこだわらずに良い物をどんどん作って人の為にどんどん配れば良いです。配った分は同じ量が返って来ます。尽した働きに見合った分が必ず与え返されて来ます。与え合いのプラスの循環が多くなれば良いと思います。問題解決です。

質問者:
 それまで持ち堪えられない人がかなり大勢いると思います。日本の歪み(賃金の高い)を調整する必要があると思います。将来日本は出来ますか?

ありがとうございます:
 奉仕(ボランティア)で働かないと元に戻らないと思います。お金に換算してる間は駄目です。神さまの世界にお金は無いのです。奉仕の心でお互いに必要な物を与え尽くすだけが本当の理想の姿です。本当に人を信じるなら家族の様なものです。家族はお金を取り合いません。本当に大事な親戚同士ではお互いに無償で与え合います。本当の助け合いになります。
 これからは人を信じましょう。信じられる人をどんどん増やしましょう。助け合いの輪がどんどん広がってお金なんて相手せんで本当に必要な物を与え尽くし合いましょう。お金を儲けようとし過ぎる為に無駄に競争し過ぎるのです。物でも作り過ぎです。必要な物を人に提供したいというわけでは無いのです。本当に必要な物を安く提供したいなら自動車会社でも皆で良い知恵を出し合って最高の車を1車種だけ必要な台数作れば良いと思います。本当に無駄が無いし修理もし易いです。理想的な姿になり易いです。


 仏

質問者:
 人間は死んだ後、仏や神になるのですか?

ありがとうございます:
 神道だから神になるのでもなく、仏教徒だから仏になるのでもないです。元々皆神だから神になります。仏(ほどけ)は全ての縛りが解け(ほどけ)自由自在になった全ての神さまをさしてます。宗教によって同じものを指してるのに使う言葉が全部違います。この世から亡くなってこの世の縛りから抜けてあの世の自由な世界に行っただけの仏です。本当の意味は全ての縛りから自由になった悟った人を仏と言います。
 元々本体の自分、神なる自分は自由自在な仏と同じです。この世から抜け出てあの世に行ったらその人の心境に応じた番組に移ります。この世より縛りの多い世界に入る人も居ます。もっと自由な世界に行く人も居ます。

質問者:
 死後行く所はどの様に決まりますか?生前の行いですか?

ありがとうございます:
 行いよりも、その人の心の状態によります。心にどんな思いがあるかです。マイナスの思いが多い人は下の方へ落ちて行きます。思いは言葉によって出来ます。思いの中核になるのが言葉です。プラスの言葉をたくさん使う人はプラスの思いになります。それで番組が上へ上へ上がります。マイナスの言葉は思いがマイナスになり番組が下がります。ただ現実がマイナスいっぱいでもプラスの言葉たくさん使う方が良いです。自分の心はプラスにプラスにです。番組がどんどん上がって良い世界を見て行けます。その中で1番良いのが「ありがとうございます」です。最高の言葉が「ありがとうございます」です。そしたら番組をどんどん上げて貰えます。


 「ありがとうございます」の意味

質問者:
 「ありがとうございます」の意味は?

ありがとうございます:
 「ありがとうございます」は宇宙の大神さまの究極の名前です。神さまの働き全部の中に持ってる言葉です。神さまの働き、徳性、全てを中に持ってる言葉です。それも無限の無限の何々の言葉で中に持ってます。「ありがとうございます」の言葉の中にです。幸せだったら「無限の無限の幸せ」が中にあります。全ての要素を中に持ってる言葉です。たくさんあります。

質問者:
 「ありがとうございます」と唱えたら神さまが助けてくれると考えて良いですか?

ありがとうございます:
 自分が「ありがとうございます」と唱えると神さまに心を向けてる状態です。自然に太陽を見る様な見方になって神さまを見るのです。神さまの方から光がいっぱい降って自分の中に入り込みます。両方から近づいてる感じです。


 神の国

質問者:
 前総理が神の国と発言して批判を受けました。私は天皇が居ますので神の国でも良いと思います。先生はどの様に考えますか?

ありがとうございます:
 本当の神の国はもっともっと高い次元の世界の話しです。

 日の丸

質問者:
 世界の国旗には星、月、剣、と色々あります。日本の国旗は太陽が真中にあります。それに特別意味がありますか?

ありがとうございます:
 太陽で象徴される心は無限に明るい、暖かいとかあります。日本の心を象徴的に表してると思います。日の丸の国旗を日本の国だけの物として限定するのは余り良いことではないと思います。
 地球が本当に理想的な姿になるなら地球の国旗でも良いと思います。良い物は皆に提供すれば良いと思います。最初、日本人は太陽の様な心を生きますで良いと思います。地球の人が同じ様に太陽の心をしっかり出来る様になったら世界の人の国旗で良いと思います。
 神さまのプレゼントは皆に平等に与えられてます。だから自分だけの物として掴んでは駄目です。良い物はどうぞどうぞでお互いに与え合う方が良いです。日本、日の本と言う意味でも根源から表れた本当の素晴らしい物なんでしょう。


 ボランティア

質問者:
 無償で与え、無償で頂く事は本当に大事だと思います。情報の交換も凄く大事だと思います。例えばメールで情報を与える場合直接自分には返って来る物はありませんが、そうしてると自然に必要な物は与えられますか?

ありがとうございます:
 入って来ます。与え尽くす心は神さまの心と1つになります。与えたら与えただけ神さまの方から、それを補充する意味で自分の中から湧き上がる様に出て来ます。アイデアでも無償で与えたら与えた分だけアイデアが湧き上がって来ます。神さまの方から良いもん与え尽されて来ます。人と人の間でも良いもの与えて直ぐに返って来なくても必ず相手に力が付いて恩返しの意味で与え返されます。
 縦と横のプラスの交流が起こります。与え尽くす心は大事です。それをお金に換えるとか求める心を起こすと、神さまは与える心だから神さまとの交流がストップします。求める心と与える心では波長が合わなくなります。呼吸と同じで受けたものは吐き出す必要があります。求める心は吸うばっかりでそれ以上入りません。人と人でも求める心の交流はマイナスになります。お互い疑心暗鬼の心でちょっとでも多く取ろうとします。与える心でしっかり生きる方が神さまからの応援も多いし、人と人の交流でもプラスの交流が起こり必ず皆が幸せになります。

質問者:
 普通の人は何をしたいか迷ってます。メールで情報を与えるだけでも必要なものは与えられる事を友人などに伝えたいです。

ありがとうございます:
 みんな本当は物よりも心がプラスになる情報が欲しいのです。本当の幸せはそうです。必要な物は限界があります。ちょっとだけで良いです。食べ物でも満腹するだけ食べたらそれで終わりです。心を豊かにする情報は無限にあって良いです。それだけ幸せが大きくなります。

質問者:
 伝えるものは自分が喜べるものを伝える事が大事ですか?それが1番相手に伝わりますか?

ありがとうございます:
 そうです。情報の交換、与え合いは最高です。

 現実化する

質問者:
 志、目標、目的、理想は考え方によっては求める心になると思います。それを現実化する為に今を生きる事と感謝の関係を教えて下さい。

ありがとうございます:
 感謝する事によって心が神さまの方へ向きます。そして神さまから必要なものを受け取れます。神さまから受けたものを持って初めて与える生き方が出来ます。色んなアイデアでも神さまから降って来る様に与えて貰い、色んな発明、発見が出来ます。それを持ってる人が世の中に与え尽くせます。
 幸せは神さまから受けてます。幸せな人は回りに幸せを振り撒けます。まず神さまから受けたものを沢山持つ必要があります。沢山持ってる人が与え尽くす量を増やせます。求める心はこの世に自分の立場を置き過ぎてます。不足の状態へ自分を置いてますから求める心になります。求める心では探し回るばかりで与えられません。
 感謝の心はまず神さまの中に飛び込んで神さまから全ての必要なものを受け直そうとしてます。神さまも与えたいので一生懸命与えようとします。良いもの、いっぱい心に感じ取ってそれを生かす事によって現実に良い物がいっぱい生まれて来ます。自分を神さまの側へ戻して与え尽くす生き方を取る事によって神さまの理想がこの世に現実化します。全ての分野でそうです。


 自分の器

質問者:
 大きな事を一度に求めるのではなく、目の前にある小さな幸せを受け続けると考えた方が良いですか?

ありがとうございます:
 必要なものは既に与えられています。感謝に生きる事によってそれに気づいて行けます。気づく事によってそれが本当に自分のものになります。神さまは先を先を見通して必要なものを前もって与えて来ます。それを受け取るだけが大事です。感謝に生きてそれを受けてそれを自分の器に入れるのです。それを与え尽くして行く事によって自分の器が大きくなります。そして循環する量がどんどん増えて行きます。自分が大きくなり人も幸せを大きく受けて行けます。プラスの循環がどんどん大きくなってスピード化する事が大事です。最高理想の姿です。それで自分の中を沢山の素晴らしい物が早く流れて、それだけ自分が豊かに素晴らしく幸せになります。

 自分の意見

質問者:
 自分の意見を余り持たない方が良いですか?

ありがとうございます:
 神さまの心がすっと自分の心に移って皆に必要な幸せを与える意味の意見は良いと思います。神さまから離れたらちょっとズレル可能性があります。自分がこうしたいと言っても人の自由縛ったり相手にとって重荷になったりします。自分だけの我は出しません。一律平等ではないです。神さまの方は1人1人に必要なものを的確に与えようとしてます。そうゆう働きが自然に出て来るなら良いと思います。

 言霊

質問者:
 「ありがとうございます」と心で思う場合と、口に出す場合では、働きに違いがありますか?

ありがとうございます:
 必要に応じて使い分けて下さい。両方大きい力があります。言葉に出してこの世に色んな強い影響を与える事も出来ます。心で深く祈る事によって心の奥で神さまの大きい助けをいっぱい受ける事も出来ます。


 感謝の行い

質問者:
 行いについて教えて下さい。

ありがとうございます:
 言葉と思いと行いは本当はワンセットになってます。本当は区別が難しいです。言葉にしたら必ずそれが思いになって形に自然に出て来ます。まず言葉選びが大事です。後は言葉に従って心が出来上がって具体的な形、行動に表れて来ます。


 恐怖心

質問者:
 自分自信は自分の好きな事をしてるつもりでも、恐怖心が常に付きまといます。チャンスが来ても恐怖心で1歩を踏み出せない自分が居ます。ただ感謝が足らないのでしょうか?

ありがとうございます:
 感謝をしてる時は思いが出なくなります。感謝する事で思いが消されて行きます。思いが心に溜まってる状態の時は感謝を忘れた期間が長かったのです。感謝を忘れると思いが蓄積されて行きます。古い物が溜まって行きます。感謝は新しい物との置き換えだから古いもんどんどん消して貰えます。心に思いが溜まってる時は感謝を忘れた為にそうなってます。その思いが恐怖心に変化します。色んなマイナスの現実の姿になって表れては消えて行きます。
 マイナスの思いを消して貰うにはもう1回感謝に戻れば良いです。「ありがとうございます」と唱えるだけで良いのです。唱えるだけでマイナスの思いをどんどん消して貰えます。心が明るくなって自然に感謝出来る様になります。湧き上がる様な感謝の状態に変えてくれます。全てプラスプラスに受けて行けます。

 親子関係

質問者:
 感謝する事で親との問題も消えますか?

ありがとうございます:
 全部消えて仕舞います。

質問者:
 感謝の心を持ってたら親に伝わりますか?

ありがとうございます:
 仮に形がマイナスでも自分はプラスにしか受けられなくなります。形も全部プラスに置き換わって行きます。全てが好転します。「ありがとうございます」を唱えるだけで、ちょっと練習するだけで良い結果が出て来ます。みんな感謝に生きる事を忘れてただけです。感謝に生き始めたら神さまの大きい助けがどんどん来て全てが必ず良くなります。そうゆうのを1回試して見るのが良いです。色んな奇跡をいっぱい見る事が出来て、感謝する事は正しいなと分かって来ます。


 おおらか
質問者:
 感謝する事でおおらかな人間になれますか?

ありがとうございます
 無限に無限におおらかになれます。

 「ありがとう」

質問者:
 「ありがとう」と唱えて良いですか?

ありがとうございます:
 良いです。「ありがとうございます」の方が良いです。「ありがとうございます」と心で唱え続けてたら良いです。

 神さまのプレゼント

質問者:
 人の為に何かする必要がありますか?

ありがとうございます:
 「ありがとうございます」を唱えることは大きい皆へのプレゼントです。神さまの大きい働きを1人1人にプレゼントしてるのと同じになります。人の為にと思わなくても良いです。「ありがとうございます」を唱える事で自分に縁ある人にまず大きいプレゼントが贈られます。神さまが自然にしてくれます。


 真理を学ぶ

質問者:
 真理を学ぶ事は「ありがとうございます」を唱える事と同じぐらい大切ですか?

ありがとうございます:
 そうです。
神さまとか宇宙の仕組みとか大きく全体を見る意味で必要です。全体の中で部分的な働きをさして頂きます。部分に巻き込まれると気持ちが小さく狭く落ち込みます。全体との活かし合いの交流を忘れて仕舞います。神さまとか宇宙全体とかの大きい仕組みを考えてると本当に宇宙全体が活かし合い助け合いの大きい交流が行われている事に気づきます。自然な生き方の中で宇宙全体から助けて貰っています。自然に恩返しの心で無理のない事をさせて頂く生き方に変わって行きます。自分の働きが本当に必要な働きになって全体に与えて行けます。だから両方大事です。

 寿命

質問者:
 ある程度、寿命は人によって決められてますか?

ありがとうございます:
 この世の寿命はある程度定めて貰らう必要があります。永遠に続くでは努力しません。この世でないと出来ない事があります。期間を決められたら真剣になります。ある程度の寿命は決められてます。ところがその寿命が分かって仕舞うと分かって仕舞った事で心が縛られて仕舞います。後1日しか無いと思うと大変です。まだ寿命があると思うとのんびりして仕舞うかも知れません。寿命なんか分からずに今日1日充実した生き方をしっかり、さして貰う方が良いです。人によって寿命の長短があります。
 寿命が長い人はこの世の方が幸せを大きく出来るから伸ばして貰っています。寿命が短い人はこの世よりあの世に行って別の勉強をする方が早く幸せになるので寿命が短いのです。全部プラスになる様になってます。この世で与えられた寿命を本当に活かせるかが1番大事です。与えられた寿命を最高に活用出来る様に寿命が分からないのです。


 人生を振り返る

質問者:
 人間が死んだ時は一生を見せて貰えるのですか?

ありがとうございます:
 亡くなってあの世に行ったら一生を振り返って勉強させて貰えます。そして自分の行く番組の世界に導いて貰えます。低い番組に行く人でも直ぐには行きません。一応高い所を見せて貰います。ここが良いかと聞いて来ます。でも波が合わないとそこに居ずらいです。結局自分の波長に合う番組に落ちて行きます。

質問者:
 死んでから一生を見せられて次の番組に行くまで時間が与えられますか?

ありがとうございます:
 勉強して気づく時間は与えられます。人によって時間の感覚が変わります。その本人にとって1番良い様にしてくれます。仮に地獄に落ちるとしても無理やりはないです。一応良い世界見せて貰ってここに居ても良いんだよと言われても、自分だけ地獄に落ちる様なもの持ってて極楽世界に置かれても辛いのです。順番に世界を下げて行き、やっぱり自分が落ち着くとこに行きます。そこで色々勉強する事によって色んな番組を見せて貰った事が活きて来ます。そして順番に上がって行こうとします。神さまの方はちゃんと見守ってくれます。

 神さまに与える

質問者:
 神さまに与える事も与える事ですか?

ありがとうございます:
 神さまに与えるはお返しする恩返しの意味です。より新しいものを受け続ける為に古いものをお返しする様な与え方と思います。人への与え方は神さまから受けたものを与える意味です。神さまは全体だから回りに与えるのも神さまへお返しする意味になります。

質問者:
 神さまに与えるは「ありがとうございます」と唱え感謝する事ですか?

ありがとうございます:
 そうです。それが1番大事です。それが1番根本の与え方です。受ける事と同時に与える事になります。

 輪廻転生

質問者:
 生まれ変わる時他の星に行くと聞いたことがあります。本当ですか?

ありがとうございます:
 色んな星の世界に行くとしても、地球と同じレベルではないと思います。違うレベルの世界の星と思います。それも言葉通りその人が選んで行きます。その人が使う言葉通りの番組が全部用意されてますから、そうゆう運命になります。そんな風に言葉で限定しない方が良いです。自分の行く世界は無限の幸せいっぱいの最高の世界と思えばそんな世界に行きます。色んな言葉に惑わされて縛られたらそんな世界から抜け出せなくなります。言葉の縛りが1番きついです。もっと無限に素晴らしい世界が沢山あるから、もっと言葉を自由自在に駆使して良い言葉を使いましょう。


 マイナスの言葉

質問者:
 TV、新聞などで殺人の言葉をよく目にします。その言葉に意識を向けない方が良いと思います。どう思われますか?

ありがとうございます:
 本当はそうです。お祈りして感謝して神さまの世界に心向ける方が良いです。この世もプラスへプラスへ早く変化します。


 あの世に行っても

質問者:
 この世で「ありがとうございます」と感謝してたら、あの世に行って番組が上がりますか?

ありがとうございます:
 上がります。とんとん拍子で高いとこに上がって行きます。

質問者:
 人が亡くなる時、目が遠くを見る様な目になりました。その時は神さまが迎えに来て安心して無の境地になって上に昇ってる状態ですか?

ありがとうございます:
 肉体の姿では分からないです。目を閉じてその世界に行ってる人もいます。その逆の時もあります。表面は鬼の様な形相で苦しそうな姿でも、あの世では良い世界に上がる人もいます。魂が肉体から抜ける状況は余り囚われない方が良いです。楽に死んだから良いとこに上がるとは決まってません。苦しい目にあってあの世に行って番組が落ちて行くとも限りません。苦しい姿をとって大きいマイナスを消し切って高い世界に上がる人もいます。楽に死んでマイナスを清算せずに番組を落ちて行く人もいます。
 どっちにしてもプラスに思いプラスの言葉を投げかけるのが良いです。マイナスに思うとマイナスを相手に被せます。安らかに亡くなったら良い世界に行けて良かったと思いましょう。

質問者:
 それを見取る時は「ありがとうございます」と投げかけると、安らかに行かれますか?

ありがとうございます:
 「ありがとうございます」と、その言葉を贈るのは最高のプレゼントです。どの世界に行くにしてもさらに大きいプラスを与えて貰えます。

 遺伝

質問者:
 遺伝について教えて下さい。

ありがとうございます:
 親から子へ、子から孫へと言いますが遺伝は1人1人独立しています。まずその親の元へ生まれる時に子供は親と同じものを持って波長が合って生まれて来ます。親と同じものを持ってるから生まれて来ます。孫も同じです。

質問者:
 親が良くて息子が悪い場合はどう考えたら良いですか?

ありがとうございます:
 本人1人1人の問題です。本人が変わったら遺伝が伝わりません。先祖のせいではないです。もし自分に同じものが無かったら絶対にマイナスは出て来ません。マイナスを自分の代で消しきったら絶対にマイナスの遺伝はしません。全部自分で決めて選んで来てます。親がマイナスの姿をとってても、その影響を受けない自分になりましょう。もし親がマイナスを持ってても、自分が過去生でマイナスの姿を持ってたと言えます。今の自分がお祈りして感謝して神さまにマイナスを消して貰ったら全部消えて無くなります。親がマイナスの姿だから自分がマイナスの姿を表す必要はないのです。

 宗教

質問者:
 宗教の信仰についてどう思いますか?

ありがとうございます:
 これからは色んな宗教団体に入るのではなく、本当の神さまに繋がりましょう。「ありがとうございます」唱えて本当の神さま繋がって本当の幸せを与えて貰いましょう。宗教団体とか教えは模型みたいな物で、本物ではないです。本物の助けは「ありがとうございます」で受けるのです。

 天国か地獄か

質問者:
 ヒットラーは天国か地獄のどちらに住んでいるのですか?

ありがとうございます:
 みんな言葉でその通りの世界を作り出してます。ヒットラーも天国にいると思えば天国にいます。悪い事したから地獄に落ちてると言ったら、そんな番組が用意されてます。自分が最高のものを見たかったら皆光輝いてる、極楽世界にいると思いましょう。皆地獄に落ちてるなんて嫌です。

 祈り方

質問者:
 神さまに繋がるには特別に時間を作りお祈りをする必要がありますか?

ありがとうございます:
 元々神さまに繋がってます。繋がってる確認の意味で「ありがとうございます」を唱えるのです。座ってするのも良し、時間とってするのも良し、寝ながら「ありがとうございます」唱えるのも良し、夢の中で「ありがとうございます」でも良いです。何か仕事をしながらでも良いです。時間、形式に囚われずに自由自在で良いです。神さまの方は一体化して助け続けてくれてます。
神さまと一体化してる事を気づく為に「ありがとうございます」を唱えるのです。


カウンター
0.1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.32.33.34.35.36.37.38.39.
40.41.42.43.44.45.46.47.48.49.50.51.52.53.54.55.56.57.58.59.60.61.62.63.64.65.66.67.68.69.70.71.72.73.74.75.76.77.78.79.
80.81.82.83.84.85.86.87.88.89.90.91.92.93.94.95.96.97.98.99.100.101.102.103.104.105.106.107.108.109.110.112.113.114.115.
116.117.118.119.110.111.112.113.114.115.116.117.118.119.120.121.122.123.124.125.126.127.128.129.130.131.132.133.134.135
.136.137.138.139.140.141142.143.144.145.146147.148.149.150.151.152.153.154.155.156.157.158.159.160.161.162.163.164.165.166.167