0.1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.32.33.34.35.36.37.38.39.
40.41.42.43.44.45.46.47.48.49.50.51.52.53.54.55.56.57.58.59.60.61.62.63.64.65.66.67.68.69.70.71.72.73.74.75.76.77.78.79.
80.81.82.83.84.85.86.87.88.89.90.91.92.93.94.95.96.97.98.99.100.101.102.103.104.105.106.107.108.109.110.112.113.114.115.
116.117.118.119.110.111.112.113.114.115.116.117.118.119.120.121.122.123.124.125.126.127.128.129.130.131.132.133.134.135
.136.137.138.139.140.141142.143.144.145.146147.148.149.150.151.152.153.154.155.156.157.158.159.160.161.162.163.164.165.166.カウンター

AR1132002.11.23.01
 すべて神様の愛の計らい

質問者:
 5年前に、長男が24歳で突然の事故で亡くなりました。そのことを8月にありがとうございます先生に申し上げた時「神さまの大きな愛ですね。」と、一言だけ、おっしゃってくださいました。その時には自分の力量ではわからなかったし、考えたらわかるかなと思って、そうですかと申し上げただけだったんですが、3ヶ月経っても、その「大きな愛」という言葉がどうしてもわかりませんので、それを伺いたくて、今日こちらに参りました。

「ありがとうございます」:
 神さまの愛を感じ取るためには、「ありがとうございます」って、しっかり神さまを呼び続けるのが一番大事なのです。例えば、地獄のどん底へ自分が置かれたとします。神さまが必要だから最低地獄に置かれるのです。しかしその時、しっかりと「ありがとうございます」って感謝し続けると、神さまの愛がひしひしと感じられてくるんです。そうするとそのとき地獄の姿がどういうふうに見えるかというと、地獄のひとが自分の無限のマイナス、無限の苦痛を肩代わりして背負ってくれているというふうに見えてくるんです。

 本当は、自分が地獄の無限の無限の苦痛を味わって永遠にマイナスを消し続けないといけないんです。ところが、それを無限分の一の軽さに済ませてもらえるんです。仮に自分が地獄で無限の苦痛を背負ってても、無限分の一に済ませて貰ってるです。他の無限の地獄の人が全部、分担して自分のマイナスを消してくれてるというふうにね。だから感謝することによって神さまの愛がそういうかたちに自分を助け続けてくれてるというふうに分かってくるんです。だから、どんな大きいマイナスでも無限分の一に全部済ませて貰ってると感謝して受け取らないとホンマもんじゃないです。

 これは、どんな地獄を見てもわかります。また、餓鬼道へ落ちたとして、餓鬼道の姿もみんな自分の大きいマイナスを無限分の一に変えて助け続けてくれる姿の神さまの働きなのです。だからこの世の姿も同じなのです。この世の七難八苦のマイナスも全部自分の身代わりに神さまが背負って、消し続けてくださってるというふうに感謝する事によって神さまの愛を感じ取ることが出来るんです。

 ところが、感謝する心でなかったら正反対に見えるのです。自分の思い通りにならんからね。なかなか都合良くいかないからね。全部正反対に感じられてくるとマイナスに見えてしまうのです。プラスの方も同じなんです。本当は。神さまが一人一人に一番必要な自覚を与えるように、一番大切なものを、的確に与えるように、働きかけられるのです。この世から去るんでも同じです。その人にとってあの世の方が素晴らしい学びの場があれば早くあの世へ引き上げて貰えるのです。神さまはいつも求めるに先立ちて的確に必要なものを与え続けてくださるです。一人一人にとって幸せが早く大きくなるようにって・・・・。仮にどこのプラスの世界を見る場合でも自分一人に与えて貰うプラスなんてたかがしれてるのです、本当ところは、周りの人みんなが、いろんなかたちで身代わりになって引き受けてくれてすべてをを無限大にプラスに受止め直して変えてくれてるというふうに見るのが正しいんです。

 例えば、自分一人幸せって言うでしょ、周りの人が不幸だったら幸せ感じへんでしょ。自分一人だけが幸せにになんてなれないよね、絶対ね。皆がひもじい思いをして何も食べる物がないのに自分がおいしいお料理一人で食べられるかいうたら食べられないよね。だから自分が一人おいしいお料理食べて幸せ感じられるとしたら、周りの人も食べてくれないと駄目じゃないですか?。

 だから、必ずプラスの世界は自分の受けてるプラスを無限倍にして周りの人が幸せを与えてくれてるね。だからマイナスは無限分の一の軽さに済ませて貰うし、プラスは無限倍にして返して貰うしという、常にそれは神さまの愛の働きなのね。大きい大きい神さまの愛の働きがそういうふうに自分に向けられてるのです。これに気がついて”ありがとうございます”と心底いえるのが本当の感謝行なんですね。

 感謝すればするほど、大きく深く神さまの愛が感じ取れるんです。神さまそのものを直感できる、感じられるんです。表現の方はあくまでも、一瞬一瞬変化変滅して変わりつつあるわけですが。どんどん現われては消え、現われては消えって。変化し、ずっとし続ける、無常なんですね。ただその無常の奥に神さまの愛を感じられるかどうかが問題なんですね。感謝の心はすべてをプラスに無限の愛に感じ取るんですね。感謝を積み重ねたら、深く深く感じ取れるようになるんですね。

 理屈じゃないんですね、本当は。理屈じゃわからないんですね。理屈の心は未だ想いの方の心なんですね。理屈抜きでひたすら神さまを呼び続けるの。「ありがとうございます」というのは神さまを呼んでる事よ。呼ばれたら神さまは現われるから、神さまを感じ取れるように変えてくるんですね。呼ばないと損なだなんですよね。しっかり、呼び続けたら神さまが現われて神さまの愛をしっかりと感じさせてくださるのね。

 そうすると、この世にもあの世にも宇宙のすべてに神さまの愛しかないのね。神さまだけがすべてに行き渡ってるというふうに感じられてくるんですね。だから、普通この世で、大事なお子さん亡くなったとするでしょ。これはもう大きいマイナスと普通は見てしまうんですね。でもそれは想いの心の方なんですね。神さまの顕れというふうにみたら一瞬一瞬が大きい神さまの愛の顕れだから、小さく捉えない方が良いんです、本当はね。

 自分の子供って小さく捉えただけでも、大きい神さまの愛を見失うのよね。みんなが神さまの愛の顕れなのよね。自分に向けられている姿ね。だから、自分の可愛い子って言うんだったら、地球上のすべての子を自分の可愛い子って呼ぶくらいが良いね。大きく受ける方が、良いのね、本当はね。また一瞬一瞬皆学んでは、立派になっていくんだから、より学びの場が、あの世に良い物があるとしたら、早く送り出さないとだめね。この世に学びに来るのもそうだし、あの世に戻るのもそうなのね。よりふさわしい場へ移されるのね。ちょっと教室が変わるくらいよね。学びの教室がちょっと変わるくらいね。それを、大きく自分の立場で眺めると、それがプラスにプラスにと感じられてくるね。だから想いの心はどうしても小さく掴むのよね。感謝の心は大きく無限大に拡げて全部を受けようとするね。そうすると、皆神さまの愛の計らいよね。いろんな姿を見せながら、神さまの愛を深く深く感じ取れるようにしてくださってるのね。わかってくるよ、だんだんと。

 あの世

質問者:
 人間は亡くなると、次の世界で生きる事ができるんでしょうか?

「ありがとうございます」:
 元々の、本当の自分はね。絶対の中から、神さまの中から一瞬一瞬無限に無限に輝いた姿で出てくるね。その姿が時間の経過と共に借りを少なくして最後に消えていくのよね。だから、いろんな段階が無限にあるのね。一番輝いた姿が本物なのね。その自分は永遠に生き続けてる、無限に無限に幸せな自分よね。この世はかなりね、光の弱さって、時間の経った消える寸前ぐらいの姿よね。だから、この世だけがすべてじゃないから、この世にあまりしがみつかない方が良いね。あの世に行った人でも無限に無限に輝いた世界に戻ってる人もあるし、もっとこの世でも低い所へ行く人もあるけどね、それはその人にとっての必要な学びの場を与えて貰うだけよね。息子さんの場合は、高い世界へ上がっているから。無限に輝いた世界にいてるから、大きい幸せを与えて貰ったよね。大きい神さまの愛の計らいでね。もう感じられてくるから。大丈夫よ。

質問者:
 生きる世界があるんですね。

「ありがとうございます」:
 そうそうそう。もう絶対死なない。学びの場を変えただけね。消えて無くなるんじゃないからね。

質問者:
 この世と繋がっていますか? 見えていますか?

「ありがとうございます」:
 向こうからは、この世は良く見えるよね。

質問者:
 血の繋がりとか親子の関係とかは、死んでしまったら、消えてしまうとか、幻?

「ありがとうございます」:
 幻じゃないよね。本当は皆深い繋がりがあるのよね。この世でも親子の関係とか、いろんな関係があるでしょ。でもその捉え方が小さい浅い捉え方ね。本当はもっともっと無限に大きい深い繋がりがあるの。だから小さく掴みすぎてるね。単なる血の繋がりとか親子の関係とかね。つまらん小さいそんな繋がりなのよね。

 本当は宇宙のすべてと密接な繋がりがあるね。本体の神さまと無限に深い繋がりがあるのね。絶対切っても切れない関係なのね。でも、この世の肉体の親子なんて切ったら切れるじゃない、離れてるじゃない。ピターって一つになってないじゃない。でも神さまの側から見ると皆ピタッと一つになってるのね。絶対切れない関係にあるのに、皆切り離して見てしまうという。だからこの世の見方の方がつまらん見方なのね。深い繋がりがあるとして見てないね。本当は、あの世からも皆守りに守られてるのよ。気付かないだけね。この世しかないと思うと、また、この世も身近なものしか自分にとって守りがないんだと思うと未だ小さく見てしまうよね。でもそうじゃないね。宇宙全体から、またあの世の無限の次元からも常に守りに守られてるのね。それを感謝する事によって気付きを増やしていくのね。

質問者:
 今生で出合って、私を憎んでひどい仕打ちをした人が死んだ後、そういう気持を向こうへ持っていくんですか?

「ありがとうございます」
 
マイナスに見るのは、自分が見ただけね。本当は皆無限に輝いた神さまの愛深い姿を取っているのね。ところが、自分の見方が、思い方が、言葉の使い方がマイナスになっていくると消えて行く寸前ぐらいの光の乏しい姿を眺めてしまうのね。そうすると意地悪したってふうに見たり、いろいろマイナスに見てしまうのね。もっと奥を新しい姿を見る方が良いね。いつも愛深い優しい姿で自分に接してくれるのね。

 だから、古いマイナスは全部消えて行くだけよね。新しい素晴らしいものだけがどんどん新しく生まれて輝いているのね。宇宙の創造の神さまの仕組みって皆そうなんよね。良い物を無限に無限に常に新たに生み出して来るから、古いマイナスはもう消えて無いの。どんどん大きく変わるの。新しい物とどんどん置き換えてくれてるから、古い物を自分が思いで掴んでるだけよね。感謝したら新しい素晴らしい物だけよね。感じ取れるようになるよね。あの世に行っても同じよね。古いのを追いかけたらマイナスとして掴んでしまうけどね。でも感謝したら、新しい光り輝いた素晴らしい物だけを感じ取れるね。でも新しい素晴らしいものを感じるのが正しい生き方よね。

 マイナスに感謝できたら本物

質問者:
 母とひどく相性が悪くて、亡くなった後も、良く思おうと思っても、思いが抜けなくて、遺品なんかも身に付ける気がしなくて人にあげてしまったりしています。

「ありがとうございます」:
 いろんな見方がいっぱいあるんだけども、親と子の関係の見方もね、親を自分の前の世の姿っていうふうに見た方が良いのよね。そうすると、親は自分の前生のマイナスを全部背負ってくれてるのね、身代わりに。それを足場にして今の自分を立派に育て上げようと、助け続ける姿よね。もし自分がそのマイナス背負ったままだと、親の同じマイナスの姿を取るのね。そうすると、そこへ新しいもの加えて立派になろうと思ってもなかなか大変なのね。

 だから、一旦自分のマイナスを横に外して貰わないと、新しい生き方出発できないよね。この世に生まれて来るのが元々そうなのよね。過去世の無限のマイナスを背負ったままじゃ、それだけで顔上げて歩けなくなるね。みんなに対して顔を見せる事はできないね。頭を下げてこうして下向いて歩かないとね、みんなにどれだけ迷惑かけたかわからないね。でも過去世の無限のこのマイナスを一旦肩代わりして貰うのね。守護霊さんにね。預かって貰ってこの世で初めて生まれて来るような感覚で生まれてくるのね。

 だから、過去世はみんな覚えてないね。記憶を取って貰うのね。過去世の記憶をね。新しい出発をして新しい自分を作り上げるのね。そうするとプラスの生き方が取り易いからね。そういうふうに眺めると、それも一つの見方だけど、親は自分の大恩人なの、本当はね。プラスに生きるためにマイナスを背負って。それもやっぱりマイナスを見せて貰わないと、自分を変えるわけにはいかないよね。だから親の姿を見てその上に自分の姿を立派に変えていく勉強があるのよね。もし親の姿にマイナスがあったら、そのマイナスをプラスに改めようと必ずする筈よね。正反対に生き方をするはずよ、自分はね。それによって立派になっていけるのね。

 ところが、親が立派だったら自分のマイナス変えようとせんのよ。だから、みんな神さまの方から必要な勉強を与えていけるようにいろんな場を環境を与えてくるのね。だから、みんな神さまの、本当は愛の顕れなのよね。自分に向けられた本当の愛の姿なのね、本当にね。だからマイナスに感謝できたら本物なのね。普通はプラスだけを喜ぶけどね。マイナスに感謝できた時に感謝も本物なのね。

 或いは草花でもそうでしょ。根が無かったらみんな枯れるよね。根の働きって、マイナス中よね。そうでしょ。逞しく根を張って、養分を吸収するでしょ。だからマイナスに感謝できた時に初めてプラスの方も花開き実を結ぶのよね。本当の感謝はやっぱりマイナスへの方から積み重ねるのが本物ね。絶対崩れない感謝になるから。それも想いで考えるよりも、感謝しながら感じ取る練習が良いね。なんでも良いから「ありがとうございます」を言ってってご覧よね。そのうちに涙流れて「ありがとうございます」ってね、おかあさんの姿に神さまを感じるね。もうすぐよ。大丈夫。

 命の自分の自覚

質問者:
 クンダリ−ニを2度ほど体験された男性が出家されたという話を聞いたんですが、クンダリ−ニと肉体と命の関係を教えてください。

「ありがとうございます」:
 何?魂が抜ける事?幽体離脱とか?普通、人っていうのは肉体だけじゃないね。肉体の奥に魂があり、その魂の奥に命の自分があるのね。その奥に神さまが控えてるのね。その神さまから一人一人が現れてくるのよね。一瞬一瞬新たにね。無限に無限に輝いた姿で本当の自分が出て来るのね。その一つの流れが魂となり肉体となって現れては消え顕れては消え、新陳代謝し続けるのね。普通は肉体を自分って掴み過ぎてるよね。その中に魂の自分を置いて、その魂がちょっと自由になると何か解放されたような感じになるでしょ。

 でも命の自分の自覚が出て来たら宇宙大に拡がるのよね。自分が宇宙っていう感覚が甦って来るのね。それもいろいろよね。ピンからキリまでいろんな感じ方があるね。一人一人全部感じ方が違うから、それも一つのその人にとっての体験なのね。みんな同じ真似せんで良いよね。みんな体験が違う方が良いね。違う筈なのよね。だから種類が無限にあっても良いね。いろんな体験の仕方もね。だから、その人にとっての必要な気付きを与える意味でそういうのも体験するのよね。

 でも本当は神さまから一瞬一瞬新たに生まれて来る自分っていうのがある、一番大事な自分なのよね。それを「ありがとうございます」と唱え続けて神さまのすべてを受け取る自分になったら感じられてくるね。そうすると魂も肉体もちっぽけなもんよね。もう肉体なんて爪先の垢ぐらいなもんね。本体の自分から見るとね。垢が綺麗か汚いかってな感じで。だから垢がどんだけ立派になっても、たいした事ないよね。本当の自分が元々無限に無限に輝いた悟った自分よね。その自分を早くしっかりと自覚する方が良いね。その自覚のための方法が「ありがとうございます」って神さまを呼んで神さまを受け入れる生き方なの。そうするといつも輝いた自分に気付くようになるのね。

 天命・天職・個性

質問者:
 天命、お役目、天職、仕事というものを解説してください。

「ありがとうございます」:
 天というとやっぱり神さまという意味で使うのよね。神さまから与えられた使命というのが天命よね。その天命もいろいろよね。全部に共通する天命もあるし、一人一人異なる天命もあるのね。個性って言えるかもしれないね。個性というのも神さまと繋がっていないと、本当の個性は出ないよね。神さまと離れたら単なる癖ね。癖には良いものないよね。個性が輝いたら美しく素晴らしく輝いたものよね。天職というものでも、神さまのお手伝いというのが本当の天職よね。自分勝手なことは余り天職とは言わないよね。だから全体にとって必要なことを神さまの側からさせて頂く時は天職を果たすって言うのね。常に全体にとって何が必要かというのは神様が良くご存知よね。そして一人一人に一番大事な必要なことを振り分けてくるのね。だからそれも全部「ありがとうございます」って神さまに感謝することによって神さまから与えて貰って受けるのが一番良いのね。そうすると自然に天命も天職も個性も輝いて出てくるね。

 仕事

質問者:
 その中に仕事というのが・・・

「ありがとうございます」:
 そうねえ。仕事っていうのも、お金儲けは仕事じゃないね、これはね。働きっていう意味で考えていくと良いね。働きは周りを幸せにするっていう、傍を楽にするという意味でね、周りを幸せにする神さまの働きが本当の意味の仕事でね。お金儲けじゃないね。(質問者:それは「ありがとうございます」という心で「ありがとうございます」を唱えていれば、させて頂けるんですか?)自然に神さまの御用に使って貰えるようになるね。

 そうすると、必要な事を自然にさせて貰って、それはみんなの幸せに繋がっていくのね。だからお互いに本当はみんな生かし合い助け合いになってる筈よね。助け合いよね。また、貸し借りあるとしても両方、貸しもあるし借りもあるのよね。だから、借りを返すという段になっても本当はただ働きが良いんでしょ。恩返しでもそうよね。ただ働きよね。特に神さまへの恩返しになると、ただ働きが本当の働きよね。お金儲けじゃないね。お金儲け、考えんと、周の人の幸せをしっかりと与えていこうというのが良いですね。そうすると周りからも同じ幸せを与えて貰うから、その時に、お金も自然に流通するのは良いけどね、お金に頼ったり、お金を掴んだりするのは良くないね。目的がちょっとずれてしまうもんね。だから、普通はお金儲けというのは間違いなんよ。お金貰ったら、新たな借金って考えた方が良いね。そうすると、使い方も正しくなるかもしれない。借金してまで使おうとなったら大変よね。

 感謝を忘れているから苦しい

質問者:
 神様がいらっしゃるんだったら、最後、人間が死ぬ時に老いを感じさせて、苦しみを与えて天国へ招ばれるのか不思議です。

「ありがとうございます」:
 感謝の心と思いの心は正反対方から来るのね。感謝の心は一瞬一瞬新しい神さまの姿を受けるんでね。老いてないのね。生老病死という、七難八苦という、そういう姿はないのね。感謝の心で感じるのはプラスばっかりね。でも想いの心は七難八苦の姿を感じるね。その八苦の中に生老病死の一つがあるでしょ。老いて行く苦しみって感じるでしょ。想いの心がそういうふうにマイナスに見て感じるのね。

 だから、思いを消せば良いのね。思いをすっかり無くしてしまえば感謝の心だけになってしまえば神さまを感じるだけね。光だけを輝きだけを感じて愛だけを感じるのね。マイナスは一切ないのね。だから思いを消す事よね。それは、もう思いも「ありがとうございます」を唱えてるうちに神さまが自然に消してくださるのね。だから心配ないのよ。

 本当はね。神さまがそういう苦しみを与えてるんじゃないの。みんなが感謝を忘れてるからなのね。感謝忘れてるいうのは、神さまを拒絶して無視してる事なんよ。神さま、嘆いてるよ。感謝する事にによって、神さまを受け入れて欲しいのね。神さまのプレゼントを無限に無限にいっぱい受けて欲しいだけよね。神さまのプレゼントを受け損なってるのよね。苦しむのはね。拒絶するからよね。だから、感謝すれば大丈夫なんよ。感謝さえ忘れんかったら大丈夫よね。七難八苦は消えてなくなるね。

 寝なくても大丈夫

質問者:
 息子の事で悩んで薬がないと寝れないんですが。

「ありがとうございます」:
 本当は人間って寝なくても大丈夫なんよ。神さまは24時間眠らずに働いているよ。守護霊さんもそうよ。24時間勤務っていうのね。だから、この世の人でも同じよね。大事な時は守護霊さんが助けに中に入るからね。

 例えば、おかあさんが、小さい子がもう今死ぬかもしれんというふうに病気で大変な時なんて、寝ずに看病するじゃない。すると疲れてないでしょ、全然ね。ちゃんと守護霊さんが応援に降りてんのね。守護霊さんの心がすっと中に入ってるからね。眠らずに済むの。この世の人眠れるのは未だ余裕があるのんね。まあ必要がないから眠らせて貰うのね。本当は眠らなくっても大丈夫なんよ。眠らなければならないと思うのは間違いね。寝なくって済んだらありがたいと思わにゃ。わざわざ睡眠薬飲んでまで寝なくっても良いよ。もう開き直ってたら良いよね。寝なくって済むんだったら、ああありがたい、時間がいっぱいあって良いっていうふうに喜んだ方が良いね。そして、その時間を何か自分の楽しい事に使えば良いじゃない。そのうちまた眠たくなるよ。だからマイナスに掴んで対処せん方が良いね。寝なくて良いんだったらありがたい思ってたら時間が有効に生かせるからね。そしたら必ず眠たくなるよ。自然に眠れるようになるから心配ないね、それもね。

 イメ−ジよりも祈り言葉の方が良い

質問者:
 マ−フィのイメ−ジという本を読んだんですが、イメ−ジすれば願望が叶うというようなイメ−ジと無限の無限の祈りとの関係とかをお話ください。

「ありがとうございます」
 人の使う言葉とか思い、イメ−ジというのは波長合わせに役に立つんですね。神さまの方は無限の無限のチャンネルという姿であなた方ににずっと与えて続けてきてる、そのどの番組を選ぶかは人の使う言葉、想い、イメ−ジで決めるわけよね。イメ−ジで何か作るんじゃないのね。波長合わせなんよね。波長合わせの道具よね、イメ−ジもね。できるだけプラスの事をイメ−ジする方が、より高い番組に波長を合わし易いというね。ただ、そのイメ−ジっていうのは、お祈りとちょっと違うのよね。もっと高い響きを感じ取るためにはイメ−ジよりもやっぱり祈り言葉の方が良いよね。やっぱり人の想いで作るイメ−ジなんてたいした事ないよね。

質問者:
 夜、寝る時と朝起きた時とに自分の願望をイメ−ジすると良いというように書いてあるんですが。

「ありがとうございます」:
 想いの世界では、思う通りに波長が合って、それが現実に番組として出て来るよね。どんな想いでも実現するのね。マイナスを思ったら、マイナス思ったらマイナスが実現するし、プラス思ったらプラスが実現するね。どんな想いもその想いの通りに番組が開かれて実現してくるのよね。それはもう、法則で確かなんだけど、ただ、想いで波長合わせしても、たいした番組出て来ないよね。願いをどんだけ出したって神さまの与えてくるもんと比べたら比較にならないね。ちっぽけなもんなのね。それよりも「ありがとうございます」って感謝して神さまのプレゼント全部受け取る練習が良いよね。無限の無限の輝きがいっぱいという、大きい宇宙を受け取る練習が良いよね。

 そうすると大きい自分に戻れるね。イメ−ジトレ−ニングって、いろんなあるんですけどね、想いの世界の話よね。感謝の世界はそれを超えないとね。そういう願いや小さい願や想いを全部捨て切って、消し切って、それから祈り言葉を使って神さまの響きを感じ取るのが良いね。そこはもう底知れん奥深い無限の無限の輝きいっぱいという世界があるんで、イメ−ジで作るんじゃなしに奥に輝いてるものを感じ取る、受け取るという方が大事よね。そのために、やっぱり祈り一筋というのが良いね。

 仏壇と墓

質問者:
 仏壇とか墓を処分した方が良いかと思い、とりあえず仏壇と位牌を引き取って貰おうと依頼したら、御魂抜きしてあるかを聞かれ、仏壇も抜いてなかったんですが、ありがとうございますシ−ルをいっぱい貼ってあったんで、仏壇はしてあると言ったところ引き取って貰えたんですが、位牌だけ残ってしまいました。気にならなければ置いといて良いでしょうか?それとも仏壇がなくなったら、位牌も処分した方が良いでしょうか?

「ありがとうございます」:
 それも、どちらでも良いんですけどね。ご先祖様、そんなのに入ってないって、本当はね。

質問者:
 極端なこと言って、ドントさんで燃やしても良いでしょうか?

「ありがとうございます」:
 どちらでも良いんだけど、それもただ自分がどういうふうに思って納得するかでしょ。自分がそれにご先祖さん入っていれて、失礼にあたると思ったらやっぱ先に納得させたいんでしょ、自分自身をね。どうか、こんなつまらなんとこに引っ付かないで自由な光輝いてる世界に戻ってくださいと言えば良いじゃない。

質問者:
 お墓も処分したいのですが、その費用に何十万か懸かるという事で、今経済的に余裕がなくそのまま置いといた方が良いのか、それとも無理してでも処分した方が良いのか・・・

「ありがとうございます」:
 そんな別に無理しなくても良いじゃない。ただ、自分だけのものじゃないよ、本当はね。だから感謝を徹底する方が良いでしょ。拝みきるというのがね。みんな光り輝いてるというふうにね。無限に輝いてるって拝みきれば、そこに神さまが現われたらすべてプラスにプラスに変化するでしょ。だから、形で捕われて、それを捨てたからって心が捨てたっていう気持だとプラスじゃないよね。神さまを感じてないものね、そこにね。だから、すべてに神さまを感じるように、しっかり感謝を積み重ねるのが良いよね。そしたら、あってもなくっても無関係でしょ。みんな神さまになれば良いんでしょ。だから形だけ捨てようというのは、ちょっと感謝から外れた心になるものね。感謝して光り輝いたら、もったいないから持ってるじゃない。そういう形じゃなしに、自分の持ち物全部を輝かせば良いじゃない。徹底して感謝して、ここに神さまがいらっしゃるっていうふうにね。それで、後は自由にすれば良いじゃない。そしたら、引っ掛からないよね。

質問者:
 母が、入るお墓がないと嘆いてるんですが、同じように答えれば良いんでしょうか?

「ありがとうございます」:
 お墓へ入ったら損するもんね。極楽世界へ入れば良いじゃない。無限の無限の幸せいっぱいという世界が待ってるのに、わざわざ小さい石の中に嵌り込まんでも、石の中に入らなくても良いと言ってあげてくださいよ。

 真剣勝負

質問者:
 祈り、命をかけて祈るとか言葉の意味がわからないんですが。

「ありがとうございます」:
 神さまの命の働き、愛の働きというのは本当の真剣勝負よね。無限の無限の素晴らしいものいっぱい一瞬に与え尽くそうとしてくるでしょ。それを受け取る心はやっぱり真剣さが必要よね。だから神さまのプレゼントを全部受けようと思ったら自分の全部を神さまにお返しするぐらいの命懸けっていうのは大事よね。全部お返しして全部受け取るのが本当よね。そういう意味で命懸けっていうのは大事よね。真剣というのはそうよね。ちょっとだけ神さまの方へ心向けて、全部受け取ろうというのは、やっぱりちょっと無理なのね。全部置き換えて貰うのが一番得なのね。だから、今神さまから与えられて受け取って持ってるものを全部神さまに一旦お返しするのよね。そしてまた新しい全部を受け取るという、その繰り返しをすると、どんどん新しいもの受け取れるね。そういう意味で真剣さていうのは大事よね。

質問者:
 全部を神様にお返しするというのは具体的には?

「ありがとうございます」:
 具体的にね。「ありがとうございます」を言えば良いんだけど。「ありがとうございます」がお返しする事にもなるのね。お返しするって、どこに返したら良いかわからないよね。でも「ありがとうございます」って言えば神さまがすっと現われて受け取ってくれるのね。どっかほかして良いんと違うしね、ほかすとこわからないよね。それで神さまを呼ぶのね。「ありがとうございます」って呼んで、神さまに受け取って貰って新しいものと置き換えて貰うのね。だから、「ありがとうございます」って唱えたら良いのよね。

 一番良いもの選び続けたら良いだけ

質問者:
 以前に「ありがとうございます」に死後を信じない人が死んだら闇の世界に行くと聞きました、主人や両親は死後の世界を否定していて、私は不安なんですが。

「ありがとうございます」:
 この世はいろんな考え方があって良いのね。その中から自分が一番良いものを選び続けるのね。自分にとったら勉強よね。たくさんの中から良いものを選んで、それをしっかり自分のものにしていく勉強なんよね。だからマイナスのそういうのあったら、相手にしなくて良いよね。

質問者:
 でも両親と主人となると、ちょっと悲しいかなあって・

「ありがとうございます」:
 それも先ず自分の執着の心よね。神さまの顕れってふうに見てね、神さまがいろんな姿を見せてくれて無限の中の選択肢の中で一つ良いもの選びなさいよというふうに、勉強材料としていろんな姿に顕れて見せてくださってるというふうに見れば、一番良いもの選び続けたら良いだけなんよ。

 徹底して感謝で受ける

質問者:
 どんなものが目の前に現れても、無限の無限の神様の表現として捉えていけば良いんでしょうか?

「ありがとうございます」
 無限の無限の輝きチャンネル全部、神さまの表現よね。だから、それをどういう場にあっても徹底して感謝すれば全部神さまの顕れとして、価値あるものとして感じられてくるよね。だから、地獄のどん底へ自分を置いてそこで感謝するのね。一生懸命感謝すると地獄も神さまの愛の顕れと見えてくるね。だから、マイナスだから、マイナスのままじゃないよね。それが無限の価値のあるものに見えてくるね。感じられてくると感謝が本物よね。だから神さまと神さまの顕れっていうのは、やっぱ本当は一つなんよね。神さまの顕れとしての表現を本当に徹底して感謝して受けたら神さまを感じ取るのね。神さまは無駄な表現を取らないよね。必要な表現として顕してくれてるから、ちょうど四季の変化って、季節ってそうでしょ。四季の変化でも夏の好きな人は冬はいやって言うんだけど、四季の変化、全部良いのよね。冬は冬で楽しみ、夏は夏で楽しみっていうのが本当の生き方よね。だから、どんな表現も感謝の心で受けたら、無限の価値のあるもの、全部感じられてくるよね。ただ、自分の想いがちょっと捕われると、覆い隠しては、自分はこっちの方が良いって好き嫌い出すのよね。それで、その価値が半減するでしょ。だから徹底して感謝で受けたら、価値が増してくるね。どんどん大きい価値に変化するよね。

質問者:
 自分のやるべき事もそうして出てくるのですか。

「ありがとうございます」:
 先ず感謝する事よね。感謝して自分を神さまに合わして行く事よね。感謝するいうのは、自分を神さまに合わしていくことなんよね。そうすると、神さまの助けを受けて自分を変えてくれるのね。感謝忘れたら自分の力で自分を変えないかんでしょ。たいへんよね。なかなかプラスに変え難いよね。一番楽な方法は「ありがとうございます」で神さまに自分をどんどん変えて貰う事よね。

質問者:
 正しい、正しくないってあることですよね。それも感謝でわかる?

「ありがとうございます」:
 正しいっていうのは、本当に正しいって神さまそのものよね。神さまがどの程度現われるかよね。大きく現われたら、神さまの御心が大きく現われたらより正しいっていうのね。神さまが現われなかったらやっぱり正しさがないっていう、間違ったふうになってくるよね。だから神さまをしっかり呼び出す方が良いでしょ。神さまの現われたとこは輝くのよね。

質問者:
 世の中にいろんな不正が行われてるというのは神様が現われてないから?

「ありがとうございます」:
 みんな呼んでないでしょ。未だ「ありがとうございます」って神さま呼んでないね、全然ね。そうすると、神さま来れないからね。来るなって言われてるのと同じだからね。そこを光り輝かすわけにはいかないよね。

 「ありがとうございます」が全部総称する

質問者:
 「ありがとうございます」ってことで神様がやって来るんですか?

「ありがとうございます」:
 そうです。「ありがとうございます」が宇宙の大神様の本当の名前よね。神さまの名前を呼ぶことになるよね。そうすると神様がすっと現われて、そこが無限に無限に輝いてる姿で出て来るよね。

質問者:
 古神道で天之御中主之大神って名前があるんですが、その方とは違うんですか?

「ありがとうございます」:
 「ありがとうございます」の中には、その天之御中主之神っていう働きも、伊邪那岐、伊邪那美の神さまの働きも、天照大御神様の働きも、八百万の神の働きも、現実に現われた宇宙っていう働きも全部含まれるの。神さまの働きの全部が中にあるのがこの「ありがとうございます」っていう神様の名前ね。

質問者:大神様、創造神・宇宙神という意味ですか。

「ありがとうございます」:
 「ありがとうございます」が全部総称するのよね。(質問者:言霊ですか?)言霊っていうかね。だから、大宇宙の大神様っていってね。それがどういう神様かって具体的に、どういう内容を指しているかでしょ。この世の宇宙も、大宇宙も全部その中に含めてれば良いけどね。奥のすべての働き全部含めたら同じなのよね。

質問者:
 そういうふうに自分が本当に思いながら大宇宙の大神様、創造主の大神様って唱えてたら、それは「ありがとうございます」って唱えると同じかも。

「ありがとうございます」:
 どちらが良いかと言えば「ありがとうございます」の方が神さまの働き全部受け取る事になるからね。与えて貰って受け取るとこまでいくでしょ。「ありがとうございます」って本当受け取る働きよね。だからちょっとずれがあるよね。「ありがとうございます」、得するね。

 試してみたらわかる

質問者:
 じゃあ、外国人どうなるんですかね。「ありがとうございます」知りませんよね。

「ありがとうございます」:
 ねぇ、お気の毒に。同じ地球人なのに。日本人でも、本当に意味がわかって唱える人未だ少ないよね。本当の「ありがとうございます」の意味わかって唱える方が効果が大きいのにね。外国の人って言っても同じ地球人なのにね。「ありがとうございます」の言葉知らないなんて気の毒よね。(質問者:これ、やむを得ないんですよね。)仕方ないよね。
順番があるかも知れないよね。でも世界共通語なんよ。良い言葉はみんなが自由に使ったら良いだけなんだけど。日本人だけが使えるんじゃないけどね。でも早く知った方が得よね。

質問者:
 日本だけに与えられてる?

「ありがとうございます」:
いいや、そんな関係ないよ。地球人全部に与えて貰ってるよね。宇宙人全部に与えて貰ってるのと同じよ。だから日本とか地球とか小さい意味で捉えたら損するね。宇宙全体に「ありがとうございます」の神様、働いてるよね。だから全部に共通するのよ。

質問者:
 サンスクリットが一番宇宙の根源の音を表現したものであるって言われてますよね。でも、日本の神道家の方は日本の言霊が一番古いって。どっちがどうなのかって考えていたんですけど。

「ありがとうございます」:
 それは試してみたらわかるね。どちらに力があるか、効果があるかってね。良いもの選べば良いよね。別に、それぞれに良い所もあるから、良いものを全部お互いに紹介しあって使えば良いけどね。でも、日本人だと理解できへんでしょ。なかなかね。意味わかり難いしね。わかり易い方がもっと良いしね。まあ、優劣はつける必要ないけど。もっと良い言葉出て来るかもしれないし。その内に、「あ」一つで良いっていうふうになって来るかもしれないし。だから人に合わせて神様の方からいろんなプレゼントしてきてくれるんよね。

質問者:
 この頃、当たり前な事が凄く嬉しいんですけど、何なんでしょうね。

「ありがとうございます」:
 「ありがとうございます」唱えてると、感謝の心が引っ張り出されてくるでしょ。その感謝の心が本当の自分よね。その自分が神さまを感じ取るんね。神さまを感じて幸せを感じるのね。神さまが幸せの本体よね。喜びの本体ね。すべての本体だから、神さま感じていろんな幸せも喜びもやすらぎも全部感じられてくるよね。どんな小さい事もありがたく感じられるよね。気付きがどんどん増えるよね。



 言葉通りに全部揃ってる

質問者:
 フリ−メ−ソンをどう思われますか?

「ありがとうございます」:
 そういう言葉通りに全部揃ってるよね。神さまの番組の中にね。何もかも全部神さま用意してくれてるね。
例えば、言葉使うとそういうのいっぱい出てくるね。番組として全部用意されてるね。人が想像する、考え出す、全部ね、すべて用意されてるだけね。だから言葉通りに、思い通りに出てくるの、全部ね。だから、良い言葉使うのが良いのね、本当はね。(質問者:別にひっかからなくて良い?)全然ひっかからなくて良いよね。(質問者:それが日本の経済を支配してるとか聞くんですけど。)そういう番組もあるの。でも、神さまのちゃんと支配してる番組を選べば良いだけじゃない。みんな幸せいっぱいの番組選べば良いだけよね。

質問者:
 番組の一つでも、実際問題として私達が知らず知らずに巻き込まれてるって事あると思うんですけど。

「ありがとうございます」:
 巻き込まれないよ。(質問者:でも、金銭的なことでも、お金の価値が急に下がったりしたら。)巻き込まれる言うんだったら、自分の方がが強くなって巻き込んだら良いじゃない。だから感謝をしっかりして、神さまの光いっぱい振り撒いて、その光の渦に巻き込んでしまえば良いじゃない。巻き込めるっていうのはそうでしょ。影響与え合えるって言うんだったらね。でも本当は自分の選んだ世界が出て来るのよ、みんな一人一人にね。(質問者:それに、生活が困窮するとかそういう・・)起こらない。自分がプラスの番組選んだらプラスだけ。そういう言葉を使うからそういうふうに巻き込まれるんよ。自分がいっぱい出してるっていうのと同じよね。先ずそういう言葉を知ってるもんね。そういう言葉を、言葉に出してるしね。心で思ってるし、やっぱりそういう言葉で自分が引っ張り出してるよね。影響受けるのは、それよね。そういう言葉を一切使わなくって、逆のプラスの言葉をいっぱい使えたら、絶対巻き込まれない。

 締めくくりに「ありがとうございます

質問者:
 お祈りに五井先生のテ−プを使ってる理由を聞かせてください。それと、「ありがとうございます」もシンプルで良いと思いますが、五井先生の世界人類云々という祈り言葉も今の時代、良いと思うんですけど。

「ありがとうございます」:
 本当は、「ありがとうございます」の中に全部含まれるのよね。何でもね。良いものも、悪いものも、全部中にあって良いのね。全部生かせるんだけど、たまたまバックミュ−ジックに良いでしょ。共鳴の光が強いし、また「世界人類が平和でありますように」の言葉も自分の心を大きく拡げてくださるよね。それで「ありがとうございます」が最後に入ってくるじゃない。締めくくりに「ありがとうございます」あるでしょ。だから大きい意味で、良いもの全部活用するのが「ありがとうございます」なのよね。小さく捉える必要、全然ないしね。だから、本当はみんな良いものは全部利用すれば良いのよ。それが、本当の意味の神さまの大きい助けを受け入れる事になるから、そういう意味で別に形じゃなしに自由な心で良いもの何でも受け入れたら良いよね。そういう意味よね。

 自由に祈る

質問者:
 「ありがとうございます」を祈る時間帯を具体的に教えてください。

「ありがとうございます」:
 「ありがとうございます」は全部中に持ってるから、すべての時間、空間を中に持ってるのよね。だから、いつ祈っても良いしどういう形で祈っても良いし、もう自由自在。すべてに働いてるね。神さまの働きはすべての時間、すべての空間に全部に働いているからいつ祈っても良いの。どこで祈っても良いのね。どういう形で祈っても良いね。(質問者:言葉に出しても出さなくても?)それも自由自在ね。

 自分が何を選ぶかだけ

質問者:
 被害妄想とか精神上の病気は治す事ができないのでしょうか?

「ありがとうございます」:
 みんな一人一人が自由意志を持っているのよね。一人一人、自由意志を持って神さまから何を受けるかという、自分が自由意志で選んで受けてるだけなのね。どんな運命もね。

質問者:
 家族がそのような時の考え方が間違ってるから、精神病の人が家族から出るんでしょうか?

「ありがとうございます」:
 自分の見る世界、全部自分の選んだ番組っていうのが本当ね。一人一人全部そうよね。もしマイナスの姿があったら、自分がマイナスの言葉を使い、マイナスの想い起こし、そういう番組をいっぱい出して今見てるというね。だから自分の心をどんどん神さまに向けたら良いだけね。そうしたら、自分の運命、世界が変わるのね。だから、どんなマイナスが今現にあっても、徹底して「ありがとうございます」繰り返し唱えて、そして神さまを感じるまでになったらどんな地獄絵図も極楽に変貌するの。もう、絶対の真理なのね。だから地獄に自分が仮に置かれても、感謝をし続けたら良いだけね。そしたら、必ず極楽に変貌するね。それだけの力があるの。「ありがとうございます」の祈りにね。だからマイナスに引っ掛かる必要ないね。原因も何も無いの。自分が何を選ぶかだけね。しっかり神さま選べば良いね




0.1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.32.33.34.35.36.37.38.39.
40.41.42.43.44.45.46.47.48.49.50.51.52.53.54.55.56.57.58.59.60.61.62.63.64.65.66.67.68.69.70.71.72.73.74.75.76.77.78.79.
80.81.82.83.84.85.86.87.88.89.90.91.92.93.94.95.96.97.98.99.100.101.102.103.104.105.106.107.108.109.110.112.113.114.115.
116.117.118.119.110.111.112.113.114.115.116.117.118.119.120.121.122.123.124.125.126.127.128.129.130.131.132.133.134.135
.136.137.138.139.140.141142.143.144.145.146147.148.149.150.151.152.153.154.155.156.157.158.159.160.161.162.163.164.165.166.カウンター