ありがとうございます掲示板
ありがとうございます
あなたは746719人目のお客様は神さまです
名前
E-mail Webpage 削除パスワード
題名 本文
この掲示板の趣旨説明とリンク

ありがとうございますに戻る



真祈りを・・・ by 河上彰延 [Mail] [URL] 2017年04月24日(月) 13時00分
PC

 瓶損も行った、ろなるも行った、みんな集まった、明日のためにどうか真祈りを


Mozilla/5.0 (Windows NT 5.1) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/49.0.2623.112 Safari/537.36

想いとはなにか?思い煩い苦しむ元とは・・・・・ by 河上彰延 [Mail] [URL] 2017年04月24日(月) 12時38分
PC


 想いとはなにか?思い煩い苦しむ元となる想いとは何か?・・・・

 というご質問ですが、そうですね、想いとは一言で言うと神さまの完全円満完璧大調和の絶対力を信じ切れない結果であると言えます。

 本来神さまと不離一体のきっても切れない関係であるのに、自分と他人を分け隔てルことなど不可能であるのに、自分と他人を分け隔てて自分の行為や他人の行為を責め裁く行為を想いといい、思い煩い苦しむと言うのです。

 たったそれだけのことでありますが、自己保存本能がのさばり出てくると、勝った負けたの世界になり、勝負に出て争い事がつきないのです。

 それは、自分と他人を分け隔てて自分の行為を正当化しようとする無責任な(なんでも他人の所為にする心)心が基本にあるからです。

 今一度、すべては兄弟つまりすべては自分、そして、すべては神さまだけ・・・といつも心で言葉にして、思い直し、信念にまで高め上げないと安心立命の心境(不動心の心境)という、すべては、神さまの御はたらきだけと見切る心が必要なのです。

    ありがとうございます
       ありがとうございます


Mozilla/5.0 (Windows NT 5.1) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/49.0.2623.112 Safari/537.36

与え尽くす心は、文句を言わない心・・・・ by 河上彰延 [Mail] [URL] 2017年04月23日(日) 06時43分
PC

 文句を言わない心は与え尽くす心・・・・

 全知全能の神さまが一番良いようにされているに違いないと信じて確信して、一切の文句を言わ無い心とは、与え尽くす心なのです。

 なぜ、文句を言わない心が与え尽くす心なのか?申しますと、与え尽くす心の正反対の心が求める心だからです。

 少しでも求める心があると、小さい自分を掴むことになるのです。

 小さい自分とは、自分と他人を分け隔てて引き比べる心です。

 この小さい自分を掴んでしまうと、こうして欲しい、この病気を苦痛をなおしてほしい。収入をもっと増やして欲しい・・・と求める心が出てくるのです。

 神さまは、一切の文句を言わない、与えきりに与え尽くす心、いつも一番良いようにしていただいてありがとうございますと感謝する心を、自由意志で選んでくることを、心待ちに待っていてくださるのです。

 いろいろ問題は山積しておるでしょうが、どうか、全知全能の神さまが一番良いようにしていただいている。

 みんなすでに、祈っている悟っている救われている。

 すべて、神のみひかり、みちから、みいのち・・・と信じて、宇宙神ありがとうございますと祈り続けられますように!

      ありがとうございます
          ありがとうございます


Mozilla/5.0 (Windows NT 5.1) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/49.0.2623.112 Safari/537.36

自力とは、求める心・・・・ by 河上彰延 [Mail] [URL] 2017年04月21日(金) 09時09分
PC

自力の努力を放棄してこそ・・・・

 なかなか熱が下がらず、楽しい毎日毎晩をすごしております今日この頃ですが、釈尊の苦行は悟りの因にあらず・・・・のついてのご質問がございましたので、これは、自力他力絶対力という微妙なむづかしい問題ですので、少し、無理して起き上がることにしました。

 努力ということが、必要であると考える人が多いのですが、この努力と思っていることにも、いろいろあるのです。

 一番多いのが、自力の努力で、自分が自分がという小さい肉体意識でされることです。これを念力といいます。

 つまり、目標に向かって、小さい自分と他人を分け隔てた意識で目標を求める心でする行為のことです。

 このパターンが一番多いのです。
 
 次の、他力ですが、本当の他力は、絶対力になるのですが、なかなかそこのところがわからずに、無責任に、神さまに任せきっていればいいと、自分と他人を分け隔てル意識で、なにもしなくなる人が多いのですが、このパターンに入って失敗する人が大半で、極端な話、ありがとうございますと言っていれば、なにをしてもいいんやろ、みんな真(まこと)の神さまなんやろと無責任に動き回って、なおかつ、文句を言って、ありがとうございますをいっているからと言い訳して、マイナスを撒き散らすひとが多いのです。

 さて、正しい絶対力とは、なにか?と申しますと、前述の自力も他力も実は、本当には、神さまの完全円満完璧大調和の絶対力を信じていないのです。

 絶対力に入りますと、神さまは、なんでもご存じで、必要なものは、求めなくても既に与えていらっしゃる、自分が小さい求める心に成っているから気付かないだけであると、わかって、どんな状態であっても神さまが一番良い状態にしてくださっていると、わかって、ああ、ありがとうございますと無条件に喜べる心です。

 そして、その状態が、変化変滅することを知って、決して、現状をつかまずに、ありがとうございますと受け流して、新たに新たに神さまーと投げ出すことができるのです。

 そこには、一切の求める心はないし、自分と他人を分け隔てて、引き比べて、あの人は楽してるあの人は怠けている・・なんて気にならないのです。

 もっと掘り下げて申しますと、神さまどうか私の生命(いのち)神さまのお仕事に御用にお使い下さいと、大きな広い広い心の自分になって、神さまに自分のすべてをパーッと投げ出すことが出来る人のことです。

 これを絶対力ともうしますと、そこには、苦行(自力の代表)も、神さま助けて助けてと求める心(他力の代表)もなく、ただただ、無条件の幸せ、無条件の喜びに満たされるだけなのです。

    ありがとうございます
       ありがとうございます


Mozilla/5.0 (Windows NT 5.1) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/49.0.2623.112 Safari/537.36

この五月のありがとうございます護摩に参集を・・・・ by 河上彰延 [Mail] [URL] 2017年04月17日(月) 12時08分
PC

 この四月は、紀伊半島から、丹後半島までの真祈りの祈り行でありました。

 紀伊半島一周のあとは、大変な高熱で難儀しましたが、その回復のつかのまの休憩でありまして、先日、丹後半島一周を敢行してきました。

 その意義本義は、あまり表現することができませんが、鳴門海峡の大なるとの渦が発生したときは、どうか、皆さま、ひたすらなる真祈りをお願い申し上げます。

 この五月のありがとうございます護摩は、いろんな意味で、ますます大切な護摩でありますので、いろいろ、お忙しいとは存じますが、どうか時間を割り振って、ありがとうございます護摩に参加していただきますようにお願い申し上げます。


     ありがとうございます
        ありがとうございます


Mozilla/5.0 (Windows NT 5.1) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/49.0.2623.112 Safari/537.36

統一とは・・真(まこと)の神さまとの不離一体の自覚・・・ by 河上彰延 [Mail] [URL] 2017年04月17日(月) 11時42分
PC

統一とは・・・・

 統一とは・・・という白光の青年の方からのご質問ですが、五井先生の統一という世界平和の祈りは、消えて行く相象(すがた)で世界平和の祈りという、消えて逝く相象(すがた)というところが大切なポイントなのです。

 消えて行く相象(すがた)と、やわらく五井先生は表現されていますが、これは、現実というマイナスを一切見ない聞かない言葉や心で表現しない・・・ということです。

 先生風に云えば、現実無視、現実は遠い遠い過去のマイナスの言葉の結果、現実に見えるプラスもマイナスもすべて、マイナス、だから、見ない聞かない表現しない・・・ということです。

 この消えて行く相象(すがた)つまり、現実無視をどうするか?・・・と申しますと、”我”を忘れて働くということが必要なのです。

 身体の動ける人は、お仕事に、おさんどんに、おそうじに、お洗濯に”我”を忘れて動くことが、良いのです。もちろん、一呼吸ごとに、ありがとうございますを籠めて、白光の方は、世界平和の祈りを籠めてです。(笑)

 身体をあまり動かすことが出来ない方は、ひたすらに、吐く息に、ありがとうございますを五回籠めることです。もちろん、白光の方は、世界平和の祈りを籠めることです。

 これが、出来ると、真(まこと)の統一となり、真(まこと)の神さまとの不離一体を自覚できるようにだんだんと中からなるのです。

     ありがとうございます
        ありがとうございます


Mozilla/5.0 (Windows NT 5.1) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/49.0.2623.112 Safari/537.36

真祈りとはプラスの言葉を駆使する自分・・・・ by 河上彰延 [Mail] [URL] 2017年04月12日(水) 06時03分
PC

 真祈りとは?・・・・という試みのご質問ですが、

 そうですね、真祈りとはプラスの言葉を駆使する自分と言い換えることができます。

 プラスの言葉を駆使する自分とは、現実をあるとつかんで、目の前の現実を言葉にしないことです。

 言葉にしないとは、口に出して言わなくても、現実をあるとつかんで、認識するだけで、マイナスの言葉を使ったことになるのです。

 なぜなら、現実は、過去に使った言葉の結果であるからです。

 過去を言葉にすることは、マイナスを言葉にすることになるのです。

 現実を掴まないとは、死ぬときに持って行けないものは、すべて影であると知って、現実に存在すると想わないことです。

 そして、ただただ、宇宙神ありがとうございますと吐く息ごとに籠めることです。

 それをプラスの言葉を駆使する自分と言うのです。

   ありがとうございます
      ありがとうございます


Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/56.0.2924.87 Safari/537.36

神さまの御心を知る・・・・ by 河上彰延 [Mail] [URL] 2017年04月12日(水) 05時42分
PC

 神さまの御心を知るということが大切なのです。先生の御心を知るということが大切なのですと言い換えることもできます。

 ご質問は、真祈りの伝授の年、つまり、毎月のありがとうございます護摩になった年に、先生は、真祈り(まいのり)の秘奥義(ひおうぎ)を伝授する為の印可書を読みなさいとは、いわれなかったし、神棚にかざっておくくらい大切なものだから、神棚にかざるのがいいのか?と質問すれば、そうだと答えられたではないか?読みなさいとはいわれなかったではないか?・・・・ということでありますが、

 先生の御心を祈って祈って知ろうとせずに、つまり、祈ることをせずに、直接、質問することによって、肉体の先生の口から答えを得ようとするから、伝授を受け損なったのです。

 先生の御心は、各自の自由意志で、もうこれしかないと選んで、読みなさい、それでないと、意味がない、先生が読みなさいと言えば、先生の責任になって、みんなが総責任者の立場にたっていることにならないから、意味がない!・・ということであったのです。

 それでも、真祈り(まいのり)の秘奥義(ひおうぎ)を伝授する為の印可書が、特別のおまけの期間でありましたので、我を忘れて、素直に、たんたんと読み続けるだけでも、伝授が受けることができたのです。

 そのために、徹夜に近い状態で、護摩木作りを指示されたのでありまうす。

 護摩木作りに追われると、我を忘れて、作ることに没頭しますので、その間に、ありがとうございますと祈りを籠めることができれば、ありがとうございますの完全円満完璧大調和の響きによって、真祈りの伝授を受け取ることができたのであります。

 又、村人以外の方々には、直接、真祈り(まいのり)の秘奥義(ひおうぎ)を伝授する為の印可書を送付して、ああ、これは、すばらしい、これを読もうと、ご自分の自由意志で、ご自分が全責任を背負って、読まれると、真祈りの伝授ができるようにされたのです。

 しかし、今は違います。

 今までのことは、一端白紙にもどして、宇宙神ありがとうございますの秘儀をだされたのでありますから、皆さまは、もうこれしかないんだと、ご自分の自由意志で、全責任を背負って選ばれて、ひたすらに、吐く息ごとに、宇宙神ありがとうございますと籠められたらよいのです。

 どうかよろしくひたすらに、素直に、総責任者の立場に立って、唱えることに全責任を背負って、ひたすらに、吐く息ごとに、宇宙神ありがとうございますと籠められますように・・・。

  ありがとうございます
     ありがとうございます


Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/56.0.2924.87 Safari/537.36

印可書を読む資格・・・・・・ by 河上彰延 [Mail] [URL] 2017年04月11日(火) 11時20分
PC

真祈りの導師諸君に伝達・・・・・

 本日11日は、大変に重要な日です。

 たとえ、ミサイルが着弾することがあってもゆうゆうと真祈りされますように!


 お仕事におわれている方々ばかりではありますが、どうか、ひたすらに、真祈りされますように!

 いつも心の中に、真祈りの秘奥義を伝授するための印可書が響いているようにされますように!

 ご質問は、真祈りの秘奥義を伝授するための印可書を読む資格の在る者は・・・ということでありますが、これは、厳密に申しますと、宇宙神ありがとうございますサーを祈る資格の在る者は・・ということでもあります。

 お答えは、一切の報い求める心をださず、ただただ、神さまどうか私の生命(いのち)神さまのお仕事におつかいください・・と神さまに自分の願いは一切横に置いておいて、投げ出すことができるひとです。

 別の言い方をすれば、一切の文句を言わない、一切の他人を責め裁かない人のことです。

 ただ、宇宙神ありがとうございますは特別期間ですので、ただただ、ひたすらに唱えるだけで、文句を言わない、与えきりに真祈りを神さまを与え尽くすことができる自分にしてもらえますので、ひたすらに唱えるだけで、大丈夫です。


    ありがとうございます
      ありがとうございます


Mozilla/5.0 (Windows NT 5.1) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/49.0.2623.112 Safari/537.36

サーとは??・・・・・ by 河上彰延 [Mail] [URL] 2017年04月11日(火) 09時11分
PC

サーとは?・・・・

 サーとはどういうことなのかよくわからん???・・と言うご質問ですが、

 サーとは、一瞬一瞬新たに新たに受け直すという真祈りのことです。

 一瞬一瞬新たに新たに受け直すとは、一切の求める心を出さないということです。

 一切の報い求める心を出さないとは、もちろん虚栄心をださないということです。

 虚栄心がどこから來か?と申しますと、自分と他人を分け隔てルことから、発生するのです。

 なかなか、すべては自分、すべては神さま、すべては一つ・・と実感しにくいのです。なぜなら、目の前に他人の相象(すがた)が現実としてあるからです。

 でもね、本当はね、目の前に展開する現実の相象(すがた)は、自分の心の壁に映し出した、影なのです。
 
 だからこそ、死ぬ時に持っていけないのです。

 死ぬ時に持って行けないものはすべて影と判れば(わかれば)、すべての現象は、すべて神さまの御働きだけとなるのです。

 五井先生のお言葉を借りれば、消えて逝く相象(すがた)で、世界平和の祈り(世界平和の祈りとは、神さまの御働きだけということです。)となるのです。

 植芝先生のお言葉を借りれば、人はすべからく天の浮き橋に立たねばなりません。(天の浮き橋とは、絶対の中心という自由自在な心のこと)となるのです。

 絶対の中心(サー)が、無限大の外、遙か彼方、全方向から、すべてのすべてへ・・と実感できるまでは、(理屈でわかろうとしても、無理です。実感だけ、つまり、体得だけです)ただただ、ひたすらに、宇宙神ありがとうございますサーと祈り続けましょう。

 もちろん、印可書を読む資格のある人は、印可書を読みましょう。

      ありがとうございます
         ありがとうございます


Mozilla/5.0 (Windows NT 5.1) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/49.0.2623.112 Safari/537.36

新着順1〜10件/全3861件

    

Ir-i-BBS version 1.85b
Copyright (c) 1999 by Irao
管理人モード

ありがとうございますに戻る