ありがとうございます掲示板
ありがとうございます
あなたは748997人目のお客様は神さまです
名前
E-mail Webpage 削除パスワード
題名 本文
この掲示板の趣旨説明とリンク

ありがとうございますに戻る



 自分で出来ることは自分で・・・・ by 河上彰延 [Mail] [URL] 2018年02月19日(月) 18時20分
PC

 自分で出来ることは、自分で朝飯前にする・・・

 先生が行かれてから大事なことは、自分で出来る事は自分で朝飯前にする。

・・・・という事です。他人への依頼心・依存心が強い人は、霊的に言えば、背後に、余計な存在を憑けていくことになります。

 ”今”与えられた環境で、真(まこと)の神さまと不離一体の自分だけで、おもいっきり燃焼するように全力を尽くせば良いのです。
 
 皆さまは現代の日本で生まれ生きていることがどれほど貴重で、そして先生に巡り会ったことが、大切な経験であることかを理解しなければなりません。

 因縁因果のことを言うのはルール違反ではありますが、永い魂の旅路で、今ここに来たという事は、どれほどのおまけの結果であることを謙虚に知ることが必要です。

 皆さまはこの現世(うつしよ)に生まれる時、真(まこと)の神さまの前で、どうかこの生命(いのち)神さまのお仕事にお使いください・・・と自分自身の自由意志で決めて、生まれて来たのです。

 もし、現実をつかんでしまって、現状が苦しくて不満があるのならば、あれこれ悩んであがき回る代わりに、つかんだ現実を無視して、いつもいつも神さまは一番良いようにされている!と、ゆうゆうと現実無視して、そして、現実無視の鍵を用いて、苦しいことに立ち向かえば良いのです。

 でもね、自分は肉体であると思い込んでいる人間は弱いものです。

 だから、真(まこと)の神さまは、皆さまの肉体を通じて、皆さまの背後の困る諸霊を助け救い取るという、天の岩戸開きの神聖行事を始められたのです。

 御仏の 四弘誓願.の誓いが有る人達には、現実界において、いろんな背後の干渉を受け、どんなに自分が苦しい環境におかれようとも、すべて救い取らんと、運命の苦しみにたえていくという、マイナスの干渉を許しています。

 そして、背後の苦しみ悩みのたうち回る弱い存在という目に見えない存在に、一切の報い求めずに与えきりに与え尽くす覚悟で、真祈りを与え続けるのです。

 真祈りを与えるというのは、強い者勝ち(我良し)の心の人間には、理解出来ない事です。

 強い者勝ち(我良し→自分さえ良ければ)の人は、自分の外の神ばかり拝みたがります。

 或(あるい)は、自分の外の人にたよろうとばかりします。

 真(まこと)の神さまは、先生は、それを観ています。

”宇宙神ありがとうございます、ありがとうございます”の真祈りと真祈りの秘奥義を伝授するための印可書の奉読は、各人が自分自身の自由意志で気に入れば、すれば良いだけのことです。 

 そこにはなんの縛りも、強制もありません。

 もし、皆さまは、御自分の願いは横に置いておいて、ひたすらに素直に真祈りを実践されれば、自分自身と真(まこと)の神さまが不離一体となって一歩一歩、階段を上るように、各々方の感覚による新しい気付きが有るでしょう。 

 筆者も、この真祈りという言霊を奉読するという実践をする、ただの一介の同行の一人にすぎません。

 真祈りの秘奥義を伝授する印可書を気に入るか気に入らないかは、これは、自分に合うか合わ無いかは、その人の霊性の段階が大きく作用します。 霊性が未発達で未熟な段階の魂には、難解な言霊の連呼としか受け取れないようです。

 真祈りの秘奥義を伝授するための印可書は、説明・説得して理解されるものでは、ないのです。

 御仏の 四弘誓願.という願いを立てることができるという魂の永い蓄積経験が、理解には必要だからです。

 どんなときでも、何が正しいかは、各人の自由意志でこれだ!と思うことを実践すれば良いだけなのです。

  今、この時期には、黙って実践・実行あるのみです。

 本当のことを言うと、先生の大祓が、発動しています。

 現実をあるとつかみ、自分を肉体だと思ってその生活の安泰を願い、子孫繁栄という”虚”の栄え→虚栄心をいつまでも掴んでいるものは、あっという間に、草薙の剣が振り下ろされて、”虚”の生活を終えることになるのです。

      ありがとうございます
         ありがとうございます


Mozilla/5.0 (Windows NT 5.1) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/49.0.2623.112 Safari/537.36

真祈りの絶対条件・・・・ by 河上彰延 [Mail] [URL] 2018年02月19日(月) 08時27分
PC

真祈りとは・・・・

 真祈りの注意事項と真祈りの条件とは・・・という趣旨のご質問ですが・・・

 真祈りであることの絶対条件は、現実無視ということです。

 これが出来ずに現実をつかんでいると、いくら祈っても真祈りにはなりません。

 現実無視ができないと、絶対奉仕にならないのです。いくら、どうかこの生命(いのち)神さまのお仕事にお使い下さい・・と願っても、神さまに投げ出したことにならないのです。

 現実をつかんでいる限り、どんなに祈っても、机上の瞑想となって、迷走するだけです。

 現実をつかむとは、現実をあると思って、試行錯誤することです。

 本当は、現実を遠い遠い過去の想いの集積にすぎないのです。

 現実をつかむことの代表は、他人の責任にすること、そして、他人に頼ることです。

 これまでの宗教は、教祖にたより、他人にたより、自分の外に神さまがあると思って、自分の思いで作った神さまに頼り・・となって、真(まこと)の神さまというすべてのすべてに存在する生命原理が理解出来ないのです。

 真祈りとは、教祖や、人や、ものに頼るのではなく、御自分の本来の生命(いのち)である、真(まこと)の神さまそのものを認識することです。

 すべてのすべてに存在する生命原理として、存在する、御自分の本心を自覚することです。

 この御自分の本心を自覚するために、宇宙神ありがとうございますの言霊があり、ありがとうございますの言霊があり、そして宇宙神ありがとうございますの内実をしっかりと受け止める為に、真祈りの秘奥義を伝授するための印可書があるのです。

   ありがとうございます
      ありがとうございます


Mozilla/5.0 (Windows NT 5.1) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/49.0.2623.112 Safari/537.36

感謝とは・・・・・ by 河上彰延 [Mail] [URL] 2018年02月16日(金) 14時15分
PC

 感謝とはなにか?

 感謝とはなにか?・・・という試みのご質問ですが(笑)

 感謝という漢字にすると、わからなくなるのです。

 ありがとうございますという言霊にすると、わかるのです。

 ありがとう・・で展開し、ございます・・で、絶対の中心へ戻って行くのです。

 ます。・・とは、まったき(完璧な)す(絶対の中心)という意味で、ありがとうございますで、一大循環の相象(すがた)をしめしているのです。

 単なる感謝では、なかったのです。

 宇宙神ありがとうございますとなると、もっと深くて、宇宙神(完璧なる絶対の中心)の一大循環の相象(すがた)となるのです。

  ありがとうございますとは、単なる感謝ではなく、生命の根源という、すべてのすべてに存在する生命原理なのです。それを、絶対の中心といい、一大循環の相象(すがた)といい、名前のつけようがない根源の神さまというのです。老子のいう帝の先に似たり・・なのです。
 
 それを無色透明の輝きで一杯!というのです。

 この言霊を唱える時、私達の本来の相象(すがた)である、真(まこと)の本心という、真(まこと)の神さまと不離一体の、真(まこと)の神さまである御自分を自覚できるのです。

     ありがとうございます
        ありがとうございます


Mozilla/5.0 (Windows NT 5.1) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/49.0.2623.112 Safari/537.36

悟りへの近道・・・・ by 河上彰延 [Mail] [URL] 2018年02月15日(木) 08時29分
PC

悟りへの道

 悟りへの道があれば、教えてほしい・・・とのご質問ですが、

 まず、神さまは完全円満完璧大調和であるから、なにがあっても一番良い状態であると、ありがとうございます、宇宙神ありがとうございますと感謝できること。

 次に、ギブアンドテイクの心(報い求める心)を捨て、新たなる下座に立って、すべてを支える側にまわること。

 そして、実社会においては、低賃金で重労働で、人の二倍も三倍も働くこと、
     嫌な職場で、上司や同僚からの嫌みやいじめを受け、世間的には、ものすごいストレスの多い職場で働くこと、

     公務員のように、生活が保障されておらず、いつ、頓首(くび)になるかわからないような、不安定な条件で働くこと、

     家庭の主婦で、姑舅からいじめられ、家族の生活の為に掃除洗濯おさんどんに働き続けて誰よりも早く起き、誰よりも遅く寝る・・というような、下座につく主婦

 ・・・・以上なような条件を、ありがとうございます宇宙神ありがとうございますと喜び勇んで働くと、あっと言う間に悟ることができます。

    ありがとうございます
      ありがとうございます


Mozilla/5.0 (Windows NT 5.1) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/49.0.2623.112 Safari/537.36

絶対の自由を大切にされた・・・・ by 河上彰延 [Mail] [URL] 2018年02月08日(木) 17時05分
PC

 神さまのお姿は先ず与えきりに与え尽くすです。

 先生からいただいた完璧なる悟りを自覚するためには、まず、第一に大事なことは何でしょうか?(原文は気をつける大事なポイントは?・・です)・・・・・

 という趣旨のご質問ですが、まず、先生との不離一体感を得るためには、与えきりに与え尽くすという絶対奉仕が大事なのです。

 絶対奉仕とは、具体的には、御自分の願い欲望を横に置いておいて、どうか神さまこの生命(いのち)神さまのお仕事にお使い下さい!と神さまに御自分のすべてを投げ出すことです。

 具体的には、生命(いのち)とは、御自分の時間のことですから、御自分の時間を一瞬一瞬、宇宙神ありがとうございますと一呼吸ごとに籠めることです。

 先生は、真(まこと)の神さまと不離一体でありましたので、真(まこと)の神さまの本質である、絶対の自由を大切にされました。

 ですから、こうしろと縛って来たり、統制したり、する人は、偽物です。

 本物は、相手の自由意志を最優先にして、一切の縛り、統制はないのです。ただただ、祈るだけなのです。

 もちろん、先生の残された、ありがとうございますボランテアグループにおいては、一切の縛りも統制も強制もないのです。ただただ、深い深い真祈りだけがあるのです。宇宙神ありがとうございますだけがあるのです。

    ありがとうございます
      ありがとうございます


Mozilla/5.0 (Windows NT 5.1) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/49.0.2623.112 Safari/537.36

先生と不離一体になるという先生の大きなプレゼントにきづいて・・・・ by 河上彰延 [Mail] [URL] 2018年02月06日(火) 10時04分
PC

 先生と不離一体になるという先生の大きなプレゼントにきづいて・・・

 既に祈っている悟っている救われている・・すべては完璧なる一つ

 既に祈っている悟っている救われている・・とは、別の言い方をすれば、すべては完璧なる一つ・・ということです。

 では、すべては完璧なる一つとは、どういうことか?と申しますと、先生の完璧なる悟りを、皆さま方お一人お一人が受け取ることができた、受け継ぐことが出来た→先生と不離一体になることができた!・・ということです。https://youtu.be/8G-ZnQsxYZk←この先生の音声を聞けば、それがよくわかります。

 皆さまの一切の過去を引き受けられて、そして、消し去られて、そして、皆さまに等しく、先生の完璧なる悟りを伝授されていかれたのです。

 いやー私、まだ、よくわからんわ・・なんて、否定的なひびきで、せっかく無色透明の真(まこと)の自分にしていただいた身体を汚してはいけません。

 素直に、ハイハイハイと受け取って、ただただ、ひたすらに素直に、宇宙神ありがとうございますと一呼吸ごとに、神さまどうかこの生命(いのち)神さまのお仕事に、先生のお仕事にお使い下さい!と籠め続けましょう。

 そうすれば、先生と不離一体となるという先生の大きなプレゼントにきづいて、無色透明の真(まこと)の無限の無限の輝きが無限に無限に一杯!の自分に気付くでしょう。

  いよいよ、真(まこと)の天の岩戸開きという先生の本当の働きが皆さま方のお体を通して、始まるのです。

 喜び勇んで、宇宙神ありがとうございますと一呼吸ごとに、真祈りを籠めて光の大進軍にともに歩もうではありませんか!


Mozilla/5.0 (Windows NT 5.1) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/49.0.2623.112 Safari/537.36

先生がすべてのすべてに立たれる・・・・ by 河上彰延 [Mail] [URL] 2018年02月05日(月) 10時38分
PC

 昨日の護摩は、大成功でした。

 しかし、すでに皆さまもご存じのように、10時50分頃、先生が肉体のほころびの修理固成をおやめになり、あの、真祈りの伝授のあとのお約束通り三年後の節分、立春の良き日に、肉体を脱いで、絶対の中心へお戻りになられました。
 絶対の中心という一大循環の相象(すがた)にお帰りになられたのです。 

 今年は大変な年の始まりでありますので、もう一年おまけがあると言われておりましたので、すこし、筆者も戸惑い気味であります。

 先生の肉体がなくなるというのは、もう、現世(うつしよ)では、お目にかかることが出来ないということでありますので、一抹の寂しさはありますが、”今”まで同様、先生の御心と不離一体となって、真祈りするときは、いつでも御心がわかると言うことは”今”まで通りでもあります。

 先生は、この三年間にわたって、皆さまに、先生の権能を分与されてきたのです。

 それは、皆さまが自覚するしないにかかわらず、行われたのです。

 権能を分与されるということは、先生のこの現世(うつしよ)での使命をそれぞれの能力に従って分与されたということです。

 これからは、皆さまお一人お一人が、先生の残された使命を遂行するのだという強い自覚と責任感をもって、真祈りに励んでいただきますようにお願い申し上げます。

 具体的には、一呼吸ごとに、宇宙神ありがとうございますと籠め続けることです。

 そうすれば、皆さまお一人お一人の身体の中を真(まこと)の神さまが通り抜けられて、すべての人の心に真(まこと)の神さまを立てることができるようになるのです。

 それが、真祈りなのです。

 なお、ありがとうございますボランテアグループの維持発展は必要でありますので、今後とも皆さまのご支援のほどお願い申し上げます。

     ありがとうございます
        ありがとうございます


Mozilla/5.0 (Windows NT 5.1) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/49.0.2623.112 Safari/537.36

なぜ、悟りを求めるのですか?・・・ by 河上彰延 [Mail] [URL] 2018年02月02日(金) 17時39分
PC

 再び悟りについて、

 なぜ?悟りを求めるのですか?

 この命題に答えを見いだしたら悟ることができるのです。

 こたえは、本来悟った自分という、新たなる下座に立つ真(まこと)の本心の自分であることを、無意識に知っているからです。

 この本来の自分という真(まこと)の本心の自分に気付いた時に悟ることができるのです。

 そして、悟った自分に気付いた時に、すべての想いが消え去るのです。すべての自分と他人を分け隔てル想いが消え去り、小さい自分という自我が消え去って、無色透明の真(まこと)の本心の自分に戻るのです。

 では、どうやって、本来の悟った自分を思い出すか?

 それは、言波で受け直すことによって、思い出すのです。

 その言波とはなにか?もちろん、”今”は、うーちゅうーしんーあーりーがーとーうーごーざーいーまーす・・なのです。

 この新しい祈り言葉には、現実無視の鍵が三つはいるようになっています。

 どうか、今度の護摩までに、気付かれますように・・・・・。

 今度の護摩は、節分という、真(まこと)の新年の護摩となります。

 いろいろ諸事情はございましょうが、なにをさておいても参加されますようにお願い申し上げます。

     ありがとうございます
        ありがとうございます


Mozilla/5.0 (Windows NT 5.1) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/49.0.2623.112 Safari/537.36

悟りとは・・・ by 河上彰延 [Mail] [URL] 2018年01月31日(水) 11時26分
PC

  悟りとは・・・

 という趣旨のご質問ですが、これはね、以外と単純明快なのです。(笑)

 一切の対立のない真(まこと)の本心の自分・・この心境が悟りの心境です。

 一切の対立がないとは、あっちが間違いこっちが正しいという心に代表される、真(まこと)の神さま以外のものを(真(まこと)の本心の自分以外のものを)認める間は、因縁因果の世界に流転するということです。(つまり、自分と他人の分け隔てとは、三途の川の河原の石積をさせられる心境です)。
 その真逆にある、一切の対立がないとは、すべては真(まこと)の神さまの御はたらきだけ!という、真(まこと)の神さま以外の一切を認めない心境です。これを、絶対の中心に立つといい、一大循環の相象(すがた)とも申します。

 別の言い方をすれば、与えきりに与えるという立場です。

 別の言い方をすれば、求める心が一切ないとう立場です。

 別の言い方をすれば、自分のものとして掴んだものがないということです。自分の手元にあるものは、神さまの預かりものとして、管理するだけで、必要とされる場所にいつでも差し出すことができる心境です。

 この心境をまとめて、宇宙神ありがとうございますというのです。

 本当は、”今”の自分の思い巡らす心もなにもかもすべて投げ出して、神さまどうかこの生命(いのち)神さまのお仕事にお使い下さい!と願って、宇宙神ありがとうございますと祈る時、真(まこと)の神さまと不離一体の心境に立っているんです。
 
 自覚するしないにかかわらず立っているんです。

 それを素直に信じることが出来る人は、一呼吸ごとに、宇宙神ありがとうございますと籠め続けることができるんです。

 祈りが途切れる人は、投げ出さずに、これが、自分として掴んでいルものが残っているんです。

     ありがとうございます
       ありがとうございます


Mozilla/5.0 (Windows NT 5.1) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/49.0.2623.112 Safari/537.36

どうしてもやる気にならないときはどうしたらよいか?・・・・ by 河上彰延 [Mail] [URL] 2018年01月29日(月) 10時57分
PC

  どうしてもやる気にならないときはどうしたらよいか?・・・・

 という早速のご質問ですが、(笑)

 あのね、まず、現実無視が大事なのです。では、どのようにして現実無視するか?と申しますと、

 ご家庭内でも、お仕事場でも、まず、宇宙神ありがとうございますと心で唱えながらお掃除すればよいです。拭き掃除でもから拭きでもいいです。

 それすら出来ない時は、宇宙神ありがとうございますと唱えながら、はいはいはいと一歩一歩歩けばよいです。

 それが現実無視となって、ゆっくりとなんでも、あなたの身体を真(まこと)の神さまが通り抜けられてすべてすべてに立たれることになります。

 それが、真(まこと)の現実無視なのです。それが出来るようになると、ゆっくりではあるがなんでも出来るようになります。

 でも、その時、決して御自分が努力してする・・と思ってはいけませんよ(笑)

 真(まこと)の神さまに、どうかこの生命(いのち)神さまのお仕事に投げ出した自分を、神さまが使ってはたらかれるから、ゆうゆうと宇宙神ありがとうございますと動ける・・・と思わなければいけませんよ。(笑)

     ありがとうございます
        ありがとうございます


Mozilla/5.0 (Windows NT 5.1) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/49.0.2623.112 Safari/537.36

新着順1〜10件/全4013件

    

Ir-i-BBS version 1.85b
Copyright (c) 1999 by Irao
管理人モード

ありがとうございますに戻る