カウンター
0.1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.32.33.34.35.36.37.38.39.
40.41.42.43.44.45.46.47.48.49.50.51.52.53.54.55.56.57.58.59.60.61.62.63.64.65.66.67.68.69.70.71.72.73.74.75.76.77.78.79.
80.81.82.83.84.85.86.87.88.89.90.91.92.93.94.95.96.97.98.99.100.101.102.103.104.105.106.107.108.109.110.112.113.114.115.
116.117.118.119.110.111.112.113.114.115.116.117.118.119.120.121.122.123.124.125.126.127.128.129.130.131.132.133.134.135
.136.137.138.139.140.141142.143.144.145.146147.148.149.150.151.152.153.154.155.156.157.158.159.160.161.162.163.164.165.166.


ar13因縁が解消する 2002.2.22

☆ありがとうございますを言うことで自分と共に家系の因縁のようなものもきれいになりますか?

ーありがとうございますー
自分の世界全部が良くなります。一本の木を眺めた時に太い幹があり細かく枝分かれしていっぱい葉っぱがついてます。根元に近づくほど単純にひとつになっています。本当の神様に近づけば近づくほど単純化していきます。単純なひとつの中に全部あるんです。

 スピードが早まるのは良くなること

☆以前ここへ来た妻と息子が、いいことも悪いことも展開のスピードがすごく速く感じられるというのですがそれはプラスに向く前兆と考えていいですか?

ーありがとうございますー
スピードが速いというのは番組が上へ上へあがっているんです。だから良くなるんです。悪くなる時にスピードはないです。必ず良くなります。

 必要なものは必要なところへ

☆9年前に五井先生から頂いた掛け軸を預けた場所がわからなくなっていて、お正月に叔母の家にかけてあるのを見つけましたが叔母も忘れていて、必要ならあげると言われました・・・。

ーありがとうございますー
神様は必要なものを必要なところへスッと届けてくれるんです。自然に必要なところに出るんです。

 眠くなっても深い祈り

☆お祈りをするとものすごく眠くなりますが・・・。
車の中でとにかくありがとうございますをずっと唱え続けています。それが楽しみです。

ーありがとうございますー
眠くなってもそれでいいんです。深いお祈りに入っていくんです。
車の中で唱え続けるのも光を振りまく大きい働きです。

 必要なものを前もって与えられる

☆今朝は体調がひどく悪くて、とてもここへは来れないと思いましたがありがとうございますのテープで元気が出て来ることが出来ました。

ーありがとうございますー
必要なものを全部与えてもらっています。先を先を見越して必要なものを前もって与えられています。気付きも与えてもらっています。

 神さまに不可能はない

☆昔の教え子が脳腫瘍になっている事を聞き、何か自分に出来ることが見つけられるかとここへ来ました。

ーありがとうございますー
 神様に不可能はないんです。真剣にありがとうございますを唱えて神様にお任せしたらどんな難病奇病でも治るんです。本人が出来ない時は周りの人がすればいいんですが、本人がするのが一番いいです。感謝が深くなるのが一番幸せなんです。そういうのをちょっと伝えてあげられたらいいです。それが感謝をするきっかけになります。何かそういうキッカケがないと実行も何も出来ないです。真剣にありがとうございますを唱えたら表面の病気が治ることなんかじゃなくて本当に神様を感じ取れる自分に変ってくるからそれが最高の幸せです。病気をするというのもそのいいチャンスです。

 ありがとうございますの中にありがとうが含まれる

☆ありがとうとありがとうございますは言い続けた時その効果の現れ方に差がありますか?

ーありがとうございますー 
ありがとうございますの中にありがとうが含まれています。ありがとうございますは本当の神様の名前だからその中には全てがあって一切自由を縛らないで自由自在で全てを護り続けてくれます。極端に言うとありがとうの「あ」だけでも護ってくれますから軽くありがとうでも護り続けてくれます。でも
護りが大きく受けられてそれを実感するようになった時は自然にありがとうございますに変化します。あまりに神様の働きが大きすぎて軽くありがとうとは言えなくなります。最初は軽くありがとうでいいですが最後は真心をこめたありがとうございますに変化します。どちらも自然でいいんです。対立はしていません。本当のありがとうございますの中にいろんなありがとうもありがとうございますも含まれています。


 「ありがとうございます」は宇宙の大神さまの名前

☆ありがとうございますが神様の名前という事をはじめて聞いたのですがどういう神様ですか?

ーありがとうございますー
宇宙の全ての全てなる大神さまです。全てだから全てに感謝になるわけで石ころ一個でもありがとうございますと言えるんです。

 必要なだけが一番幸せ

☆無限のありがとうございますとか無限の感謝のありがとうございますとか祈り方の違いでパワーの差がありますか?

ーありがとうございますー
神様のほうは無限のパワーがさらに無限に無限にあるんです。それを唱える人に対して必要に応じて必要なだけ与えてくるんです。必要以上に与えて貰っても困ります。何でもそうですが必要なだけが一番幸せなんです。だから必要なだけ与えてくれるのがこの言葉です。足りないという事は絶対無いし余りすぎて困るという事もないです。本当に必要なだけを一瞬一瞬与えてくれるんです。受ける側にとって必要な分を与えてくれるからその加減は神様の方がしてくれるから完璧なんです。

 良い事ばかりが集まる

☆この世のすべてのものに命があるという話をラジオで偶然聞いて、すごく感動しました。

ーありがとうございますー
いい話聞けるのは素晴らしいです。ありがとうございます唱えたおかげかもしれないです。いい事ばかりが集まってきます。

 周りを変えるのではなく自分の見方が変わるだけ

☆話している人に対してありがとうございますを心の中で祈る事がやっとできるようになりましたがそれで相手の人も変ることができますか?

ーありがとうございますー
もともと皆神様の現れで神様の愛がいろんな姿をとって出て来ているんです。もともとはみんな自分を幸せにしようという姿だけです。それを感じるようになってきますからプラスばっかりになってきます。周りを変えるのじゃなしに自分の見方が変ってくるんです。今まで見えなかったものが見えてくる気付くんです。今までは単なる人やものだったのが、これが神様の愛の姿というふうに気付きが増えて直接神様の愛を感じ取るようになってきます。それがどんどん番組があがってプラスに感じるという姿です。

 神さまを受けるだけでスッと天命が果たされていく

☆大きな意味での天命はありがとうございますを唱える中にあると思いますが現実に今世でしなくてはいけない個としての自分の小さい意味の天命も唱えることではっきりしてくるのですか?

ーありがとうございますー
感謝を忘れていると思いがどんどん出てきます。思いはひとつのことに囚われて執着して小さく小さく掴んでいくから自分の世界が狭くなります。それだといいものが少ないからまたそれを消えたら困ると大事に握りしめないといけないです。ますます小さく掴んでいきます。感謝は正反対です。感謝すると世界がぐんぐん拡がります。神様へ戻っていくから、神様は無限に無限に大きいです。神様に近づけば近づくほど自分の世界が大きく大きく拡がっていくんです。その中に天命という本当の一番大きい天命というのがあってその中に細かい天命が全部取り揃えられています。だからこの世のこの一生の天命も完璧に果たされていくしもっと上の無限の段階の天命も全部スーッと光が通って果たされていきます。どこまでも大きく大きくなっていくんです。ありがとうございますとただ感謝するだけ神様を受け入れるだけでいいんです。自然になるんです。

☆お世話になった人が鬱になっていることを聞いて、ありがとうございますを伝えましたが今の自分には妻と主治医の先生が神様ですという返事が来ました・・・。

ーありがとうございますー
その人にとってお医者さんや奥さんが神様と思えたら、本当の神様がそういう愛の姿をとって助けているんです。だから奥さんや主治医の先生にありがとうございますといえばそれだけで本当の神様の繋がってしまいますからそれだけでいいんです。奥さんに主治医の先生にありがとうございますと言えばそれでいいんです。ありがとうございますは他と分離して唱えないといけないんじゃないです。
全部と繋がっているからどこを通してありがとうございますをいっても大丈夫だし何も通さなくっても大丈夫なんです。そこが自由自在なところです。
天命も自分が何かするんじゃないんです。神様から与えられたものを受けた時に天命が果たされるんです。この世で何かするのもそうです。神様の助けを受けてスッと必要な天命が果たされていきます。全部神様から受けるだけなんです。たくさん受ければ受けるほど大きいたくさんの天命を果たしているんです。受けるだけなんです、だから楽になります。
自分が力んで努力してじゃなく神様が全部してくれるんです。受けるだけでスッと天命が果たされていくんです。

 宇宙創造の働きというのは言霊で流れ出る

☆すべてのものは言霊のような微細なものから構成されているのですか?

ーありがとうございますー
神様の宇宙創造の働きというのは言霊で流れ出るといえますが、その言霊が小さいか大きいかというと両方あるんです。無限に大きいものが小さくもなるし無限に小さいものが大きくもなるんです。神様の働きはどこから来るかというのも縦横無尽で全方向からやってきます。それでいて自分の中からも無限に無限に全方向へ湧き出ます。外から自分の中に入ってくるとなると無限に無限に大きいものから全方向から大きい光の大光体が飛び込んで来るわけでまた、自分の中からというと無限に小さい無の極点から無限に湧き上がって全方向に放射されていくんです。この両方が神様の言霊の働きです。だから中からも外からも全部から自分の中に飛び込んでくるんです。だから大きいものからも小さくなるし小さいものからも大きくなって両方があります。

 必要なだけ自然に出ている

☆受け入れる事で天命も果たせるといっても自分がこれで受け入れていることが出来ているのかよく判りません。じっとしていていいのかそれとも動き出した方がいいのかと・・?

ーありがとうございますー
必要なだけ自然に出ているんです。じっと待ってるのが必要ならそうなっているし、自然にスッと動き出していてもそれもいいんです。全て神様が見通して必要な事をズーッと与え続けてくるからそれも瞬間瞬間で変化します。今じっと待っていても次の瞬間勝手に動き出しているかもしれないです。ただありがとうございますと神様を受け入れていたらいいです。そうしたら知恵も力も何もかも全部湧き上がってくるようになるんです。外からの働きかけも全部来るんです。中から湧き上がってスーッと動く時もいいし、外から誘われてスッと動き出すのもいいし神様が全方向から助けてくるから強制する事なしに無理なく自然に動かしてきます。誰かに誘われて何か始めるのもそうで神様が自然に外からスーッと助けて来るんです。だから今を楽しんだらいいんです。何かしなければと思わなくてもじっと座っているだけでも寝てるだけでも大きい働きの時はちゃんとしています。存在するという事が大きい働きになっているし、あと必要な事は神様がスッとさせてくれます。ただ自分にとって本当の必要な役割は何かというとその時その時で全部変化します。例えば自分に子供がいて子供の教育の為にいろんな家事手伝い全部をさせなくてはいけないというときは母親が病気させられるんです。病気をして寝ている方がいいんです。そうすると子供が何もかもできるようになって親孝行になります。子供を親孝行に育てる必要な働きとして病気の姿をとるんです。そのときは何もしてない状態だけどそれが必要な大きい働きになるときもあります。それが自由自在に神様は何をするか判らないです。でも絶対マイナスはないです。プラスにプラスになっていく事に気付いていくんです。ありがとうございます唱えることによって気付かせてもらって幸せをどんどん大きくしてもらうから形に囚われないいいんです。


 中から自然に気づかせてもらっている

☆ありがとうございますや神様との出会いは育ってくる中で親から教えられたものですか?

ーありがとうございますー
親からは何も教えてもらってないです。人から教えてもらったのでなく中から自然に気づかせてもらっています。外から教えられてこうしなさいじゃなく自然に中から神様が助けてくださって自然に気付くようにしてくださったという感じです。ただ周り全部からいろんな事を気付かせてもらうことはしています。特定のところからではないです。常に神様から全体から必要なものを自然に自然に与え続けてもらっているんです。
みんなそれぞれに必要なものを与えてもらってその時その時必要な姿をとっています。人まねなど必要ないし、したらダメですし自分の生きかたは自分だけ宇宙にただ一人の生き方だから、これは神様が必要としていろんな姿をとらせるだけだからどんな姿もいいんです。他の人は絶対真似できないです。だからいい悪いも上下関係も優劣もないです。全部必要な要素なんです。自然にそのままがいいんです。ただ早くありがとうございますと気付かせてもらえたら幸せを感じるだけなんです。
人に言えるようなことは何もないですが、ただ早くありがとうございますに気付かせてもらったというだけなんです。


 アレルギーの人には神様という言葉は使わない

☆神様という言葉にアレルギーを持っているような人がいます。そういう人に対してはどんなふうにしていったら・・?

ーありがとうございますー
宗教を信じている人には神様というのがいいし宗派によっては仏様のほうがいいという人もあって誰にでも使える言葉というとありがとうございますになるんです。神様という言葉も言霊の響きでいい言葉でありがとうございますとセットになっているので使うんですけど、アレルギーの人には神様という言葉は使わないで説明します。

 受けた瞬間に表現している

☆受け取るだけでいいということですが、受けただけでそれを表現する気持は持たなくてもいいということですか?

ーありがとうございますー
受けた瞬間に表現しているんです。光を受けた途端に周りに光を放射しているから自分の中を受けたものが通り過ぎるだけなんです。受けた瞬間に通り過ぎて表現して消えていくんです。それが一瞬一瞬続くんです。だから受けるだけといえば受けるだけです。表現しようと思うと受けるのを忘れてしまうんです。一瞬だけでまた受けるほうに戻ればいいんですけどそれより受け続けて自分の中を通り過ぎて自然に表現できてる方が楽です。受ける方が大事です。受けないと何も出来ないです。

 衣食住

☆衣食住について聞かせてください。

ーありがとうございますー
これも自然に与えられたものを全部ありがとうございますと受け取ればいいです。必要なだけ受けてそれを全部生かしきれたらいいです。
ただ食べ物でもたくさん与えられても全部食べきれないです。自分に必要なものを選んで自然に食べたらいいです。もし余って他に必要な人があったらそれを全部他へ渡してしまったらいいです。循環が早くなれば皆与え合いになって必要な時に自分にまたいろんなものがいっぱい与えてもらえるようになるんです。与え合いの交流が早く大きくなる方がいいです。これも自然なのがいいです。必要なだけを受けて喜べばいいんです。何もかもそうです。何を食べてもいいんです、何を食べないとでなく何を食べてもプラスにプラスになるしどんな服装でも大丈夫だし、どんな家に住んでもいいです。星空のシャンデリアが輝く青空天井でもいいし大きい家小さい家いっぱいあっていいんです。自由自在に楽しむのがいいです。

 楽しいばっかりというのがお祈り

☆ありがとうございますの背負っているマイナスを思うとすごく悲しくなったりします。お祈りの内容はどんなだろう・・と思います。

ーありがとうございますー
お祈りは無限に無限に楽しいんです。みんな天照大御神様と、神様の全徳の無限の無限の輝きがいっぱいと受けると無限に無限に楽しいだけというのがお祈りです。宇宙の全てが喜びを表現しているだけという感じです。お祈りは本当に宇宙の全部、石ころ一個原子一個が無限の無限の輝きをもって自分の中に飛び込んでくるんです。そして自分の中から無限の無限の輝きが無限に無限に湧き出て宇宙に飛び出していきます。透明人間のように自分というものを全く無い状態に置かないといけないです。そして神様だけが無限の無限の喜びだけがいっぱいあるという状態です。ただそれを感じ取るのにマイナスの極というか無限に無限に悲しい状態から受けるのもいいかもしれないけど、そういうものは消えてしまいます。楽しいばっかりというのがお祈りです。だからお祈りで疲れる事なんか絶対ない筈で、寝てたら損です。一瞬一瞬が楽しいばっかりというのが本当のお祈りです。お祈りには全然悲しみはないです。悲しい思いがすっと浮かび出てくる時はみんな過去世のものを消してもらっているんです。溜めたものを大きく消してもらう時にふっと浮かび出るんです。

 神様の導きに失敗はない

☆神様に導いてもらっていて今までに失敗した事はないですか?

ーありがとうございますー
今迄いろんな人生相談とか相談事がたくさんあっていろんな答え方をしてきました。口が勝手に動きますから、その時になんとなく失敗したように思っても後で見たらやっぱりその方がよかったと、やっぱり神様のほうが見通しているんです。いろんなきつい言葉で 言ったこともあります。酒飲みの親が、子供がグレておかしくなって相談に来ます。その親がこの子をどうしたらよくできるかと、その時自分ではそんな悪い言葉を使う気はなかったのに 「お前が悪いんだ!」と怒鳴ったんです。普段はそんな言葉絶対使わないです。そのときはその人もすごくショックを受けたみたいでした。でもその後その人は変ったんです。ものすごく真面目にお祈りをするようになって変ってしまいました。長い目で見ていたらやっぱりそれが神様の愛の言葉だったみたいです。その後みんなよくなるんです。みんな目先だけでは判らないです。         
 ありがとうございます自身の失敗

☆今までにありがとうございます自身の失敗はありましたか? 

ーありがとうございますー 
 神様の方は完璧ですけど人のほうは必要があって使ってもらう道具みたいなものですからあるかもしれないです。優しすぎたらいけないです。厳しいほうがいいみたいです。神様が厳しくしようと思ってもちょっと優しくし過ぎる時があります。ちょっとあまいかも知れないです。そうすると進歩を遅らせます。若い頃たくさんの病気の人をお祈りで治したけどそのときは優しすぎたと思います。病気を治してあげたら幸せになるものだと思い込んでしまっていました。治してもらった人はそれで幸せにはならないんです。得したとそのときは良かったと思うかもしれないけど長い目で見ると、本当は自分の勉強材料だったら自分で治さないといけないです。勉強材料を勝手に取ったような感じです。

 親は自分の前生の姿

☆勉強材料ではあるけれど、例えばある人の病気の為にその人の子供がマイナスの影響を押し付けられるなら子供の立場としてはどうなりますか?

ーありがとうございますー
子供の立場からみると親は自分の前生の姿をあらわすんです。親の姿が全部子供の前の世の姿くらいに見たほうがいいです。今、親が子供の身代わりにいろんな大きいマイナスを消し続けてくれている、そうやって子供を助けてくれているんだというのがいいです。子供を助け続けている姿が親のマイナスなんです。親の持っているマイナス面を子供は全部心の中に過去世のものとして持っています。それで波が合って親を選んで生まれてくるんです。だから現実のマイナスの姿をとる親は子供のマイナスを身代わりに消し続ける姿と同じなんです。子供にとったらマイナスを消し続けてもらっているので子供を不幸にしているんじゃない逆なんです。その子にとってはそういう親が必要なんです。それで神様が愛の姿でそういう姿をとるんです。だから助け続けているんです。また時期が来たら必要性が変るからその時はまた別の姿をとります。常に神様が一人ひとりに合わせて必要なものを与えて助け続けて護り続けて幸せを与え続けるんです。人は何の力もないんです。
神様に力があるんです。神様がバックに働いて必要な助けを周りの全てから与えようとするんで一人ひとりにとって周りにいる人は全部いい人悪い人含めて全部神様の愛の表現として出てきた神様の愛の姿なんです。それを納得できる心は感謝する心です。感謝しているうちにそれを納得して気付いて喜ぶんです。

 過去世の重荷をもってこの世に生まれそれを清算する

☆過去世は拘らなければ無いものと思いますが子供が過去世を持つのはどうしてですか?

ーありがとうございますー
この世に生まれてくるのはみんな過去を掴んでしまっているんです。この世の人は殆どそうです。お祈りを深くして過去を離せるんですけど、この世に生まれてきてる人はまだ生まれ変わりの世界に自分をおきます。輪廻転生の世界に自分を置いているから過去世の重荷を全部背負ったままこの世に生まれてきてそれを清算しようとするんです。まだこの世の番組は低いんです。

 一瞬一瞬自由に

☆もっと軽くスッと肉体を持って生まれてするだけのことをしたらまたサッと次の世界へ行くというようなものではないのですか?

ーありがとうございますー
そういう世界もあります。それは過去を完全に離すことが出来てから一瞬一瞬自由にどの番組でも選んでその世界にいけるんです。そこまで自由になるにはお祈りの達人にならないといけないです。

 自分がどの世界を見るか

☆そういう世界に子供が生まれていると親が見たら、子供はそういう世界の番組にいることになりますか?

ーありがとうございますー
自分がどの世界を見るかなんです。自分気持が変ったら自分の世界が変るんです。自分が一瞬一瞬受け直すそういう世界だったら周りの人も全部そういうふうに見えてくるんで自分が悟ったらみんな悟っているとみるんです。だから自分の世界は自分の受けた今の世界というふうに別個に見ている時はまだダメです。例えばここにいる人みんなが別々の世界じゃなくみんな自分の世界で、でも他の人はどの世界みてるか判らないです。その人はその人の世界で一人ひとり違う番組を見てるとみたほうがいいです。

 三つ子の魂百まで

☆子供にとって三歳までの環境が大事と言われていて、たとえば笑いのない子供で親からたくさんのマイナスを押し付けられているように感じることがあります・・・。

ーありがとうございますー
人によってたくさんいろんな見方があります。周りの人全部の勉強材料かもしれないし子供にとっては子供の勉強がいっぱいあるし親にとったら親の勉強材料があるしみんな神様からの愛のプレゼントなんです。
三つ子の魂百までという諺がありますけどこれも幾通りも解釈があって三つ子の魂というのは過去世からずーッと積み重ねたその子の総決算という意味の姿が三歳くらいまでにはっきと出ているんです。もし何か天才的な芸術的な働きの姿が出てきたらその子は過去世でずっとそれを続けてその天才的なものを積み上げています。三歳くらいの時の姿にその片鱗を見るだけでそれは必ずこの一生にずーっと花咲いて出てくるんです。だから生まれて三歳くらいまでに与えられたものではなくて過去世のものがそのまま現れているのが見えるというそれがこの一生にずっとと花咲くように出てくるという意味なんです。これもひとつの解釈ですけど大体正しいと思います。三歳までに与えられた親からのひどい仕打ちも過去世のものが出て来てそういう姿をとっている運命をとっているとみたほうがいいです。そして小さい時に消してもらう方が軽く済むんです。小さい時いろんな悪戯なんかしますけどそれも大人になってからするより小さい時にしておく方がいいです。小さい時消してもらう方が軽く済みますから悪戯っぽい子ほど大人になったら真人間に戻るというか悪いことをしなくなるという場合が多いです。小さい時に消してもらうほうがいいです。だから三歳まででも親からひどい仕打ちを受けたら過去世の大きいマイナスを軽く消してもらったから、後は運命的にどんどん明るく開けるんです。それもひとつの見方です。常に神様の愛が大きく働いています。マイナスがあったら軽く消そうとしています。


 全部が神様の現れという本当の意味

☆全てが神様の現れとして例えば人と接していると、相手がだんだんしんどくなっているようなズレを感じますが・・・?

ーありがとうございますー
全部が神様の現れという本当の意味はこの世を見ることじゃないんです。一番奥の無限の無限のチャンネルの一番上でしっかり受けることです。そこからしっかり光をスッと心に通してもらうとこの世の姿もこの世なりのいい姿をとってくるわけです。みんな神様の現れと受けるのとこの世でいい姿を浮けるのはもともと大分ギャップがあるので自分がみんな神様の現れと祈っている時は相当高い次元のことです。心の奥では本当の姿が判る筈ですから、これではまだまだダメだと現実を見てしまうのは無理ないんです。どれだけ完璧に現れてもこの世の現実は大したことないんです。だからズレがあっていいしズレがないとおかしいんです。神様の最高表現がこの程度かとなってしまいます。この世はあの世の無限のチャンネルの縮図みたいに見て、この世的な最高表現とみたほうがいいです。

 つまらない教えの方が間違っている

☆人は本来もっと自由に生きられるのではないかという思いと宗教的に指摘される様々な因縁や業という教えの間で消化しきれないところがあります。

ーありがとうございますー
どちらかが正しいかといったらつまらない教えの方が間違っています。素晴らしいというのは直感で判っている筈なんです。神様が無限の無限のチャンネルを用意して与えているというのはその中に低い番組もあるんです。何でも他人のせいにして先祖のせいにしてマイナスばかり掴んでいくという世界もあります。その番組にはまり込んだらそういう世界に住むので、それで供養だ供養だとやっても幸せになれないです。ありがとうございますは番組を変えていくんです。どんどん高い方へ心を向けて神様からのプラスのプレゼントをいっぱい受けようという生き方です。今低くてもありがとうございますを唱えることによってどんどん番組があがっていくんです。そうしたら全部自分の生き方ひとつに変ってきます。先祖のせいにはしないです。みんな悟ったご先祖様ばかりでいつも護ってくれるばかりと、だんだんと幸せばかりと受け直しができるようになってきます。供養というのも要らなくなります。神様から幸せを受けるだけ、神様が全てのご先祖様として現れて幸せをプレゼントしてくれるばかり、幸せをくれるご先祖様ばかりと受けていけます。その方が正しい生き方で幸せへの道なんです。

 気付く自分がすでに判った自分

☆お話を聞くと納得できますが、自分の内側から湧き出る思いのどれが正しくてどれがエゴなのか区別がつかなくて自信が持てなかったです。

ーありがとうございますー
納得が出来たのは既に判っている自分が出て来てそれをしっかりと気付いて掴んでいます。判らない自分ならいくら説明されても説得されても「うん」と言わないです。気付く自分がすでに判った自分です。でもその気付く自分は昔から心の中にあったんです。チラッと顔を出しては「そうだよ」と言い続けていたんです。その自分が大きく現れて今はもうそれで全てがわかります。本当の自分が大きく輝いているんです。
みんな自由だからどれがいい悪いはないんです。その時その時いろんな教えも生まれているだろうしいろんな生き方が目の前に現れては教えてくれているかもしれないです。自分にとったらそれぞれが自分を高める幸せにする勉強材料としていろんな姿を見せてくれたんです。その中からいいものをどんどん選び続けて大きい幸せを掴んでいくんです。

 新たに新たに受け直す

☆過去を繋いで、もし楽しかったら繋いでいてもいいですか?

ーありがとうございますー
ちょっとはいいです。でもそれは過去の残像になっているからその時新しいものを受け損なっています。本当の新しいものをそのときは受け損なっています。ありがとうございますを唱えて新たに新たに受け直して過去が抜けていく方がいいです。

☆今の技術よりも昔の知恵に優れたものがあってそれを置き直すのは新しいことになりますか?

ーありがとうございますー
常に今の自分に何が必要かによって必要な知恵がスッと出てくるのがいいです。過去に同じようなものがあっても構わないです。それは過去と同じじゃなしに新しい神様からの知恵というプレゼントです。同じものはないし同じことは繰り返さないです。必ずそれは全部新しいものです。

 いい夢はいっぱい持ったほうがいい

☆現実とはかけ離れている夢を持っているのは問題ないですか?

ーありがとうございますー
夢はたくさん持っているほうがいいです。神様からの本当のプレゼントで夢いっぱいがいいです。それを心に受ける意味では本当はお祈りがいいんです。お祈りは心に受けとる最高の夢です。それが必ずこの世なりに現実化してきます。無限の無限の幸せでいっぱいというのもひとつの夢です。神様のプレゼントみたいなものです。それを心にスッと夢のような姿で受け入れたら現実が幸せいっぱいになってきます。
人が考えつく思いつく空想できる全てを神様は用意しています。何でも受け取れるからいい夢はいっぱい持ったほうがいいです。


 必要なものを順番に与えてくる

☆現実化するのにかかる時間が一日だったり何十年だったりするようですが・・?

ーありがとうございますー
神様がその人に何が必要か見て必要なものを順番に与えてくるんで受け方によるんですが受け方が上手な人ほど早く現実化します。神様のほうから人に合わせてくれます。ギャップが大変ですから無理やり強制的にはしないです。順番に徐々に慣らしながらです。強い光をパッと与えたらいいかというとそうではないです。盲目になってしまいます。徐々に光に慣らしながら強い光を与えようとしてくるんです。受ける側に合わせてくれるから無理なく自然になってきます。

☆自分から枠を広げようとか光を受けていこうとか無理にする必要はないのですか?

ーありがとうございますー
真剣にそういう願いがでてきたら神様のほうもそれに合わせてそれでも無理なく自然に強い光を浴びられるように力を添えてきます。みんな人の願いにあわせて助けてくれます。

☆幸不幸と寿命の長さに因果関係はありますか?

ーありがとうございますー
全部関係はあります。ただ幸せでもこの世的な幸せは小さい浅いものです。その幸せもプラスにプラスに受けていくとどこまでも大きく深くなります。そういう意味ではこの世の時間が短くても長くてもその人の願いに応じて神様が加減するでしょうから、この世で受けるよりもあの世で受ける方がもっと素晴らしいものがいっぱい受けられるならそっちを選ぶかもしれないしこの世で充分勉強して受けたほうがいいならこの世が長くなるでしょう。マイナスを掴むのも同じです。もっともっと低い地獄まで行って受けるのがいいかこの世でマイナス掴む練習をしてまた心をプラスに向きを変えるのがいいか一人ひとりに合わせて何が必要かを神様の方が見抜いています。そのへんは神様が完璧に見抜いてその人のあわせて自由自在に的確な助けを与え続けるんです。だから一人ひとりみんな違うと思います。

 どちらも幸せへの道を歩んでいる

☆それだと不幸だと思い込んでいる人は早く神様を見つけないと大変です・・不幸だと言いながら何十年も生きているのはそれが必要だからとどこかで楽しんでいるところがあるんでしょうか?

ーありがとうございますー
大変ですけど神様からみたら一瞬だけなんです。その必要性も本当の自分は判っていて楽しんでいるところはあります。長いように思うのですけど一瞬なんです。ちょうど呼吸と同じで空気をいっぱい吸い込んであとちょっと吸えないという状態くらいのようなものです。
 マイナスに見る心、これが不幸だ不幸だと言う心はもともと幸せを知っている心です。幸せを知っていて隠していて知っている幸せと比較して不幸だ不幸だというんです。ある意味ではそういう人はもっともっと謙虚にマイナスに強くなる勉強をしているかもしれないです。謙虚になるとまた幸せが大きく感じられます。人助けをするときはマイナスの世界へ降りていかないといけないときもあります。だからそのマイナスに強くなるという勉強も必要かもしれないです。大きい意味ではみんな幸せへの道を歩み続けているんでしょう。花でも地上部がどんどん成長してつぼみが出来て花開くのも幸せと言えるんですけど根をぐんぐん張っていくのも幸せを大きくする働きです。マイナスの世界へ根をどんどん張っているというのがないと倒れるし枯れてしまいます。それを両方交互に繰り返したほうがいいでしょう。同時もいいかも知れないです。どちらも幸せへの道を歩んでいるんです。

 幸せはもう既にある

☆幸せを求めて動くというのは何だか違うような気がしてきました・・・。

ーありがとうございますー
そうです。幸せはもう既にあるんです。それに気付いていってすでに与えてもらってありがとうございますと認めていくだけで、求めなくていいし探さないでいいんです。もう既にここにありますからありがとうございますと気付いて受けていけばいいんです。

 この世で全部なんでも出来るかといったら出来ない

☆志半ばで逝ってしまったといわれることがよくありますが本当にそうですか?

ーありがとうございますー
この世は僅かな時間しかないんです。この世で全部なんでも出来るかといったら出来ないんです。出来ないところでそれを無理にできるようにしようといってもそれは無理です。根本からみたら本当の志はずっと続くでしょう。どこで実現するかです。この世の短いところで全部実現しようと思ったら無理で、でも必ず時間をかけてどこかで実現するんです。一万年かかるものを百年でというのは難しいです。この世の中ではこの世だけの働きをするし、あの世ではあの世の働きをするんです。いろんな番組を変れば変るだけその中でどんどん志を実現していってます。この世だけと見ないほうがいいでしょう。全ての場がその人の志を実現するための場で順番にどんどんいいように変化していい場へ移っていってそこで志を実現しているというほうがいいです。

 ひとつを充分楽しめたらいい

☆志を持つという正しい意味は神様と共にということで、それであればその志を今世で途中で止めるとしても本人はそれで受け入れられるということで、でも本人のエゴが出るとそれはイヤだとかいうことに・・?

ーありがとうございますー
そうです。その分だけズレているんです。朝顔の花がすっと出て来て花が咲いたらそこで志は充分果たせています。でもそれでは足りないと、これに夕顔の花も一緒に咲かせたいといってもそれはおかしいです。人の分までとったらおかしいです。人によっては他の人の分も全部自分が実現しようとするかもしれないです。ひとつを充分楽しめたらいいんです。

 マイナスの姿をとった人はみんなの大恩人

☆父が倒れて仲の悪かったはずの母が人が変ったように介護しているのを見て人は死というものと対峙したとき末期の介護をするときに命の尊厳のようなものを初めて感じるものなのかと思いました・・・。

ーありがとうございますー
順境に育っている時はあまり感謝しないんです。逆境に陥る・・悪いことがマイナスが出てくるそのときに心にためた大きいマイナスをかたちに顕して消してもらっているんです。今まで仲が悪かったというのは心にマイナスが貯まっている状態です。思いが貯まって思い通りにならないから思い通りにしたいからと反発して喧嘩したりします。ところが病気をひとつすることによって思いが大きく消されてしまうんです。病気の人の心だけがよくなるんじゃないんです。家族というのはお互いに助け合いの縁で生まれているから誰か一人が病気することによって家族全員のマイナスを代表的に心から抜き取って消してもらう、そうすると仲良くなったりします。もともと人はお互いに助け合いたいんです。困っている人をみたら本当は助けずにいられないんです。でもやっぱり身代わりに自分のマイナスを取ってくれたというのは奥で判っているんです。だから自然に愛の心で恩返ししたくなるんです。かたちのマイナスはみんな心のマイナスを大きく消す働きなんでマイナスの姿をとった人はみんなの大恩人なんです。自分のマイナスを心から抜き取ってくれているし幸せを与えてくれているとみると困っている人や苦しんでいる人を助けるのは本当は自然なんです。親不幸な子供がいるとしたら親が困った時必ず親孝行になります。親が羽振りのいい時はダメです。親が困った時にどんな子供も親孝行になってきます。困るということは大きいマイナスを消してくれている姿だから必然的に子供の心がよくなるんです。

 勉強の一種

☆消すために表現されたマイナスで周りがそのマイナスに嵌ってしまうことはないですか?

ーありがとうございますー
勉強の仕方によってそうなる時期もあります。それも何回も勉強している間に謙虚になる勉強になってマイナスをプラスに思い返すようになっていきます。最初はちょっとマイナスに思うかもしれないですがだんだんとプラスに思えるように変っていきます。それも勉強の一種です。


 無限の昔から悟っている

☆悟りをひらいたのはいつですか?

ーありがとうございますー
みんなも同じですけど無限の昔から悟っているんです。番組ごとに顔の出しかたが違うだけです。高い番組ほど大きく顔を出しています。


 言葉の縛りというのが一番恐い

☆人と人間とは言葉のもつ意味が違うと聞いたことがありますが・・・。

ーありがとうございますー
言葉はみんな定義の仕方解釈が違います。同じように定義すれば人も人間も同じ、同じものを指せばいいだけです。違うものを指せば同じものでも別個です。人という言葉をとっても霊止まる輝いたものと見る見方も出来るけれど単なる人間という意味で使って動物から進化したものなんだとしたらそういう言葉の使い方なら低くなります。何を指しているかが大事ですから、ひとつの言葉に定義も解釈もたくさんあっていいと思います。プラスにプラスに解釈していく解釈がいいです。
人の言葉を聞く場合でもいい言葉も悪い言葉もいっぱい取り揃えて聞かされます。その中から自分にとって必要ないいものだけ選べばいいんです。言葉の縛りというのが一番恐いです。人の言葉に縛られたら損です。言葉というのは自分を自由にしてくれるのがいいのでプラスの言葉が自分を自由に解放してくれますから自由に自由になっていく言葉がいいです。ありがとうございますは本当に自由を与えてくれる言葉です。全ての縛りを消してくれます。

 ありがとうございます 報告

☆報告・・・少し前に妻と19歳の息子がここに来ました。息子はずっと寝ていてお話は聞いていなかったということでしたが帰宅して一週間くらいで就職が決まりました。今までは夜型の生活で帰宅も朝3時4時でしたが今は朝7時には仕事に出かけています。人が変ったような感じで親思いの子になりました。
以前はバイクに乗って家を出たらいつ帰って来るか判らないし、警察にも裁判所にもずいぶん行きました。去年の2月頃に妻からありがとうございますを唱えるといいよと聞いて警察へ行っても裁判所へ行ってもずーっとありがとうございますを唱え続けていました。全部不起訴になりました。ちょうど現場検証をしているその時その場で死亡事故が起こり、慌てているドライバーを落ち着かせて一緒だった同僚と救急車の手配などをしました。本当は免停か罰金が来るはずだったのが一切来ませんでした。ありがとうございます



カウンター
0.1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.32.33.34.35.36.37.38.39.
40.41.42.43.44.45.46.47.48.49.50.51.52.53.54.55.56.57.58.59.60.61.62.63.64.65.66.67.68.69.70.71.72.73.74.75.76.77.78.79.
80.81.82.83.84.85.86.87.88.89.90.91.92.93.94.95.96.97.98.99.100.101.102.103.104.105.106.107.108.109.110.112.113.114.115.
116.117.118.119.110.111.112.113.114.115.116.117.118.119.120.121.122.123.124.125.126.127.128.129.130.131.132.133.134.135
.136.137.138.139.140.141142.143.144.145.146147.148.149.150.151.152.153.154.155.156.157.158.159.160.161.162.163.164.165.166.