ar86過去を全部神さまにお返しして消してもらう2002.8.9

☆会社をやっているので、質問の時に無意識によく・・社長としてとか経営者としてとかいう癖があるんですけど、これもやっぱり自分の中に縛りがあるということでしょうか?

ーありがとうございますー
 ありますね。自由自在で何もないのがいいですね。

☆それをとる為にはどうしたらいいですか?

ーありがとうございますー
 過去を全部神さまにお返しして消してもらうのがいいです。神さまの中から生まれてきた自分というと自由自在で無限の能力を持って何でも出来る自分です。だから一瞬一瞬会社の社長として生きたらいいんです。過去を掴むとズーッと会社の社長をしてきたというような感覚でしょう、そこが問題なんです・・・縛られていると言うのも。今の一瞬会社の社長であったらいいわけです。新しく新しく受け直して自由になるんです。

☆私はその一瞬一瞬なかなか社長の奥さんになれなくていますが、どうしたらいいでしょうか?

ーありがとうございますー
 一瞬一瞬いろんな役割を演じたらいいじゃないですか。だんだんと自然になってきますよ。ありがとうございますを唱えているうちに自然な中にいいものがどんどんと出てきますから、ぎこちなさが消えます。

☆ありがとうございますを言い始めてまだ1ヶ月なんですけど、ありがとうございますを言っている間にいろんなことが浮かんで出てくるんですが・・・?

ーありがとうございますー
 ありがとうございますを唱えているうちに過去の記憶なり思いなりを全部消してくださるんです。浮かび出た時が消すチャンスなんです。だからどんどん消してもらってありがたいなという気持でますますありがとうございますと言えばいいですね。

 てんかん症状

☆知人と会話中に相手が突然悲鳴をあげて形相も変わってしまって、てんかん発作のような感じで2,3分で元に戻ったので、本人に聞いたら気候によってそういう事があるということで、その日は暑い日でしたが・・実際のところどういうことが起こったのか教えていただきたいんです。

ーありがとうございますー
 てんかん症状というのはみんな多重人格ですね・・何かのショックを受けたとき、普通はひとつの肉体をひとつの魂が利用するんですけども、ある時ショックで魂がいったん抜けるでしょう・・そのあとへ他の霊魂がその肉体に入り込むんです。それで二人とか三人の霊魂がひとつの肉体を使うようになるんです。それである程度バランスをとって生きてきていると、何かの時にひとりスッと抜けただけでバランスを崩すんです。てんかんのショックで倒れる時は大抵一人の霊魂が抜けた途端に・・支えきれないんですね、普段は二人で支えているのを一人抜けただけで力がなくなるんです。そういう感じで多重人格的で・・だから顔が変わるんですね。またそういう人は他から霊魂が入りやすいということもあるんです。一人抜けたらまた別なのが入ることもあるので極端に多重人格になる場合も多いです。

☆それは心の中で本人は改善しようと思うんですか?

ーありがとうございますー
 本人がやっぱり弱いんですね。入ってきたら押しのけたらいいのに、ちょっと気が弱い優し過ぎるのかな・・他の霊魂が入り込んでも、狭いのに窮屈なのに一緒の部屋にいるような感じね。本人が強くなったら押し出せるんだけど。
 一貫性がなくなるでしょう、人格的もころころ変るから・・ある時、別な霊魂が表面に出てくるとその霊魂はまた別な考えで意思で動くでしょう。それでその霊魂がちょっと離れると・・全然覚えていないですね、約束も忘れているから。気候も小さい影響もあるかもしれないけど、言い訳かもしれないですね。
 ありがとうございますは本来の調和した姿に戻そうとする働きだから、あとから入った霊魂はやっぱり居づらいです。もともとの霊魂の方がしっかりしてくるから、おとなしくなる可能性もありますね。

☆今のお話で、気が弱いとか優しいというのを強くする為にはどういう方法があるんですか?

ーありがとうございますー
 一番いいのはありがとうございますを唱えていると、必要に応じてスッと強い力を降ろしてもらうでしょう。いつも強いばっかりじゃ嫌がられるから必要な時に強くなればいいですね、だから神さまの力が必要に応じて出てくるというのが一番理想的ですね。ありがとうございますを回数を唱えるほと強くなるんです。

☆知人の娘さんも、例えばドアを開けようと思うともうひとつの声が聞こえて逆に2回まわしてから開けろとか・・で、そうしないと状態が悪くなるというんですが、それも同じようなものですか?

ーありがとうございますー
 てんかんとまでは行かないけど、そういう場合ちょっと強い憑依現象かもしれないです。いろんな霊魂の影響を受けるという意味で。
本当はそういうのが聞こえない方が楽ですけど、やっぱり波が合うから聞こえるんだけど、そういうのに波の合わない方法というとやっぱりありがとうございますですね。波が合っていても合わないように神さまの方で変えて来るんです。必要なだけが判るのがいいから。

 自閉症・知的障害

☆知り合いに自閉症・知的障害と診断されている小学校1年生の息子さんがいて、学校でポケットにいっぱい砂を入れられたり持ち物にたくさん落書きをされて、親から見るとあきらかにいじめなんですけど「お友達がこんなにいっぱい入れてくれたよ。ありがとう」とか「お友達がこんなにいっぱい書いてくれたよ。すごいですよ、おとうさん」とか・・で、お父さんも毎日目からウロコで、それをいじめと見てしまう自分たちの方がもしかしたら歪んだ生き方をしていたのかもしれないと・・・。そういう子なんかは問題ないんでしょうか?

ーありがとうございますー
 感謝のできる子は全部プラスに受けますね。かたちに捉われない・・全てのかたちをプラスにプラスに受けるから、それが一番幸せなんです。心が自由なんですね。

 感謝のほうを優先させた方がいい

☆車で街中を走っていると住宅地の中にたまに「マンション建設反対」という横断幕を見るんですけど、以前のお話で水に感謝した人は水の豊かなところに生まれると・・それに関連するか判らないんですけど、そこに住む人達は反対運動でなしに、先に太陽に感謝する心を持つ方が・・と、ふと思ったんですが?

ーありがとうございますー
 先に感謝していたらみんな自分に合わして調和してくるから、それでいいようにいいように運命が変るんだけど・・・マイナスを掴んで反対運動をしたらそういう運命の中に自分が入り込んでしまう縛られてしまうから、結局マイナスが増えてしまいますね。やっぱり感謝のほうを優先させた方がいいです。絶対よくなります。

☆子供が野球をしていて先生や監督の皆さんが一生懸命やってくださっているのですが、父兄の中に、もっとああしたらとか、練習はこうしたら・・という方もあって、子供達が勝ったり負けたりということもあるんですがそういう現象のところで話をするとそういうことになるんだと思うんです。でも監督や先生に感謝しながら、父兄も一生懸命応援する気持をひとつにしてやっていくことが結果的に子供達がいい形になるために見えないところから動いていくことになるんでしょうか?

ーありがとうございますー
 普通は先に現実を掴んでしまうでしょう、過去を掴んでいる心というのは思いの心ですね。思いの心でいろんな願いを出すんです。それで願い通りならないと苦しむんでしょう。思いの心で掴んだものは必ずマイナスになっていきますね。いくらよくしようと思ってもマイナスになっていきます。でもちょっとでもプラスに見る感謝の心だったらプラスに変化するんです。だから神さまから一瞬一瞬何を受けるかという気持ちで感謝していく方がいいです。そうすると現実を変えるんじゃなしに、いいものを受けてそれを置き換えてもらうんです。いくらでもいい姿がどんどん降りて来ます。もともと子供はみんな神さまの現れだったら天才だし、最高に素晴らしい姿をとるんだからそれを受けようとする方がいいです。過去の姿なんてもう相手にしなくていいから、いい姿だけを変化して見せてくださる訳だから、あれこれ言うよりも感謝して受ける心になっている方がいいです。

☆そういう・・あれこれ言ってくれる人には「ありがとうございます」ということでそういう人たちも変ってくださるのでしょうか?

ーありがとうございますー
 そういう現実は相手にしない方が掴まない方がいいから、すべてありがとうございますと神さまからいい姿だけ受けたらいいです。周りの姿全部をみんないい人ばっかりという感じで受けていたらつまらないことを言う人は消えていきます。

☆7月の惟喬親王祭に来ることが出来なかったのですが、それを振り返って何かお話いただければ・・・。

ーありがとうございますー
 だんだんと働きが大きくなっているみたいで神さまの応援が大きく降りているみたいです。写真を撮ったのでも光の柱とか・・いろいろ面白いのを見せてくれますね。

 涙

☆涙にもうれしいとか悲しいとかありますけど、涙の働きについて教えてください。

ーありがとうございますー
 涙は神さまの浄めの働きです。だから悲しい時、淨めてもらったら悲しみを消してもらったら涙が流れます。本当に悲しい時は涙は流れないですね、悲しみがずっと続くでしょう。まだ淨めの働きが加わってないんです。淨めの働きがふっと加わった時、悲しみを消してもらったら涙が溢れるんですね。だからその思いを大きく消してもらったら、悲しみだけじゃなしにいろんな思いを大きく消してもらったら淨めてもらったらもの凄く涙が流れますね、滝のように。それで感謝の心がスッと湧き上るようになってくるんです。だから涙は流れるほどいいんです。涙はどんな涙も光っていますね。悲しみじゃないです、光っているんですね。ただ悲しい時によく泣くから、それはもう淨めてもらって涙が流れるだけです。

 聖徳太子

☆聖徳太子が馬小屋で生まれたというのは何か意味があるんですか?

ーありがとうございますー
 やっぱりそういう場を選ぶというのも、あまりきらびやかな世界に生まれたくないんです・・キリストもそうですね。だから謙虚な立場に自分を置いて神さまの働きを大きくさせていただくという人は最初からあまりきらびやかな中に生まれたくないんですね。隠れて隠れてというような感じで、そういう謙虚な生き方の神さまがあの御陵に応援に降りているんです。本物を現す生き方というのは謙虚にならないと本当の神さまがスッと降りて助けてくれないです。自分が偉いんだとか自分がこうしたいという願いを出すと、神さまは遠慮してスッと引っ込んでしまいますね。
 だから謙虚な神さまほど本当の宇宙の大神さまから助けを受けやすいんです。特に世界に本物をこれから発信する場所としてあそこは選ばれているから本当に謙虚に感謝する人が大きい助けを受けて力を発揮するんです。それを応援する意味で最高級の神さま、無限に謙虚な働きをする神さまが大勢護っています。それでこういう写真のような光の柱がサッと降りるんです。
 これはそういう一例です。そういう神さまがいっぱいいらっしゃる・・本当に天地を貫く光の柱になれる神さまがいっぱいいらっしゃるんです。そういう神さまがみんなを助けて応援してくれているから感謝が深くなる・・あそこはそういう場所ですね。聖徳太子はそういう生き方を自分も選んで生きている人だから素晴らしいですね。

☆もうひとつ聖徳太子は一度に何人もの人の質問に答えると言われていますね。それについて・・・。

ーありがとうございますー
 肉体の聖徳太子さんが何かするのじゃなくて、背後の大きい神さまが自由自在に使うから神さまのすることはもう、何でもできるんです。ちゃんと質問にも答えてくれるし、口に出さない質問にも答えてくれるし・・心を読み取って先に答えてくれますね。

 必要なだけをさせてもらうのが一番いい

☆自分では今一生懸命ありがとうございますということと、気付いたことは全部やろうと思っているのですが、まだやれることをやってないのじゃないかという気持がひじょうに強いんです。こんなんでいいのかな幸せでいいのかなと思うんです。

ーありがとうございますー
 幸せでいいんですよ。必要なだけをさせてもらうのが一番いいですね。全体にとって何が一番必要かというのを神さまがよく知っていてその必要なことを必要なだけさせてもらうのがいいです。人の分までとったらダメですね。もし時間的な余裕とかいろんな余裕が持てたら、さらに感謝を深める方に時間を使う方がいいです。ありがとうございますを1回でも多く言える方がいいですから余裕のあるときはそっちへ振り向けたら・・ね。

☆必要なだけをやるとか人の分をとってはダメ・・と今おっしゃったのは、お願いされたり頼まれた時は受けてもいいけど、それ以外はなるべく余計なことを言ったり余分な手出しをしないほうがいいという意味に受け取って構わないのでしょうか?

ーありがとうございますー
 それも必要だったらお節介を言うかもしれないし人の分を奪ってする時もあるかもしれないですけど、それが自然に自由にできるのがいいです。最初から決めておいてするのはちょっと捉われになるから、その時その時自由に必要なだけさせてもらうのがいろんな姿をとっているという、それは別にいいんです。

 これからの時代は農業とか林業とか大事

☆これからこことかにいろんな人が来れるように・・ということですか?

ーありがとうございますー
 そうです。大勢の人が来てあそこで神さまの助けを受けやすくなるように活動もいろんな幅広い分野で活動が進むと思うんです。それも自然にどんどんいいように変化すると思うんですけど、これからの時代は農業とか林業とか大事です。大自然を相手にする生き方にやっぱりお金を絡ませない方がいいと思うんです。農業はお金儲けにしたらダメですね。神さまへの感謝の心で奉仕でさせてもらうのが一番理想ですね。みんなどんな仕事についている人も週一日くらいはボランティアの心で農作業に携わるのがいいと思うんです。そしていろんな作物を作ってみんなを幸せにする為のものをどんどんいいものを作って分け合えばいいですね。
 それをお金で取引するからおかしくなるんです。
神さまから与えてもらえるものはお金では買えるものじゃないです。人間の作ったものは別に構わないんです、人間同士でお金を絡ませてやり取りすればいいですけど・・大自然を相手にするときはお金は絡ませない方がいいみたいですね。同じレベルじゃないですね。だから学校も休みが増えたし子供の時から週一回か二回農作業に携わるのがいいですね、そうすると神さまへの感謝も深くなります。自分で作った食べ物って本当にいいですよ。これからそういう意味で農作業に携わる人や山の中で入って山の整理なんかをしながら森林浴をして自然に親しむ人が増えないと・・でなかったら山でも荒れ放題ですものね。
 もっと人間が入って手入れしたらもっとよくなるのに今だったらもう、入る道もないです。果樹でもいっぱい植えて、行って採れるくらいにしたらいいのに。きのこでもいっぱい生えたら面白いですね。ちょっと手入れすれば出来るのにね。

 動物って特に人の身代わりになる場合が多い

☆自然の動物と人間が生きていく過程のトラブルとして、テレビなどでよく農作物が荒されるというのを見ますが、そのへんはどういうふうに・・?

ーありがとうございますー
 人間の方が先に山を荒らしているんです。それは因縁因果ですね・・本当は動物って可愛いでしょう、神さまが動物の姿をとって人間を幸せにするために生まれているから人間の方が動物に餌を与えるくらいの気持でどんどん山に食べられる木の実を食べられるような木をたくさん植えてあげたらいいんですね。そうしたら畑を荒らしには絶対来ないです。サルが全滅していなくなったら寂しいですよね。ちょっとは増えた方が楽しいです。全ての動物もそうです、人間を幸せにするために神さまがいろんな姿になって出て来ているんだからそれをプラスに受けて感謝して何か恩返しをしないと・・・。

☆農業や林業に子供達だけじゃなく携わることは、意味があるんですか?

ーありがとうございます
 大事ですね。大自然に親しむという意味でも・・やっぱり天地の恵みというのを感じ取らないと。本当に農業でもそうですけど機械化しないでいいんです・・・手作業がいいですね。本当の神さまの愛を感じるのは手作業で一生懸命した時です。神さまを感じる勉強になります。稲ひとつでもそうです、人間は何にもしてないけど・・勝手にお米がなるんですね。人間が作るんじゃないですね、神さまが育て上げて与えてくれるんですね。だから昔のお百姓さんは神さまをよく判った感じた・・感謝が深くなっていったと思うんです。でも最近はお金儲けを目的にするから機械化して大型化してといっても、美味しいのは出来ないです。だからお金は絡ませない方がいいですね・・とくに農業はね。

☆動物が神さまの現れというお話で・・家に11年飼っている猫がいるんですけど、今は亡くなった祖母が前に急に喘息とか鼻炎になって体がボロボロになってしまった時に、野良猫で入ってきて同じような症状の猫だったので思わず飼ったら段々元気になってきて・・今はもう、内心すごく助けてもらったかなと・・・。

ーありがとうございますー
 そうですね。動物って特に人の身代わりになる場合が多いですね、身代わりになって助けてくれるんです。それもやっぱり深い縁があって・・過去世の縁もあるし神さまの方からの縁で新たにそういう姿で出て来て助けてくれる時もあるんですね。

 感謝と奉仕の行はセット

☆先週から奉仕作業をしたんですけど・・・気持がいいのは何ででしょうね?

ーありがとうございますー
 感謝と奉仕の行はセットになっているんですよね。呼吸と同じで、吸う息・吐く息と同じですけど、感謝のほうは受ける吸う息という感じですけど吐かないと新しいのが入ってこないですね。だから神さまの何かお役に立つお手伝いという気持で恩返しの奉仕というのが一番大事なんですけど、それをすると新しい神さまからのプレゼントを受けやすくなっているんですね。いつも新鮮な気持がスッとでてくるんです。だから奉仕をして感謝のお祈りをすると深くなるんです。普通は教えを受けるのは求める心で受けるでしょう、その時は判った・・とちょっとはありがたいという気持になるんですけど求める心が先にたっていますね。それで感謝を深めようとするんですけど・・まあ、ちょっとは深まっても深まりにくいです。でも奉仕というのは先に与える心を生きてる恩返しの心を生きているので、その後はやっぱりスッキリした心で感謝が自然にスッと深くなるような感じでさせていただくので、そのセットでするとやっぱり感謝というのはどんどん深まります。

 お祈りの効果

☆車でここへ来る間、お祈りのテープを聞きながらクーラーが効かないんですけど暑さとかあまり感じないで気がついたら着いていたんですが、車の運転をしながら・・そういうことはいいんでしょうか?

ーありがとうございます
 いいですよね。運転している時は自分がお祈りしていたら運転は守護霊さんがするんです。絶対大丈夫です。

☆途中でふとメーターを見たら、オーバーヒートの一歩手前だったんです。ちょうど料金所のところだったので、開いて20分くらい休んできたんです・・それもちょっと不思議だったんですけど・・・。

ーありがとうございますー
 そうですね、ちゃんといいところで止まれるようになってますね。気付くのが遅れたらダメでしょうけどちゃんと一番いい時に気付くようになってますね。

☆ありがとうございますを言い始めたばかりで、通勤の電車の中でもやろうと思うんですが何回できたとかいうことにとらわれていますし、あまり感情がなくてただ、ありがとうございますと繰り返すだけなんですけど・・・。

ーありがとうございますー
 それでも最初はいいんです、ありがとうございますという言葉に集中していればね。そのうちに神さまとの対面という感じでいろんな感じ方を神さまの方がさせてくださるんで感動が新たに新たになってきます。

☆夕べ義理の姉が、トラブルに巻き込まれていて電話をしてきまして・・いろいろ聞くうちに、私たち夫婦はいろんなことに行き詰まったり悩んだりしている時に、ありがとうございますと言っていると気が落ち着くし気が休まるからそう言っているんですよと言ったんです。そうしたら「ありがとうございます」と電話を切られたんですが、自分が詰った時にいい言葉・響きなんでしょうね・・今は何も質問しなくても、ここへ来て皆さんのお話を聞いているだけで安らぐんです。

ーありがとうございますー
 ありがとうございます。

 無為に生きる

☆最近、五井先生の「無為に生きる」というのを読んだんですけど・・そのへんからお話をしていただけたらと・・・。

ーありがとうございますー
 無為は何も為さないという意味ですよね。是は肉体人間智で計らい心で何もしないということです。普通は人間は神さまの働きを邪魔しているんですね、あれこれ思って心配したり先のことを取り越し苦労したり邪魔ばっかりしているんです。だから無為というのは邪魔さえしなかったらいいという感じです。邪魔をしなかったら神さまの御心のままにいいものがどんどん降ってくるようにこの世に実現してくるんです。だからその邪魔をしないで、神さまの計らいに任せていくというのがいいですね・・それが老子さんの言う本当の意味の無為に生きるという、これは空に生きる・全托と全部同じなんですけど結局は無為の生き方というのは感謝の生き方です。感謝していると余計なことを思わなくて済むんです。邪魔しなくて済む、また神さまの助けを受けやすくなっているという意味で・・感謝の方が無為より上かもしれないですけど。

☆何もしないということは思いを出さないということですか?

ーありがとうございますー
 そうです、過去を掴んで思いに捉われなかったら神さまの方はいいものと、どんどん置き換えてくださるから良くなるばっかりなんですね。

 こんなに軽く済ませてもらってありがたい

☆はがき道の坂田さんがトラックから落ちて、おじさんとよく似た状態になったんですけどあれはやはり感謝を深めるための・・・?

ーありがとうございますー
 そうですよね・・私の方は4メーターのところからコンクリートの上に落ちたんですけども、それでも打ち所が悪かったら・・いろいろありますよね。いろんな勉強があるんですよね。本人だけじゃなしに周りも含めて幸せになるためのいろいろな勉強が用意されているという感じですよね。だからマイナスに見るようだったらまだ感謝がたりないですね。またそれを早く治したいと思ったらまた感謝が足りないという・・不足を言ったり自分勝手な願いを出すということはね。
 ああこんなに軽く済ませてもらってありがたいありがたいと喜び続けて本物です。本当だったら背骨が折れて、うまく行かなかったら一生寝たきりかもしれないし、それをこんなに軽く済ませてもらってと本当だったら飛び上がって喜ばないとね。またどんな痛みがあっても、地獄の痛みをこんなに軽く済ませてもらってと喜べたら本当の感謝業ですよね。普段何気なしに当たり前という感じで生きているとなかなか感謝は深まりにくいでしょう、それがそういうキッカケがあるとマイナスへの感謝が行き届いた時に初めてプラスの感謝が深まるんですね。だから時にはそういうのもあってもいいんです、感謝ひとすじになるためにいいチャンスを与えてもらえるんです。
 普通、背骨を痛めるのは根本を忘れているんですね。一番大事な根本、バックボーンが崩れているんです。それは何かというと神さまに生かされているという一番大きな感謝業が充分じゃないんですね。これは過去世からの自分の行き方の中でそういうものが残っていると、それを見せてくれる気付かせてくれるという一面があります。
 私の場合は自分のと違うんですよ・・皆の分を振り代えた時にそうなるんで、だから一瞬にでも必要なくなったらサッと消えてなくなるんですね。普通はなかなかそこまでなれないですね、人の分まで振り代えてというのはなかなか大変だからちょっとは時間がかかるかもしれないけど、だからいろんな意味の勉強気付きがあって必ずプラスになることは確かです。それをキッカケに深く神さまに心を向けて感謝を深めたら治るのも時間が早いですね。

 生まれると同時に消される−宇宙創造の鉄則

☆神さまも厳しいな・・と、今思ったんですけど・・・。

ーありがとうございますー
 逆ですよ。感謝が深まりにくい時は深まるようにしてくれる、やっぱり神さまの優しさです。大きいマイナスを軽く消してあげようというのもあるし、気付かないところを早く気付かせて感謝を深めるようにしてあげようというようないろんな意味合いから優しいですよ。それで周りの人からの愛念もよく感じられるでしょう、いろんな助けを受けてありがたいなという気持になりますよね。
 普通は順調に行った時はダメなんです。一瞬一瞬受け直しての順調はいいですけど過去を掴んで順調にいって有頂天になっているというのはやっぱり思いの世界で流されている感じですから。一瞬一瞬神さまから受け直してそれが続く順調さはいいんですよね。だから惰性に生きている時はちょっとショックを与えてもらってパッと目覚めないと・・その方が大きい幸せを与えてもらえるんですね。神さまが新しいものを創造して現していくでしょう、それが消えなかったら次のものが出てこれないですね。いっぱいになってしまう・・どんどん生み出されて現れていっぱいになってしまったら、こんがらがってしまいます。だから必ず現れたら消し去っていくという働きがないと新しいものが生み出せないです。神さまはそういう意味では新しいものを受けたら必ずそれをすぐにお返しして消してもらいなさいというふうに言ってくるんです。だから過去は絶対に掴まないというのが一番理想です。神さまはいつも新しいものを生み出しては消し去ろうとするんです。掴んでるものでも無理矢理消し去ろうとするんだけれども人の自由意志も尊重しあまり厳しくも出来ないので、それで古いものを掴んでいる時はそれなりに仕方がないなという感じで、掴みたい人には時間の感覚をちょっと長く感じさせて長い時間持っていたという感じで消してくれるんです。そうしたら満足して放せるという・・・でも本当は一瞬に消されているんですけど時間の感覚が変るわけです。長びいたという感じで感じるのでそれでちょっと満足を与えて消しているんです。でも必ず消されてしまうんですね。 それで新しいものが次から次へと生みだされているわけです。だから生まれると同時に消されるんです。その繰り返しでどんどん新しいものが生まれていくのでこれは宇宙創造の鉄則みたいなものです。それでなかったらもう、めちゃめちゃです。

☆捉え方として、人が亡くなったのでもそれを悲しいと見るのかおめでたいと見るのか、その辺の見方もマイナスに見るかプラスに見るかという・・・。

ーありがとうございますー
 人が亡くなったというのでも過去を完全に掴みきっていますね。掴んだ心でそう見ているだけです。本当は一瞬一瞬新陳代謝をし姿形は変わっているんです。古いものは消されて新しいものが生まれているんですけど、毎日どころじゃないですね・・一瞬一瞬死に切って一瞬一瞬生まれ変わっているのに気付かないという、やっぱり鈍感なんですね。だからその気付きを与える為に大きい節目としては消えたというのを確認させないと、だから執着して掴んだものは必ず消えるんだというこの勉強が大事なんです。それでズーッとは続かない、必ず節目節目で目の前から消してくれるんです。それも一瞬一瞬生まれ変わっているという勉強の為で、それも小さく掴むほど捉われやすいからできるだけ心を拡げる勉強もあるんですね。大きく受けたらたくさん生まれ変わってくるから少々消えてなくなっても捉われないです。大きく見ている時は新しい人がいっぱい生まれてくるのに死んで行く人を相手にしないです。
 小さく掴むから執着して捉われていくんで、だから気持を大きく広げるというのも神さまの恵みをたくさん受けるという意味で必要なので、だからいろんな意味で執着しないように小さく掴まないようにと勉強させてくれるんです。それでなかったらズーッと永遠に生き続けているという姿を感じさせてくれる筈です。この世だけでなくあの世もいつも見えて、この世からあの世へ行っていると見えるようにしてくれる筈なんだけど、そこまで心が自由に開けてきたら何の捉われもないんですね。でも小さく過去を掴みすぎているから感じられない状態に自分で陥っていく訳です。それを元に戻そうと神さまが一生懸命助けている姿ですね。だから古いのを消すというのは本当の神さまの愛念です。

 見方さえ変えればいいだけ

☆一瞬一瞬というのは道元さんとか親鸞さんとか特別な人はやっていたんでしょうけど一般の人はむしろ過去を掴んでそこから積み上げていくようなことを二千年ほどやっていたような気がするんですけど、それを切り替えようとしているのが神の意志なんでしょうか?

ーありがとうございますー
 そうでしょうね。何千年どころじゃないですね、思いに生きて過去を掴み続けたのは。だから思いに生きて過去を掴んでがんじがらめになったら必ず七難八苦の苦しみに陥るんですね。それで地獄に落ちている人もいっぱいいるわけでしょう、だからそういう地獄にいて苦しむ人を見ていると何とか感謝に生きるように早くしてあげたいと神さまの方は思うんですね。一瞬でも早くと思うんですけどただ、ひとの自由を束縛はできないという・・そういう意味では早く気付かせようとそれはもう涙ぐましいまでのあの手この手いっぱい使うんです。でも思いに生きて思いを積み重ねて苦しんでもそれがやっぱり必要な勉強なんですけど、それがあるから感謝に生きた自分がどれだけ幸せかという再確認をしてまた幸せを大きくしていけるんですね。無駄なことは絶対無いんですけど。
 歴史を眺めてといっても歴史というのもあまり大したことないんです。みんな自分が実際に見たのと違うんですね、人の考えを表現したのを本か何かで聞いて読んで自分が勝手にそう思い込んでいるだけです。自分が本当に体験して見てるというならちょっとは変ってくると思うんですけど、それでも過去を掴んだというだけでしょう。だから本当は一切過去は掴まない方がいいんです。神さまからの無限の無限のプレゼントというのは降り注いでいるんですから、過去を相手にする方が本当はバカですね。ましてや過去のいろんな表現を掴んでそれを自分が勝手に変えようなんておかしいし、いい番組が見たかったらいくらでも上にいい番組が無限に無限にあるんだからそっちにちょっと心を振り向けるだけでいいのに、番組自体を勝手に変えようなんておかしいですね。
 見方さえ変えればいいだけで、だから思いに捉われたらやっぱりどうしようもないんですね。だから感謝して思いに捉われない自分に早く戻れたら一番いいんですけど、感謝を忘れたら思いに捉われていくのはこれは仕方ないですね。



 余計なことはしない方がいい

☆ありがとうございますの役目は縛りを解くこと・・というふうにお聞きしたことがあるんですけど、そういうことを言った人はいるんですか?

ーありがとうございますー
 皆いつも言ってるんです。感謝に生きる人はみんな悟っていて自由になりなさいよと言っているんでしょう、でも思いに生きる人は思い通り生きて何でも実現して幸せになりなさいよという感じで言っているんでしょう。ただ感謝に生きるようにならないと本物には気付かないですね。思いに生きている人にはチンプンカンプンですよね。

☆私の認識では道元さんがそれをやった人だと思うんですけど、その教えを徹底してやられた方、曹洞宗のかんしゅをされている板橋老師は10月頃にそこを辞めて一人の僧として托鉢とか修行をやり直すと2年前におっしゃっていたんですが、それは道元の考え方を実践する本当の生き方のように僕は思うんですが、そのへんはいかがでしょう?

ーありがとうございますー
 そうですね。余計な肩書き入らないですね。余計なことはしない方がいいでしょうね。

☆その位は一度なると一生のもので、それを辞めた人は初めてらしいんですが、やっぱりそういう時代なんでしょうか?

ーありがとうございますー
 本物かどうかは自分が判るのでね、肩書きなんか相手にするとやっぱり虚栄心の思いに負けているという感じですよね。だからいつも何もない、自分もないというくらいの気持で新たに新たに神さまを受け入れるのが一番いいんですけど、神さまを感じるのとこの世の何かを掴むのと全然違いますからね。この世のものはゴミみたいなものです。新しい物ほど光り輝いたものなので、神さまを受け入れるというのが一番幸せなのでこの世の人にいくら褒められたって意味ないですね。大したことないですね、いくら思いを満足させたってそんなのは幸せでも何でもないです。
 だからもう、全部捨てて捨てて捨てきる方が心がスッキリして神さまを感じやすいですね。その方が早く神さまを感じて幸せをつかめるんです。出来たら捨てる方が幸せなんです。その方は幸せですよね。

 素直

☆器が大きいというのは素直なことじゃないかと最近思うんですが・・・。

ーありがとうございますー
 そうですね。素直な方が神さまからいいものをいっぱい受けられますね。

 若返り法

☆みなさんは土方とかそういう奉仕をするとひじょうに気持がいいとかおっしゃるんですけども僕は土方とかはあまりやりたくないんですけど・・・。

ーありがとうございますー
 味を知らないんです。食べてみないと判らないですね。多分のめり込むタイプですよ、一回味をしめるともう、やめられないという・・・本当はこれからそういう農作業とか山の仕事にしてもそうでしょうけど身体を使って大自然と親しむという土方みたいな仕事は本当に神さまを感じる勉強なんで楽しいですよね。強制的に何か重労働させられるんじゃないですね、楽しくするのはやっぱりいいですね。
 これからは年をとった人でもやっぱり身体を動かすと若返って元気になるんです。若返り法・・今から準備をしておかないと、身体はやっぱり使わないと、置き換わらないですね・・新陳代謝が遅いですから使う方がいいです。これしか出来ないは、つまらないですね、何でも自由に楽しめる方がいいですからどんなことでもどんな分野でも自由に楽しんだ方がいいです。だから短い時間でもいいんです。楽しむ為の時間を作るのがいいと思うんです。

 人がでしゃばる時代じゃない

☆ありがとうございますは20代30代の頃、今こういう状況になることを何となく想像としてはあったんですか?それとも突然こういう展開になったんですか?

ーありがとうございますー
 別に・・20代でもあちこちへ行って大勢の人の前で話をしていましたから・・その時もやっぱり、お祈りを前面に出しています。集まっている人は今の方が少ないです。私が住所を変えたり隠れているから、その時の人は探しているかもしれないんですけど・・・。

☆ありがとうございますがあまり名前を出さない一番大きい理由は・・・?

ーありがとうございますー
 これからは人がでしゃばる時代じゃないです。人がでしゃばったら争いの種になるんです。だからただひとつの神さまだけが前面に出てこないと、みんな仲良く出来ないです。小さい問題も大きい問題も解決しないですね。また自分を出すというのは自分を掴んでいるんでしょう、過去を掴んでいる姿ですよね。これは神さまの恵みを受け損なう一番の原因ですから、そんなのは損です。だから過去は絶対掴まない、過去の自分は掴まないというのが一番幸せなんです。だから、いつも名無しの権兵衛がいいんです。

カウンター

0.1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.32.33.34.35.36.37.38.39.
40.41.42.43.44.45.46.47.48.49.50.51.52.53.54.55.56.57.58.59.60.61.62.63.64.65.66.67.68.69.70.71.72.73.74.75.76.77.78.79.
80.81.82.83.84.85.86.87.88.89.90.91.92.93.94.95.96.97.98.99.100.101.102.103.104.105.106.107.108.109.110.112.113.114.115.
116.117.118.119.110.111.112.113.114.115.116.117.118.119.120.121.122.123.124.125.126.127.128.129.130.131.132.133.134.135
.136.137.138.139.140.141142.143.144.145.146147.148.149.150.151.152.153.154.155.156.157.158.159.160.161.162.163.164.165.166.167