カウンター

ar57魂と本体 2001.11.03

質問者:
 魂と本体の違いは?

ありがとうございます:
 本体の自分と魂の自分では雲泥の差があります。本体の自分は神さまの全てを一瞬一瞬受けなおす自分です。神さまの全ては無限に無限に輝いた最高のものです。その本体の自分が完全な自由を与えられて、神さまの用意されてる無限の無限のチャンネルを自由に選んで楽しんでいます。その一つのチャンネルの中で配役として肉体と魂があるのです。本体の自分が無限に無限に偉大な存在です。大切なのは感謝を無限に無限に深めることでそれをつかむことです。肉体と魂は高い番組では最高に演技をしてます。低い番組ではそれなりに演技をしてます。

 死に方

質問者:
 死に方に良し悪しがありますか?

ありがとうございます:
 本当の意味、一瞬一瞬置き換わる意味では、一瞬一瞬新たに生まれ変わっています。これが根本にあります。過去をつかんで連続してると見るとこの世の寿命があり、いつ死ぬかと見ます。
 自殺でもいろいろ種類があります。マイナスの苦しいことから逃れての自殺。死ぬことが分かってて良いことのための自殺。死んでから後の世界はその人の心の波長そのままを表します。苦しみから逃れる自殺は、苦しみから逃れる心だから、もっと苦しい所に行きます。みんなの幸せの為に自分を犠牲にするような生き方だと本当に愛深い命を捨ててでも、大犠牲の精神の心で行くので、すーっと高い世界に行きます。
 あの世から憑依されたり、この世の人のいろんな思いに影響されてふっと自殺させられる場合も、人を助けてるかもしれません。苦しみから逃れて自殺するより遥かに良い所に行きます。自殺したから悪いとは限りません。高い世界に上がる人もいます。

質問者:
 特攻隊の死に方は?

ありがとうございます:
 昔の特攻隊もそうです。お国の為に、絶対に役目を果たさなければならない状況に追い込まれ、自分の命をお国の為に捧げ尽くしてます。小さい自分が無いです。本当の大犠牲精神を発揮してます。必ず高い世界に上がります。その時点で一切の執着を断ち切ってます。
本当は一瞬一瞬、毎日毎日、自分を死にきるような生き方が良いです。

質問者:
 武士道の死に方は?

ありがとうございます:
 武士道は死ぬことと見つけたり、と言葉があります。武の字は矛を止める、争いの心を静めるのが武です。絶対愛の働きです。愛の心をしっかり身に備えた人は武士です。それを生きるのは武士道です。自我の心を完全に死にきって自分を捧げ尽くして一瞬一瞬に生きるのが武士道です。そうゆう死に方だと自殺とは違います。大きい自分を生かしてます。


 殺生

質問者:
 最も悪い殺生は?

ありがとうございます:
 本当の殺生とは神さまの命を殺すことです。
神さまの命を受けないことが大きい意味の殺生です。感謝を忘れて本心の自分を生きてないことが最大の殺生です。後はどの命を生かすかです。

質問者:
 動物、虫、細菌を殺すことは?

ありがとうございます:
 大きい命を生かす方が殺生の罪から免れます。虫、動物を殺すのは嫌いと思いますが、人間と虫の命を比較した場合、人間の方が万物の霊長としては大きい命を頂いてます。小さい命を生かすのも良いですが、それを生かすことで人の命が奪われるなら、大きい殺生になります。
いろんな細菌に感染して病気で死んだら細菌は生かされてます。でも人が死にます。殺生の罪です。薬を飲んで細菌を殺して良いのです。生命力で殺しても良いのです。大きい命を生かしたので殺生の罪になりません。

 肉食

質問者:
 肉を食べるのは良いですか?

ありがとうございます:
 牛肉、豚肉を食べても食べた人が本当に大きい働きをするのなら、動物は進化をする働きの場を与えてもらったので喜びます。そして早く進化します。もし人間が動物と同じレベルでは殺して食べない方が良いです。
神さまの大きい命を本当に生かす人間だったら動物から肉を頂いても、動物を進化させる大きい働きをします。だから殺生の罪は無いです。命の生かし方はいろいろあります。


 食事

質問者:
 食事が少ない方が良く、多い方が悪いと考えて良いのか?

ありがとうございます:
 食事をすることで殺生をしてる考え方だと余り食べない方が良いです。必要なだけが良いです。必要なだけなら欲でも何でも無いです。仕事をするために必要なだけ食べるなら、食べられた方が喜んで身を捧げてくれる姿です。無茶食いは良く無いです。体を壊します。食べたら駄目は無いです。プラス思考で命を捧げ合ってるのです。命を頂いて大きい働きをすれば良いのです。断食は何も食べないから良いでは無いです。空気を吸ったり、水を飲んだりで既に殺生をしてます。
断食でも殺生の罪を免れることは無いのです。それよりも、何を食べても断食の生き方です。神さまに命を頂いてるのなら何を食べても良いのです。この断食が本物です。だから与えられる必要な物をしっかりと頂いて、神さまの御心を表すためのしっかりした生き方さえ出来たら、それが最高の生き方です。


 ありがとうございますのようになれる

質問者:
 ありがとうございますのようになれますか?

ありがとうございます:
 なれます。本当は簡単なんです。最初本体の自分が神さまから無限の無限の輝く光を受け直します。神さまから無限の無限の番組を与えてもらって、自由に好きなのを選んで楽しんで来なさいと送り出してもらったのです。最後には最高番組に心を合わせて、それを現実化しようと思ってるのです。最初に最高番組を見せてもらえたら良いように思えますが、それでは味気ないのです。無限の無限の番組があるからそれも見てみたいと思ったのです。初め好き勝手に低い番組を見て十分楽しんだのです。そして最後に最高番組に戻るようになってます。最初本体の自分は無限に無限に光り輝いた最高の自分だからどれも味気ないのです。マイナスに見えるのです。
 本体の自分からしたらどの番組もつまらんちっぽけな番組です。全部マイナスに見えます。だからどんどん番組を下げていけるのです。最初は感謝どころじゃないです。感謝しません。好きな番組を追うだけです。最初はそれで良いのです。いろんなマイナスの番組から学びがあるのです。本当の宝探しは、ごみの山から一つダイヤモンドを探すようなものです。そこに本当の幸せがあります。一番下から順番に宝探しをしながら上っていくのです。
 最後の最高番組はダイヤモンド以上の宝物ばかりです。そこに本物の価値を見出して幸せいっぱいになるのです。
感謝を始めた人はあらゆる番組を味わい尽くして最高番組に戻る過程にあります。これからは幸せが無限に無限に大きく広がるばっかしです。感謝は自分の力では無いです。本体の自分が大きい力を振るって感謝の心を起こさせて元に戻してくれます。自分を肉体の自分と見ない方が良いです。本体の自分と思い返すのです。無限に無限に感謝が出てきます。

 本当の幸せ

質問者:
 自分の幸せを優先してお祈りをしてしまいます、どうしたら良いですか?

ありがとうございます:
 本当の幸せは神さまが幸せの本体です。本当の自分が神さまから一瞬一瞬受けなおしてる中に無限の無限の幸せがあります。本体の自分が無限の無限の幸せをいっぱいつかんだまま崩れない。条件付きではなく、無条件の幸せです。その幸せな心でいろんな番組を見てその中から幸せを発見することは幾らでも出来ます。幸せな心は全てを幸せに見るのです。
 ところが番組の中にはまり込んで小さい自分をつかんで思いの心で幸せになろうとすると、ちょっと思い通りになると幸せを感じるのです。思い通りになっても本当の幸せではないです。小さい自己満足です。欲しい物が手に入っても幸せとは異質のものです。どんどん願いを適えてもたいしたことは無いです。エスカレートして行くばかりです。本当の満足にはならないです。本当の幸せはそれとは無関係です。何も無くても幸せです。本当の幸せはこの世が地獄絵図でも幸せなのです。本当の幸せな心は最高番組に波長が合って行くから現実も全て整った状態で幸せな形が生まれて来ます。感謝を深めて行く人が一番大きな幸せを心につかんで、それを波長合わせに使って番組を良い番組に変えて現実も幸せに変えていくのです。
 形が幸せにならないとはまだ環境の奴隷です。本当の自由自在で幸せな自分では無いのです。まず感謝を深めることによって自由自在な自分に戻るのです。幸せな自分をまずしっかりつかむのです。幸せな自分が奥にあるからみんな幸せを求めようとしているのです。奥の自分が本当の幸せを知っているのです。現実の自分と奥の自分でギャップが大きいのです。それで幸せになろうと考えるのです。奥の自分がすーと舞い降りてくれば良いのです。「ありがとうございますで」呼び出せば良いのです。神さまと一体の自分を引っ張り出す方法が「ありがとうございます」です。もうそこには幸せな心、幸せな状態しかないのです。
 これから幸せは求めるのではなく、発見して行くのです。既に与えられているものに気づけば良いのです。「無限の無限の幸せいっぱい」は、既に与えられている姿です。それを感謝の言葉「ありがとうございます」を唱えて本体の本当の自分を引っ張りだせば、本体の本当の自分は幸せいっぱいと気づいてるから、幸せが現実化します。

 祈り方

質問者:
 感謝心が無いのに感謝して効果があるのですか?

ありがとうございます:
 本体の自分がいろんな番組を眺めていく中で心に沢山のマイナスの言葉を使って思いを溜めます。無限のマイナスの思いでいっぱいになります。そうなると感謝の心を起こそうと思っても絶対に起きないです。そこで助けが入ります。他力の助けです。守護霊さん、守護神さん、ご先祖様、いろんな神さまの助けがあります。マイナスの思いをどんどん消してくれます。またいろんな思いをいろんな人が振り替えて逆に背負ってくれる場合が多くなります。
 この世の人、あの世の人を含めて、いろんな世界から助けてくれます。お祈りをし易い様助けてくれます。まず他力の助けを借りて思いを減らしてもらいます。そして光が通りやすくなって感謝の心が起きやすくなります。始めは他力のお祈りです。いろんな神さまが自分の中に入って唱えてくれてるのです。始めは、感謝の心が無くても「ありがとうございます」で良いのです。そしてだんだん有り難いになって、本当の感謝になります。

質問者:
 本当の感謝とは?

ありがとうございます:
 自力の感謝よりも、他力の感謝よりも一番根源の本当の神さまからの助けを受けた感謝行、絶対他力の感謝行が本当の姿です。絶対神の本当の感謝が無限の無限の輝きとなって宇宙全体に満ち渡ってるのです。その神さまの本当の感謝の光がすーっと自分の中に入ってくると、本当に嬉しくて感謝、感謝です。その感謝が本物になって行くのです。無限の無限の深い感謝になります。「無限の無限のありがとうございます」が中にある「ありがとうございます」になります。神さまからの本当の恩恵に触れた時、感謝せずにはいられなくなります。いつも無限の無限のマイナスを消してくれてることに気づくのです。
 普通だったらマイナスの思いをいっぱい溜めて地獄番組に落ちて苦しんでるかもしれません。それが永遠に続いてるかもしれない所を免除して、この世に生まれ変わってるとしたら、それだけで「無限の無限のマイナスを免除していただき、ありがとうございます」です。それが無限に出てこないと嘘です。無限の無限の感謝が出て普通です。「無限の無限のプラスがいっぱい」と最高の姿を神さまは与え続けてくれてます。無限の無限の感謝を捧げて当然です。さらにもう一つ無限の無限の感謝が湧き上がるように与えて下さるのです。さらにこれに無限の無限の感謝を捧げたくなるのです。神さまの大きいご恩に対して何所までも無限の無限の感謝を捧げても捧げ尽してもまだ足りないのです。これが本当の感謝になって行くのです。この感謝に必ず皆さんは戻るのです。絶対他力の感謝に引き戻してもらえるのです。
 ここに行くまでの過程は人によっていろいろあります。人によって自由自在で良いのです。途中は楽しむだけで良いのです。その時、その時自分が出来る感謝を積み重ねて、神さまのご恩にお礼をして行く気持ちです。「ありがとうございます」でお礼の感謝です。まず最初にこれが来ます。次には神さまの大きい働きのご用に使ってもらってる、本当の感謝の祈りの行に自分を使ってもらってるに変わってきます。神さまに使ってもらう感謝の祈り「ありがとうございます」を大きい光を振りまく感謝行です。世界を平和にするための大きい働きの感謝です。本当の幸せは与えて喜ぶのです。与えてもらうばかりでは、器が小さいとそれだけの幸せです。与えて湧き上がる幸せは与えれば与えるほど無限に無限に大きくなります。無限に大きくなる幸せです。神さまのご用に使ってもらう「ありがとうございます」は与えるためのお祈りです。
 このお祈りができる様になった時は幸せがどんどん無限に広がります。感謝すればするほど幸せ感が大きくなります。今まで小さい自分の幸せだけが、感謝することで回りの人全部が幸せになって行き、回りの人全部の幸せが自分の幸せになって行くのです。宇宙に無限の人がいたら、宇宙の無限の人の幸せが自分の幸せになります。だから無限の無限の幸せになります。そんな生き方の感謝にだんだんと変わります。「ありがとうございます」一言に無限の絶対価値があります。その中に本当の無限の無限の幸せがあります。一回一回の「ありがとうございます」を味わう様に感謝に皆なります。

質問者:
 感謝に終わりがあるのか?

ありがとうございます:
 止まらないです。幸せが湧いて来るのです。言葉を唱えてなくても感謝心が湧いて来るのです。それが本物です。言葉は引っ張り出すための手段です。湧きあがる有り難いは本物の「ありがとうございます」です。本物から神さまの「ありがとうございます」に変わって行きます。「ありがとうございます」には、有り難いだけではなく神さまの徳性が全て含まれます。美しい物を見たら、有り難いだけではなく神さまの徳性が全て含まれます。美しい物を見たらそこに最高の美を感じる心も「ありがとうございます」です。どんな難問題も瞬時に解決する無限の知恵もそこにあります。ありとあらゆる力、全てが「ありがとうございます」に含まれています。知恵が必要だったら知恵が、力が必要だったら力が必要に応じて湧いて出てきます。


 ヒーリング

質問者:
 ヒーリングについてどう思いますか?

ありがとうございます:
 人の為に病気を直したり、いろんな問題解決したりする為にお祈りをしたりするのは、良いことです。でもマイナスに見るとマイナスを引き寄せます。その見方は必ず謙虚な心で下から上を見上げる様にその背後に神さまをしっかり見とめるのが良いです。下から拝み上げるお祈りのお手伝いです。上から下を見るとマイナスに見えます。もっと下から見るのです。一番下から見ると万病抱えた状態から一つの山を見るぐらいです。この人は9999の減らされた山を持っている素晴らしい輝いた人だと見えます。一つだけ病気が残っているのです。その奥にまだまだ神さまが背後に続くと無限の無限の完全健康が奥に輝いてます。一番下から神さまを拝むような感じで「ありがとうございます」を唱えてあげるのです。常にプラス思考です。病気の人を見ても健康だけを見る見方です。一番下から見るとみんな輝いた健康な姿だけが見えます。自分は常にプラスだけを感じて神さまの光だけ感じてお祈りすればするほど楽になります。相手の人も神さまの助けを借りて幸せになります。



 ボランティア

質問者:
 ボランティアについてどう思いますか?

ありがとうございます:
 ボランティアの仕方、考え方は色々あります。自分に余裕があって人を助けるボランティアは、浅い小さいボランティアです。もし余裕が無くなったら人を助けることが出来なくなります。
 本当のボランティアは、神さまへの奉仕です。これは永続性があります。神に捧げたものは必ず大きくなって戻ってきます。捧げても捧げても、もっと素晴らしいものを与えてもらえます。どんどん自分の働きが大きくなって神さまから素晴らしいプレゼントを受けてどんどん与える量が多くなります。神さまとの交流のためのボランティアです。神さまから素晴らしいプレゼントを受けて恩返しの心で神さまの喜ぶように皆を幸せにする働きとしてボランティアをするのです。常に神さまの為に神さまに喜んでもらう様に世の為人の為に尽すのです。全部神さまに向けてます。自分の持ってるマイナスまで引き受けて消してくれます。過去に溜めた心の思いを順番に消してくれます。心はすーっと明るくなって喜びの心が湧きあがります。与えれば与えるほど感謝の心が深くなり、幸せが湧きあがってきます。その心で与えただけ必要なものが与えられます。神さまからいっぱい素晴らしいプレゼントをもらって、神さまへの恩返しで世の為人の為にいっぱい尽せる様になります。その循環がどんどん起こって大きく幸せになって行きます。永続性のあるボランティアです。常に神さまを相手にするのです。
 今回から始めるシール基金とかテープはみんなを幸せにしたいと神さまからのプレゼントです。神さまはお金はいらないです。みんなを幸せにしたいだけです。シール一枚にも大きい光を添えてみんなを幸せにする働きを起こさせるのです。このシールをお金をだして買う感覚は小さい見方です。お金を出してシールを買っても奇跡を起こせません。シールは神さまからのプレゼントで素直に喜んでもらったら良いです。「ありがとうございます」で良いのです。そして奇跡を起こしてもらうのです。神さまのプレゼントは無償だからタダで頂くのです。そのお礼に神さまのお手伝いをするのです。そのシールを頂けるように神さまのお手伝いをするのです。その為のお手伝いの資金として神さまからちょっとお借りすれば良いです。お手伝いの感じで無理のない感じで良いです。シールのプレゼント受けいれる人が増えます。それで幸せがどんどん広がります。その感じの方が自分が大きくなって行きます。ちょっと神さまからプレゼントもらったらそれっきりです。神さまのお手伝いになるとどんなにプレゼントをもらっても受けられます。お手伝いしてる限り神さまは大切に守ってくれます。どんどんプレゼントを与えてくれます。そして遠慮無くプレゼントを受ける心になります。そんなボランティアの心が良いと思います。


 死が近い人を前にして

質問者:
 今大病で死にそうな人がいる場合はどう考えるのですか?

ありがとうございます:
 今死ぬかもしれない、難病の人を前にして、どうしても病気を見るとああ大変とマイナスに思います。マイナスを思うとマイナスを引き寄せます。逆にマイナスを被せると悪くなります。病気を心から消し去って放し切って見るのです。その意味で始めはちょっとプラス思考で見るのです。難病と比較したら軽いんだと見るのが大事です。プラスに心が向きますから「ありがとうございます」と唱えて最高表現の世界を見ないといけないです。みんな完全健康なんだと、完全健康をしっかりと心に感じるまで「ありがとうございます」と唱えるのです。自分の心でマイナスの思いが完全に消えます。ここには神さましかいない完全健康の姿しかないと実感できたら、心のマイナスが消されたら、目の前のマイナスがどんどん消えて行きます。病気が好転したり、完治したりします。まず心の中のマイナスを消すのです。消さないと低い番組の中で留まるのです。マイナスの思いを消してもらう意味で「ありがとうございます」唱えながら心を光源へ向ける練習をするのです。


 寿命

質問者:
 寿命を「ありがとうございます」で延ばせるのですか?

ありがとうございます:
 「ありがとうございます」で宇宙絶対神の最高の力が全ての番組に働きます。自由自在に働きます。必要な助けを全部降ろしてくれます。普通病気の直し方もいろいろあります。マイナスの思いをちょっと横によけて病気を直す方法もあります。誰かが身代わりに振り替えて取ってくれたら、その人の病気も消えて無くなります。ほかの人が逆に病気になったりします。この世の人が振り替える場合も、あの世の人が振り替える場合もあります。本当の神さまの大きい光が舞い降りてマイナスの思いを消しきって直してくれる時もあります。
 ただ「ありがとうございます」はそれぞれに相応しい一番必要な助け方で直して良いなら直してくれます。もし勉強材料としてそれが必要なら直りません。的確に一番必要なものを与えてくれるのが「ありがとうございます」です。病気でも反省の為に与えてもらってる病気が直ったら駄目なんです。反省が出来ないのです。それでは本当の意味の幸せの最短コースを歩めないのです。
 
「ありがとうございます」は神さまの本当の幸せの最短コースを歩む為に必要なものを的確に与えてくれるます。どんな治療の仕方でも「ありがとうございます」を唱えながら受けた方が良いです。病院でも、薬飲んでも何でも良いのです。「ありがとうございます」を基本にするのです。「ありがとうございます」で勉強し終わったら直してもらえます。一瞬に消える時があるのです。


 家族

質問者:
 家族ついて教えて下さい。

ありがとうございます
 無限のいろんな番組へ降りてきて、その中から、いろんな幸せや学びを発見しようとしています。低い番組だと、いろんな研き合い、助け合いの中からプラスを発見して行こうとするのです。ちょっと高い番組に心を向けたらみんな神さまの愛の表れになります。一瞬一瞬の変身の姿で自分を幸せにする為にいろんな姿で出るのです。高い番組になればなるほど神さまの愛の変身の姿と受けられるのです。価値観の違いを気にしてる時は低い番組です。自分の妻とか子供とは言いません。神さまが一瞬一瞬、妻や子供の姿をとって自分を幸せにしてくれてる見方なのです。自分の所有物ではないです。神さまの愛の働きが変身の姿で出るだけです。いろんな神さまが一瞬一瞬変化して出てきます。同じ妻、夫で出ても順番に神さまが変わってるかもしれません。100人の神さまが妻なら妻の姿で順番に出続けてるのかもしれません。そうゆう姿で見れる方が大きい幸せになります。回り全ても同じです。

質問者:
 夫婦について教えて下さい

ありがとうございます
 番組ごとにいろんな学びがあります。いろんな発見の仕方があります。自分の物としてつかまない方が良いです。過去をつかんで執着の心を起こすと番組を変える邪魔になります。上の番組に切り替えが出来なくなります。
常に今受けたのは放した方がいいです。一切の執着を断ちきって過去を放すのです。必要な番組に移って行けます。一瞬一瞬の変身が自由自在になるのです。自分の夫と余り見ない方が良いです。今日一日だけぐらいにしましょう。明日になったらまた新しい神さまが夫の姿をしてるかもしれません。毎日毎日相手が変わる見方の方が良いかもしれないです。いつも新婚気分です。


 神と人間

質問者:
 神と人間の関係について教えて下さい。

ありがとうございます
 人間から神さまになるのでは無いです。無限に無限に神さまは輝いてます。無限に無限に輝いた神さまがいろんな姿に変身していろんな役割を演じて消えて行ってます。一瞬一瞬神さまの変身の姿が続いてるのです。人に変身するのはつまらんのです。大きい神さまは大宇宙に変身したいのです。神さまはその中身は無限に無限に輝いた姿で無限疾呼、もっと小さい素粒子まで無限に無限に輝いた姿をとって全部寄せ集めて無限に無限にさらに無限に無限に大きく輝いた姿を大きく表したいのです。それだけの大きい能力持ってる神さまが小さい姿をちょっと表しても嬉しくないです。一人一人の本心の自分はそれだけの大きい力を持ってます。宇宙の大神さまはその全てに対して最高のものを与え続ける神さまだから想像を絶します。神さまが小さい人に変身して見せてくれるのです。(疾呼(しっこ)=激しく早口に呼ぶこと。)


 本心

質問者:
 本心とは?

ありがとうございます
 本心の意味は本源心です。本源は神さまのことです。神さま、絶対から表れるものを一瞬一瞬受け直したら、受けた分が自分です。本当の意味の本心の自分です。絶対から湧き上がって来る、表れて来るものが無限に無限に輝いた姿を取ってます。それをどれだけ受けられるかです。それを感じた時感じただけが自分です。表面の肉体人間は億分の1も無限分の1も受けてません。奥の自分しか受けられてないです。肉体の自分に出てる意識は奥の自分のほんの一部の意識しか出てないです。まだ隠されている人もいます。感謝を深めて無限に無限に感謝を深めて奥の自分に戻ると良く分かります。感謝を深めるのは、心に溜めた思いを全部消すためでもあります。思いを消しきらないとそれが邪魔をします。思いの霧がかかると太陽も見えなくなります。思いの霧を感謝行によって消してもらうのです。そして霧が消えて太陽が見えます。太陽も遠いい所で見てても駄目です。どんどん太陽に近づいて見る方が良いです。感謝を深めて行くことは太陽に近づく意味もあります。神さまに近づいて一瞬一瞬受け直すと大きい自分に気づきます。


 神と人間は親子

質問者:
 神と人間は親子の関係のようなものですか?

ありがとうございます
 神と人間は親子の関係です。親と子は同じものです。人間は子から親になります。人間は成長して神になるのです。本当は神と人は離れてないのです。元から一体です。

 霊性

質問者:
 霊性とは?

ありがとうございます
 霊性の開発とゆう言葉があります。霊とゆう言葉は、肉体とか魂とかの言葉を使うと一番奥に霊があります。人間の三つの要素は、霊、魂、魄と見ます。霊は命を指します。魂は心、魄は肉体です。普通、霊は神さまの心そのままを写してると見るのです。その神さまの心を肉体まで輝かせて表します。それが霊性の開発です。本体と見ても良いです。


 本体

質問者:
 本体は永遠の生命と考えて良いのか?

ありがとうございます
 神さまが永遠の命そのものです。永遠不滅の存在です。そこから分かれて出て来てる本体の自分とか、霊なる自分は永遠不滅です。永遠不滅には本当の意味の永遠不滅と、移り変わりが永遠に続いてる永遠不滅があります。本体の自分は永遠不滅です。


 コミュニケーション

質問者:
 人とのコミュニケーションにアドバイスはないですか?

ありがとうございます
 本当は通じ合わない方が多いです。一人一人全部受け方が違います。一人一人神さまから与えられたものの中から何を受けるかの問題です。人の話を聞いても多分ほとんど通じてないです。自分なりにしか受けてないです。人がこう言ったは間違った表現です。私はこの様に聞いたが正しいです。
 本当に相手の心と本当に一つになっても中々素直に聞けないと思います。特に表面の言葉は心を本当に正しく表現できるかは難しいです。言葉ではちょっと足りない所があります。相手の心を本当に汲み取って言葉を使って表現されたものから感じ取ろうと思っても難しいのです。
 まず言葉の定義の仕方が全部違います。過去にどうゆう勉強をしてきたか、過去にどうゆう言葉の使い方をしてきたかによって、一つの言葉でも一人一人の受け止め方全部違います。神さまとゆう言葉でも、何を指してるか?全部違います。100人いたら100人全部違います。ほかの事も全部似てます。100言葉を聞いて1つ正しく受けられるかな、ぐらいです。
 みんな自分かってにしか聞いてないです。しかしそれで良いです。自分に必要なものを回りの環境から吸収するだけです。真理の言葉は真に奥深いです。「ありがとうございます」でも、受け止め方全部違います。何か良い物もらって「ありがとうございます」の人がいれば、本当の神さま、天照大神さまの姿で無限に無限に輝いた姿で感じ取る人もいます。無限の無限の段階があります。神さまの心を汲むのも難しいです。「ありがとうございます」唱えながら神さまの心を汲み取ろうと自分がその心境にならないと理解できません。その同じ状態に到達するまで時間がかかります。
 この世の人は、どうしでも本当に相手の心を汲み取ろうとしても難しいです。それでいいです。人の心を読みとっても余り意味がないです。みんなの心を読みとるのに時間費やして、自分が何をするのか分かりません。だからマイペースで自分に必要なことを回りから必要なだけ与えてもらって自由に汲み取ったら良いです。


 幸せ

質問者:
 幸せとは光で心を満たすことですか?

ありがとうございます
 幸せは既にあるのです。気づくだけです。その邪魔な思いの霧が立ち込めると有るものが見えなくなります。その思いを消してもらえば良いのです。消してもらう一番の方法が「ありがとうございます」で神さまを呼ぶことです。
 
本当の神さまの名前が「ありがとうございます」です。その神さまを呼んだら一番大きい力で必要なもの与えてくれるのです。思いの霧を消した方が良い時は消してくれ、気づきをいっぱい与えてくれるのです。有り難いから感謝するのではなく、神さまの助けが必要だから呼ぶのです。「ありがとうございます」で本当の神さまの助けを呼んでることになって、必ず助けを与えてくれます。自分の段階に応じて本当に必要な助けを与えてくれます。いろんな気づきが増えます。


 コントロール

質問者:
 偉大なものを信じて自分をコントロールしようとしない方が良いのですか?

ありがとうございます
 
自分の力では限界が来ます。いろんな人に助けてもらっても限界があります。本当の神さまは無限の力があります。神さまに助けてもらう方が楽です。「ありがとうございます」で神さまが助けに来てくれます。


 無限のありがとうございます

質問者:
 「無限の無限のありがとうございます」でも良いですか?

ありがとうございます
 
「ありがとうございます」でも良いです。「無限の無限のありがとうございます」が入ってる「ありがとうございます」が良いです。


 合成洗剤

質問者:
 合成洗剤を使っても「ありがとうございます」で環境に問題が無くなるのですか?

ありがとうございます
 「ありがとうございます」と唱えたら必要なものが与えられます。一番良いものが集まります。必要なものを与えてもらって自然に使ってる姿をとります。形の方から入らなくても自然に必要なものは整ってきてそれを使わせてもらってる状態になります。それで十分です。
 「ありがとうございます」には無限のパワーがあります。中から変化します。水でも「ありがとうございます」が入ったら美味しいお酒に変わるかもしれません。表面を変えるのではなく瞬間瞬間で置き換わり与えてもらえます。天から物質化する感じで降ってくる様に与えてもらえます。過去をつかんで選択しないのが良いです。過去のマイナスをつかんだら神さまから与えられてもそれを拒絶することになります。
 神さまの方は何が必要か良く分かってます。「ありがとうございます」を唱えれば必要なものをどんどん与えられます。自分には必要なものが的確に与えられ良くなるだけと思う方が良いです。後は自然に任せるのです。


 縁

質問者:
 今日講演に来た40人ほどの方達とは何か縁がありますか?

ありがとうございます
 ここへ来る前に「ありがとうございます」と感謝の心を起こせる様になってなかったら今日ここに来てないと思います。ここに来る理由は全部感謝のお祈りを深める意味で確認で来ると思います。縁でも過去生の縁は腐れ縁が多いです。その縁ではマイナスへ引きずられ易いです。
 神さまの光の縁は新たに与えてくれる縁です。神さまから必要なものを与えてくれる繋がりの縁が本当の神さまの縁です。神さまの方は一人一人幸せの道をしっかり見極めて最短コース歩ませようと一生懸命守ってます。感謝の時期が来たら必ず神さまの助太刀が入って来ます。その人の心変えてでも生きたいと心を起こさせたり、また誰かから誘われてウン付いて行って見ようかと心変えさせたりと、あの手この手をいっぱい使ってでも助けてくれます。偶然では無いです。大勢の神さまの助け、いろんな人の縁をたどってでも助けてくれます。神さまから与えられた新しい縁です。


 腐れ縁

質問者:
 腐れ縁を断ち切る方法はありますか?

ありがとうございます
 腐れ縁は過去の思いです。思いはみんなを縛るのです。一言思うだけで人を縛り自分を縛ります。鉄の鎖で繋がれる様に雁字搦めに繋ぎ合わせてしまいます。だから思いを消すことが大事です。思いを消す方法は色々あります。一番消してもらい易い方法は「ありがとうございます」と神さまを呼ぶことです。早く思いを消してもらえます。感謝が出来ない場合は神さまのお役に立ちたい意味で奉仕活動をすれば良いです。世の為人の為に恩返しの意味で奉仕活動をすると、自分の持ってるマイナスが奉仕活動を通して神さまの方に行きます。神さまの方に行ったマイナスはどんどん消してくれます。それで自分の中の思いが軽くなります。人の為に与える方が良いです。人にお世話になったり迷惑かけた場合は人の思いを背負うのです。自分はしっかり働いて与える側になった方が良いです。自分の中にある思いを人が背負ってくれます。自分の中の思いが少なくなります。

質問者:
 腐れ縁で結ばれる人は感謝が無いのですか?

ありがとうございます
 感謝を忘れてます。本当の意味での神さまの奉仕で思いを渡してないです。預けてないです。人との関係でも人からの借りや借金が多いのです。思いをいっぱいもらってるのです。思いの縛りがいっぱいになって苦しくなるのです。

質問者:
 腐れ縁は永遠に切らないかぎり続くのですか?

ありがとうございます
 必ず切る時期がきます。本体の自分の方から時期が来たらいろんな働きを加えてきます。必ず方向転換する時期が来ます。その時から感謝が始まります。

質問者:
 それは待つしかないのか?

ありがとうございます
 本体の自分は良く知っています。表面に出ている自分は気づいてません。気づきだしてる時は本体が働いてる時です。

質問者:
 親類縁者は前世からの因縁が必ずありますか?

ありがとうございます
 低い番組はそうです。縛り合う姿があります。でも高い番組は過去の腐れ縁はないから、一瞬一瞬良い姿を受け直すだけだから、縁は関係無いです。自分がどうゆう番組を選ぶかによって、過去の縛りから抜け出せるかが決まります。「ありがとうございます」を唱えたら過去の縛りから抜け出せます。常に神さまから受け直す生き方になります。過去は無関係です。


 祈り言葉

質問者:
 先生は始めから「ありがとうございます」と唱えていたのですか?

ありがとうございます
 「ありがとうございます」か何も唱えないで光を感じるかです。


 祝詞

質問者:
 古神道とか神道で神職が唱える祝詞は「ありがとうございます」と比較するとレベルが落ちますか?

ありがとうございます
 祝詞は説明文みたいなものです。本当のエキスは祈り言葉です。


 英語と日本語

質問者:
 「Thank you」と「ありがとうございます」の違いは?

ありがとうございます
 役割の違い、働きの違いがあります。良い悪いではないです。


 お願い

質問者:
 神さまにお願いをしても良いですか?

ありがとうございます
 お願いは求める心で、マイナスに波長が合います。不足の心になります。まだしっかりプラスのものをつかんでない状態です。マイナスを引き寄せ易いです。だから平和にして欲しいと願うと、平和でなく戦争状態になります。法則の神さまと救済の神さまと2つに分けた場合、救済の神さまはその辺を良く見極めて助けて欲しかったら助ける働きもあります。
法則的には求める心はマイナスです。同じ祈りでもマイナスの祈りになります。マイナスを実現します。感謝が一番良いです。プラスの言葉を使って「ありがとうございます」が良いです。病気を直してもらうなら「健康ありがとうございます」と唱えます。「平和をありがとうございます」「幸せありがとうございます」としっかりとプラスの言葉をつかむ方が良いです。


 神棚と仏壇

質問者:
 神棚、仏壇をどう思いますか?

ありがとうございます
 ただの模型です。模型の使い方は一人一人自由自在で良いです。模型をどう使おうと神さまにとって別に関係無いです。自分の心さえプラスになって行けば受け易くなります。本当は模型をみんな買っても別に良いです。どんな模型があっても、どんな使い方しても大丈夫です。みんな自由に模型を活用すれば良いです。

質問者:
 必要無いなら無いでも良いですか?

ありがとうございます
 模型を必要無いと思う人は模型をなくしても良いです。罰は当たりません。

質問者:
 お墓も無いで良いですか?

ありがとうございます
 あってもお墓に入れる人はいません。入ったら出れません。地獄です。この世から去ったら本人にとって最も相応しい所に行きます。この世しかない、死んだらあの世で眠るんだ、お墓に入るんだと思うことが可笑しいです。そうゆう言葉の縛りに合わない方が良いです。死んだら最高の極楽世界に上るんだと思いましょう。
 この世から無くなった人のお墓なんか必要無いです。もし作るなら作っても良いです。ただこの世の人が心を向ける対象としてご先祖様を呼びやすいのであるのです。位牌ががありますが位牌の中に閉じ込められたら大変です。可笑しいことです。本当に罰当たりです。神さまは絶対に人の自由を縛りません。人が人の自由を縛ること自体可笑しいです。ご先祖様は無限に無限に輝いて極楽世界にいると思った方が良いです。そこから守ってもらいましょう。


 お盆、お彼岸

質問者:
 お盆、お彼岸をどう考えたら良いですか?

ありがとうございます
 みんなマイナスの言葉使いすぎて、ご先祖様を悪く見るのです。本当に彼岸に行ってるご先祖様だったら、無限に無限に輝いた悟った姿です。そのご先祖様がわざわざ何かして欲しくて帰って来たらいけないです。いつも守っているのです。一番高い所から無限の無限の光を放射して守りに守ってくれてます。いつも身近にいます。ご先祖様は迷ってません。迷ってるのは人間の方です。言葉どうりの番組があります。言葉どうりの番組が無限にあります。マイナスの番組を見てしまうだけです。神さまはそれを喜びません。最高番組だけを見て欲しいのです。マイナスの言葉必要無いし、つまらんプラスの言葉も必要無いです。最高の誉め言葉で最高番組しっかり受け止める方が良いです。


 プラス、マイナス

質問者:
 プラス、マイナスは良い悪いと違いがあるのですか?

ありがとうございます
 良いことはプラス、悪いことはマイナスです。いろんな要素の振り分け方があります。全部ひっくるめて良いことをプラス、悪いことをマイナスです。その時その場所で立場が変わるかもしれません。熱いのが良い時と、冷たい時が良い時があります。

質問者:
 人間の判断と神さまの判断にズレが起こる場合があると思います。

ありがとうございます
 あります。人間の立場から見るのと、神さまの立場から見るのでは正反対の時も多いです。思いの自分と神さまの心は正反対です。感謝の自分と神さまは一致します。感謝の心で見て行けたら神さまの判断と性格に一致して行きます。思いの自分の判断はまったく正反対になります。


 他人の思い

質問者:
 他人の思いを満たす為に行動するべきか?

ありがとうございます
 
お節介な人は多いです。本当に幸せな人は人の自由を縛りません。本当の幸せをつかんだ人は幸せの押し付けは絶対にしません。思いの心は人を縛ります。自分がこれが幸せと思うだけで、ほかの人も同じ様に幸せと思いなさいと縛って行くのです。思いの幸せは一人一人違います。お金があったら幸せの人もいれば、美味しいご馳走食べられたら幸せの人もいます。みんな幸せが違います。思いの違いだけ、幸せの種類が変わり、思いの縛りになります。みんなから違う幸せを押し付けられたら雁字搦めに縛られます。人の思いに縛られない自分が良いです。人の思いが来たら消してもらうのです。「ありがとうございます」と唱えたら神さまの光のバリアーが張られます。心に触れる前にバリアーに触れて消してくれます。人の思いの影響を受けなくなります。「ありがとうございます」を唱える人は得します。


 お供え物

質問者:
 ご先祖様にお供え物をするのに意味はありますか?

ありがとうございます
 本当はご先祖様にお供えして食べてもらうのではないです。逆です。最高の世界にいるご先祖様から必要な物を頂いてるのです。お供えしても全部こっちの方、向いてます。日々必要な物をご先祖様から頂いてる感謝の心を起こすための模型です。
日々お供えする時は最高の物をお供えしないと損です。こんなに最高な物を頂いて幸せいっぱいですと受けるのです。素直に受ける練習です。


 幼児虐待

質問者:
 虐待を受けてる子供に接する時のアドバイスはありませんか?

ありがとうございます
 マイナスと取り組まない方が良いです。最高番組に心を向けて受け直す方が良いです。

質問者:
 子供達も自分で選んで来てると思いますが、どうしても見捨てられません。

ありがとうございます
 根本から見ると、自分で心の波長を合わしてる番組です。自分しかその姿を見れないと思った方が良いです。自分の見ている世界は自分で番組選びして見てる世界です。他の人は別の見方の番組を見ています。一人として同じものを見ていません。自分の世界にマイナスがあったら、マイナスの言葉を使ったりマイナスを思い出して低い番組に波長を合わしたと見た方が良いです。
 マイナスを消す場合は高い番組に変えたら良いです。自分の心をプラスに変えるのです。その方法がプラスの言葉つかむことです。「ありがとうございます」と唱えて神さまの助けを受けてマイナスを消してもらってプラスに置き換えてもらうのです。自分の見ている世界ががらっと変わります。マイナスの姿がプラスの姿に置き換わっていきます。それが一番早い変え方です。マイナスと取り組んだら番組が変わりにくいです。同じことを繰り返すようになります。つかんだマイナスをもう一度心に取り込んでしまいます。心に入れたマイナスが番組予約するわけです。マイナスをつかみ続けると番組が下がり続けます。
 同じ番組でもプラスを拾い集めたら良いです。マイナスは相手にしないのです。プラスに取り組むのです。後は「ありがとうございます」と唱えて神さまの大きい助けを受けてマイナスを消してもらうのです。


 News

質問者:
 Newsを見るよりお笑い番組を見た方が良いのですか?

ありがとうございます
 そうです。マイナスのNewsはあまり良くないです。世の中にマイナスを増やすだけです。似たようなマイナスの事件がいっぱい出てきます。もっと良いNews流してもらったら良い出来事いっぱい出てくると思います。お互いが良いNewsを流し合うのが良いです。


 長所

質問者:
 人の欠点を見るより長所を見るべきか?

ありがとうございます
 そうです。自分に対してでも、人に対してでも長所を伸ばせば欠点は無くなります。

質問者:
 反省は必要ですか?

ありがとうございます
 本当の反省はプラスに行けるように反省する方が良いです。

質問者:
 間違ったと思ったら後は手放せば良いですか?

ありがとうございます
 そうです。マイナスをつかむことが良くないです。それを反省してプラスだけをつかむのです。


 不幸な人を見たら

質問者:
 不幸な人を見たらただ見てるだけになりそうです。

ありがとうございます
 その方が理想です。
マイナスに見えることが失礼です。この人は無限に輝いた立派な神さまだと見るのです。マイナスに見えても私の見方が間違ってましたと思いましょう。本当は無限に輝いた神さまばかりと褒めちぎるのです。かわいそうは失礼。ほっとく方が良いです。かわいそうにと思い色々しても、自分のマイナスの思い相手に被せるだけです。助けてもらった人は幸せにならないのです。借りを増やすだけです。どんどん運命が悪くなります。感謝して拝み上げる生き方の方が相手に大きい幸せを神さまの助けを与えることになります。根本から幸せになります。


 かってに助けるな

質問者:
 病人から直して下さいと言われるまで、助けるなとゆうことですか?

ありがとうございます
 そうです。自分が誰かをマイナスの病気と見ることは、自分の心の間違いです。病人に見ないと言った方が良いです。あなたは無限に輝いた健康そのものの神さまですと言うのです。そのぐらいが良いです。


 成長

質問者:
 不幸な人、病気の人は自分が成長する為に選んできてると考えて良いのですか?

ありがとうございます
 色々な考え方があります。色々な考えがあって良いと思います。その考え方がどの程度かが問題です。マイナスをつかんだ低い考え方では良くないです。マイナスを一切相手にしない考え方が良いです。みんな神さまと拝んだ方が良いです。無限に輝く素晴らしい神さまばっかしと考えた方が良いです。その方が自分の世界が最高番組の姿になっていきます。低い番組を見てなんぼ一生懸命マイナスを変えようとしても上手く行きません。それはアホです。始めから高い番組に振り替えた方が良いです。


 世界の終わり

質問者:
 世界の終わりは近いですか?

ありがとうございます
 みんな言葉通りになります。言葉には励ましもあるし、心の向きを変えるための方便的な働きもあります。本当の言葉は「ありがとうございます」だけで良いです。最高番組をしっかり受け止める生き方が一番正しいです。そんな予言は本当になるなら言わない方が良いです。そんな人は馬鹿です。あなたは明日死にますと予言して、人を傷つけるだけです。言わない方が良いです。本当に予言通りなるなら必要無いです。そんなことは知らない方が幸せです。言って幸せになるとは限りません。心をプラスに向けさせるなら方便として使うなら役に立つかも知れません。そう考えたら良いことかも知れません。

質問者:
 「ありがとうございます」と唱えていれば何も恐れることは無いのですか?

ありがとうございます
 何も無いです。最高番組の世界だったら完全平和の世界です。それをしっかり捕らえただけで過去の低い番組は無関係になります。無限の人がいて無限の言葉で無限の考え方でみんな好き勝手に言います。それを真面目に聞いては疲れます。

質問者:
 人の言葉に振り回されるなですか?

ありがとうございます
 人の言葉に振り回されない方が良いです。皆それぞれ、これが良いと言います。神さまが最高に良いと言うのは「ありがとうございます」で最高番組をつかむことです。他のは比較したら程度が低いです。どんな貧相な言葉もたいしたことないです。

質問者:
 アセンションについては?

ありがとうございます
 ある意味、下からの積み上げでの立派になるなり方です、たいしたこと無いです。既に悟った自分が舞い降りてくれば良いです。天から舞い降りて来る自分だったら自由自在に幸せな姿を表せます。何か条件付でこうしないと悟れないのは間違った言葉です。自然に悟った人に対して失礼千万です。みんな悟ってるが「ありがとうございます」の感謝行です。これから修行して悟りなさいと言うのも失礼です。色んな言葉があっても一番良い言葉を選ぶのもこの世の勉強です。何が一番幸せになる言葉か自分がしっかり選ぶのがこの世の勉強です。沢山の言葉の中から最高の良い言葉を選べば良いです。それさえ出来れば言葉通りになります。

質問者:
 「ありがとうございます」と唱え続けても世界の終わりが近づいてると考えてしまいます。理論的に考えると全体のマイナスの考えの方が増えてると思います。

ありがとうございます
 上手に理論的にマイナスの言葉を使ってます。言葉通りに波長が合ってます。「ありがとうございます」と感謝する人ばっかしだと思った方が良いです。みんな感謝ばかりして無限の幸せいっぱいつかんで最高の極楽世界があると見れば良いです。

質問者:
 この世界が極楽世界だと考えて良いですか?

ありがとうございます
 一番奥に最高の極楽があってそれがこの世に移ってこの世も最高の極楽だと言えば良いです。


 霊魂

質問者:
 本体があるなら霊魂はいくら消滅しても良いのですか?

ありがとうございます
 本体の自分が永遠不滅です。変化しないです。永遠不滅の者だから無くなりません。本体の自分は大宇宙です。本体の自分は何にでもなれます。今人間になった魂もあります。植物でも鉱物でも動物でも何にでもなれます。その方が凄い自分です。その本当の自分さえ「ありがとうございます」で受け直したら後は自由自在で番組楽しむだけです。


 世界平和

質問者:
 「世界人類が平和でありますように」は平和を意識していますか?

ありがとうございます
 なりますと言うと戦争状態を見てます。ありますは今ここに平和があります。肯定する言葉を使う方が良いです。「世界が平和でありがとうございます」です。人類が今まで祈りに祈って来たと言うけれど、マイナスの祈りをし続けてます。まずマイナスをつかんでマイナスが無くなりますようにと祈ってます。マイナスの祈りです。マイナスを実現し続けてる感じです。プラスの言葉だけの祈りが良いです。プラスの言葉の最高は「ありがとうございます」です。


 ばかやろう

質問者:
 ばかやろうと言ってしまったら「ありがとうございます」でいいですか?

ありがとうございます
 「ありがとうございます」は過去、現在、未来の全てに働きます。過去のマイナスも全部消してくれます。


 言葉に出す

質問者:
 「ありがとうございます」は思うよりも言葉に出した方が大切ですか?

ありがとうございます
 思う時は言葉を使ってます。言葉が思いの中核です。「ありがとうございます」と言葉を使うから有り難いと思うのです。まず言葉が先です。後は思いが自然に出てくる感じです。感謝の思いは「ありがとうございます」と唱えることで感謝の思いになります。思いと言うより感謝の気持ちです。口に出す意味ではなく心で唱えることも言葉を使ってます。言葉を使うことが大事です。


 後何年生きる?

質問者:
 先生はあと何年生きる予定ですか?

ありがとうございます
 私は無限億万年生きます。必要なだけいつまでも生きます。みんなに嫌われてこの世から去って欲しい言われたら逝ってしまうかもしれません。必要なだけ寿命が延びます。

質問者:
 ずっと生きてて下さい。

ありがとうございます
 はい。


 不倫

質問者:
 不倫関係で悩んでるある主婦がいます。あなたが不倫だと思ったら不倫だし、不倫じゃないと思ったら不倫じゃないので楽しんだら良いと思いますと言ったら中々納得してくれません。良きアドバイスを下さい。

ありがとうございます
 一瞬一瞬神さまから受け直す立場になったら思いが無いです。感謝の気持ちで神さまのプレゼントを受けるだけです。そうゆう人を苦しめる言葉は要らないです。不倫と言う言葉を使うとそこに巻き込まれます。マイナスの言葉は使わない方が良いです。使ったらそうゆう番組へはまり込んで行きます。良い言葉使ってたら良い番組へ行くだけです。プラス言葉選びです。

質問者:
 不倫を何と言ったら良いですか?

ありがとうございます
 「ありがとうございます」です。この中に全ての幸せが含まれてます。必要なものは与えてもらえます。一瞬一瞬「ありがとうございます」で生きることが大事です。

質問者:
 不倫も良い人を与えてくれて「ありがとうございます」で良いですか?

ありがとうございます
 もうそれは無いです。そうゆうマイナス言葉を付けない方が良いです。全て「ありがとうございます」で第一番の姿をとります。
カウンター
0.1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.32.33.34.35.36.37.38.39.
40.41.42.43.44.45.46.47.48.49.50.51.52.53.54.55.56.57.58.59.60.61.62.63.64.65.66.67.68.69.70.71.72.73.74.75.76.77.78.79.
80.81.82.83.84.85.86.87.88.89.90.91.92.93.94.95.96.97.98.99.100.101.102.103.104.105.106.107.108.109.110.112.113.114.115.
116.117.118.119.110.111.112.113.114.115.116.117.118.119.120.121.122.123.124.125.126.127.128.129.130.131.132.133.134.135
.136.137.138.139.140.141142.143.144.145.146147.148.149.150.151.152.153.154.155.156.157.158.159.160.161.162.163.164.165.166.167